植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

無題

最近は、以前ほど誹謗中傷のブログがなくなってきて、良かったと思ってはいるものの
当時は本当にひどい状況でした。
それも事実でない嘘の話ばかりを無責任に書きたてているものばかり。
そういうブログでよく書かれている事で、『李下に冠を正さず』
これは植草氏の場合少し違うんじゃないかなと思う。
疑われるような行動は慎むべきという意味なんだろうけれど、
疑われるような行動などは一切していなかったわけですからね。
当てはまらない言葉なのではないかと感じます。

横浜駅から警官は尾行していたわけだけれど、横浜での行動には全て意味がある事は
充分に公判で説明されていますしね。
むしろ、警官が尾行を始めたきっかけとか、追尾中の様々な目撃証言の方に
多くの見過ごしてはいけない矛盾と問題が含まれているわけです。
志賀警官は植草氏をを疑った理由は「直感でしかない」と公判で述べて、
大熊裁判長はベテラン警官の直感とやらを無条件に重視したようですが、
最終弁論要旨要約によるとこれは犯罪捜査規範で禁止している事のようです。

※先入主にとらわれ、勘による推測のみにたよる等のことなく、基礎的捜査を徹底し、
あらゆる証拠の発見収集に努めるとともに、・・・(略)・・・
捜査を合理的に進めるようにしなければならない。   犯罪捜査規範より

色々違反していますね。
捜査に着手する(尾行を開始する)にも規範に反しているし、
逮捕すると一言も告げずに声を掛けただけが
いつの間にか逮捕したということにしてみたり。
これは神奈川県警ではありませんが、黙秘権の告知も無ければ調書の読み聞かせも無いし


この種の冤罪でよく言われる『推定無罪の原則の無視』
まさにこれが植草氏の時にも通ってしまったわけです。
推定有罪。立証責任は検察側にあるというのに、なぜこの手の事件だけ
弁護側に不可能に近い無実立証の責任を求められるのか。
※通常は、証明責任は「ある」と主張する側が負うべきとされる。したがって、
「あること」が証明されなければ、「ない」と見なされる。なぜなら、
荒唐無稽な主張に対しても、否定する側が「そうではないこと」を証明しなければならない
というのは不合理だからである。

しかしながら植草氏はそのなかった事の証明をはっきり検証実験で明示しているのだけれど・・・。耳を傾けることすらしない裁判とは一体なんのための裁判なのだろうか。
[PR]
by yuutama1 | 2005-08-15 11:29 | 植草一秀氏