植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

冤罪被害者を出さないために

痴漢冤罪というのは本当に人生を狂わせてしまうものだと思います。
何もしていないのにある日突然犯人にされてしまうのが冤罪だけれど、
女性が訴えている場合でも悪意のない勘違いという事もあるでしょう。
だからこそ慎重な審理が必要なわけですが、今の世の中では痴漢冤罪の場合
どうしても男性の話は聞き入れられない状況になってしまっています。
植草氏の場合は警官対植草氏という形になっていますが、
やはりこのような曖昧で矛盾点が多くある証言の場合、有罪判決を下すことは
あってはならないと思うのです。

早稲田大学は植草氏の解任を早い時期に決定したようですが、
初め『事実なら大変遺憾。今後の捜査当局の判断を見守りたい』と
コメントしていたと思います。
しかし、判決どころか裁判が始まる前に解任を決定しました。
これはやはり納得できない感じがします。
真実は他人にはわからないので置いといて、
判決が出てからの対応にするべきだったのではと思います。

大学でさえ、このような対応をするわけだから、
一般の会社であれば代わりなどいくらでもいるってなもので、
真実など関係なく解雇されるでしょう。
そこがしてもいない罪を認めてしまう大きな問題の答えの一つでしょう。

無実であるにもかかわらず罰金を支払ったという人は多いと思います。
間違っているという事はみんな充分承知の上でそれを選んでいると思うのです。
一家の大黒柱が真実を訴えることで家族全員が路頭に迷い
親や親戚までもが世間から真実に関係なく押されてしまう烙印のために苦しむ事。
これを天秤に掛けたら選ばざるを得ない選択肢なのだと考えます。
自分のために周り全てを犠牲にすることを考えれば考えるほど選んでしまうと思われます。
だからやっていない罪を認めるのが正しいのだとは言いません。
そういう選択をさせないための社会のシステムが必要だと思うんです。

罪を犯した人は裁けばいい。でも冤罪で裁かれることは絶対に許されない。

大学には大学の事情もあったかとは思うので責めているわけではないのですが、
あの対応は早すぎたと思います。
学生さんの中に問題だとして抗議する人は居たのか居なかったのかわからないけど残念です
[PR]
by yuutama1 | 2005-08-19 11:58 | 植草一秀氏