植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

初公判

本日、午前10時から植草一秀氏の事件の初公判がありました。

検察側の冒頭陳述と、植草氏側の意見陳述が行われたようです。


植草氏は、痴漢はしていないという事と、
人間の尊厳に鑑みてやってない罪を認めることは出来ないとおっしゃっていると
伝わってきています。
植草氏が今回の事件に巻き込まれ、自殺を計ったという事も。
すさまじいバッシング報道はすぐに予想できます。
普段からとてもお子さんを大切にしている優しいお父さんで、
お子さんを守りたかったのだと思いますが、誰かが止めてくれ本当にてよかったと思う。


それと、報道を見た方に。
一度 こちら も読んでみて下さい。
(こちらは私が見聞きしたものではないので未確認であることをはっきりとお断りしておきますが、報道が違うとおっしゃっているようです。参考までに。)


まず検察側の冒頭陳述で私が疑問に思う点を挙げておこうと思います。
1.植草氏が逮捕直後警官の事情聴取で認めていたという事
2.目撃者がいるそうですが目撃者が送っているというメールの内容が重要

1は昨日も出ていた高校生の問題と同じ、作文である可能性が高いと思う。
普通に考えて植草氏が認めることはありえないのだ。

前回の事件の際、やってもいない罪を一旦認めてしまったこと。
一種の脅迫的な取引を提示されての事だったが、あの判断は間違っていたと植草氏は言っていた。
植草氏は無実なら絶対に認めて後に否認する事はないだろう。

大変失礼な例えだけれど、
万が一植草氏が実際犯罪を犯し、しかし否認しているという場合でも
一旦認め今またそれを覆し無実を主張するという事は考え難いのだ。
しらばっくれるつもりなら一旦認めるはずが無い。
万が一といいながらも失礼な書き方をしてしまったが、
どちらの可能性を考えても、認めておいてそれを覆し無実を主張するという事は考えられない。
いずれにせよ、裁判での弁護側の反論を待つしかないでしょう。

2はいつ名乗り出た目撃者かも重要だと思う。
逮捕の際の報道はかなり詳細に報道されていたので、目撃者の名乗り出た時期も
重要だと思います。
注意できなかった自分がなさけないなどとそのメールに書いてあると
伝えているところもありますが、検察はそんなものを証拠としているんでしょうか。
その内容が事実でも見た証拠にはならないのだ。
他に証拠がないのでしょうか。


とりあえず、いったんここまでで、また書きます。
[PR]
by yuutama1 | 2006-12-06 13:29 | 植草一秀氏