植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

無題

ライブドアニュースさんの8回の連載のおかげで植草氏の無実の主張が
ある程度伝わり、(人口と比較すれば少ないとは思うけれど)
とても良い企画だったなと思っています。
こういうのがもっと続いて、多くの方に知ってもらえればいいのになといつも思います。

警察官がよく2名で行動するというのは、
何か事実があった、なかったの水掛け論になった際、一人の証言ではその証言が
真実かどうか確認ができないためにもう一人同行して二人の証言をつき合わせ、
二人同じ状況を証言し、矛盾がないとして証言の信憑性を高めるというか
確実にその事実があったのだと裏づけをするために2人一組で行動するのだと
思っていました。
そうでなければ、一人の証言では事実があったと認められないと裁判では判断されるのかと。

植草氏の事件では、警察官一人の証言のみが認められているのです。
(ジャパンポンチ創刊号より)
たった一人の警察官の証言しかないのに、それを正しいと認め、
有罪と判決を下すことは私は間違っていると思うのです。
そしてその警官の証言も曖昧なものだという事は傍聴していた方もラジオ
『コラムの花道』でおっしゃっていました。

これでは警察官が見たと言い張れば、迷惑防止条例を利用して
誰でもが逮捕されてしまう危険があると思うのです。
警官の証言はそれ程一般人のものより信憑性がありますか?
最近の神奈川県警の不祥事を見ていれば、むしろ逆なのだと思います。

知って頂きたいのは被害者と言われてはいますが、女性からは被害届けはないのです。
女性が訴えている事件ではないという事。これは誤解しないで欲しいなと。

でも、そういう場合でも、迷惑防止条例を使えば、警官一人の曖昧証言で有罪にされてしまう
判例が出てしまったこと。これは大問題だと思うんですよね。
[PR]
by yuutama1 | 2005-08-10 11:57 | 植草一秀氏