植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

昨日の続き?

昨日も投稿の中に書いた、『この事件には裏があるに決まってる。』
私には誰が仕組んだとかそういう詳しい事はわからないけれど、
昨日も引用した言葉、
『番組で元検察の三井さんがいってたね。いまのメディアは、検察がリークし
たら裏取り(裏付け調査)せずに書き飛ばすって。検察としては自在に情報操作
ができるんですね。
 しかも、検察人事にからんで、検察は小泉政権に借りがあるそうで、もう小
泉・飯島がやり放題のようですね。
 それくらい、マスコミと小泉政権と検察(と裁判所)は一体化している。メデ
ィアは、検察の使い走りに成り下がっているというのが、番組の結論でしょう。』

上記全てが三井氏の言葉かどうかは確認していないのでわからないけれど、
元々検察の内部事情を知っていて、現在検察を相手に闘っている人がこう言っているのです。
6月3日号の『週刊金曜日』でも、少し似た内容の事に対談で触れていたかな。

正しいことを言っているにも関わらず国の運営に都合の悪い場合は微罪や冤罪で逮捕し、
全て検察の思うままに情報は流され、世間に印象づけ、裁判は進められる。
そして有罪にされ、今までの社会的地位を奪われてしまう。
植草氏の場合、その最たるものだと思う。

何度でも書くけれど、植草氏の裁判は初めからこの判決は決まっていたのだと思う。
筋書きができており、警察・検察・裁判官全て最初から話がついていたのだ。
誰が何と言おうと私はそう思う。
政治的背景があるであろうと思われるこの事件を
普通の事件の裁判と一緒にして考えていては全くだめだと思うのですね。
そして、絶対に真相究明も諦めてはいけないと思います。
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-08 03:35 | 植草一秀氏