植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

訂正させていただきます。2004年の示談といわれるものの内容

一秀くんの同級生のブログで10月26日、
underdog_undeadさんが、
でも、東京都迷惑防止条例は、親告罪ではないので、起訴されて、示談をしてことが、証拠にもなってしまうのでしょう。

という書き込みをコメント欄になさいました。

私はそこにコメントしたのですが、
少し訂正させていただきます。
今、 underdog_undeadさんが読んでくださるとよいのですが。

この示談の件に関してご存じない方もいらっしゃると思いますので、是非、
一度お読みいただいて、前回の示談といわれるものの内容を知っていただけたらと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
植草氏は、2004年の事件の際、被害者と言われる女性と示談が成立していますが、
それはその女性に、

『植草氏は完全に容疑を否認しているという事を伝えた上での示談成立』です。

そして、その女性の方から『裁判にしないで欲しい』という希望が検察に出されたとの事。

私はhirarinさんのブログに書き込んだとき、
女性に迷惑をかけたことの迷惑料として・・という風に書いたのですが、
これは間違いではないにしても、完全に言葉が足りなかったと思いますので訂正いたします。

1.植草氏は容疑を完全否認していることは女性側にはっきりと伝えており、
  その上で成立したものであるということ。

2.そしてその了解後『裁判にしないで欲しい』という言葉も女性側から
  出されたものであるという事。

その点が全く抜けていました。

ですから、最初にある、『示談をしていることが、証拠にもなってしまうのでしょう。』
というのは完全に当てはまらないわけです。
この経緯をご存知かどうかで、随分誤解されている方も多いと思います。
私も全く言葉が足りなかったのですが、折角知っていただける機会なので、
コメント欄ではなく、ここのエントリーで訂正させていただきます。
[PR]
by yuutama1 | 2006-11-02 19:09 | 植草一秀氏