植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

嘘の作文を元にした冒頭陳述(植草氏は一旦認めたりなどしていません。一貫して否認し続けています)

検察側の冒頭陳述で、植草一秀氏が一旦事件を認めていたと主張していましたよね。
あれは嘘です。
植草氏はそんな発言はしていません。
一旦認めたなど、全くの嘘です。

冒頭陳述のこの部分は『嘘の作文』です。
『検察の作文』というより、その時の書類を作成した『警官の作文』です。
植草氏は一切そういう発言はしていない。

植草氏の署名も指印も必要ないような書類で警官は嘘を書いている。
それを元に、検察の冒頭陳述が出来上がっているのだ。

この間不処分の判決が出た高校生の時と全く同じやり方ではないだろうか。

この高校生の裁判を担当した裁判官は
「調書は事実を記載したものではなく、捜査側が考案した内容である可能性が払拭(ふっしょく)できず、信用できない」と指摘したそうです。

まったくこれと同じ手が使われているのだと改めて卑劣さを感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の事件の報道で中日新聞が
植草被告は2004年4月、JR品川駅エスカレーターで女子高生のスカート下に手鏡を差し出して現行犯逮捕された。無罪を主張したが、昨年3月に罰金50万円と手鏡没収の判決を受け、控訴せずに確定した。

と書いている。
これは明らかな間違いだ。
この『現行犯逮捕』は捏造されたものをマスコミが伝えているのである。
警察で事情を説明するために向かった任意の同行だったのです。

警官の作成した『現行犯逮捕手続書』が偽造されているのです。
公判で警官がそれを認めています。

本人の署名捺印が要らない書類で虚偽の事を書くことは絶対に許されることではない。
この点について裁判所はきっちりと違法だという判断を下していただきたいと思います。
前回の事件の時と同じやり方なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆目撃者を探しています◆
同じ電車に乗って騒ぎを目撃していた子供連れの方になんとか名乗り出ていただきたいと心から願います。
もしこのブログを偶然にでもご覧になる事があったら、どうか連絡を下さい。
お願いします。
[PR]
by yuutama1 | 2006-12-10 20:00 | 植草一秀氏