植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

速記録1:上から順番に1~6までお読みください。

日時・平成18年12月20日(水)
於・東京地方裁判所第425号法廷

〔開廷後、検察官による主尋問〕
○神坂裁判長 それでは、反対尋問、どうぞ。
○弁護人 弁護人からお聞きします。
 まず、あなたは9月13日の午後10時8分発の電車に乗り込んだということですが、あなたが通った京急の改札口は、JRと京急の乗りかえ口だったということでよろしいですか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 スイカとパスネットの両方を通すところですね。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 あなたが京急の改札を通ったときには、既にその10時8分発の電車はホームにとまっていたんですか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 あなたが当日その電車に乗り込んだときには、何両目かはっきり覚えていなかったんですね。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 後ほど警察や検察官から確認されて、3両目というのがわかったということですか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 あなたがその車両に乗り込んだ際、既に電車のとびらは開いていたんですか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 改札を通ったときには開いていましたか。
○証人 それはよく覚えていません。
○弁護人 あなたがその3両目の車両にたどり着いたときに、他の乗客は乗車を始めていましたか。
○証人 はい、始めていました。
○弁護人 あなたが電車に乗り込む際、あなたは他の乗客が乗り込むのを待って、続いて乗車したのか、それとも全く待たずに、たどり着いてそのまま乗り込んだのか、どちらでしょうか。
○証人 並んでいた乗客の後ろに続く形です。
○弁護人 あなたの前に並んでいた乗客は何人ぐらいいましたか。
○証人 もう乗り込んでいる方もいたので、詳しく覚えていませんが、10人ぐらいはいたと思います。
○弁護人 10人ぐらいあなたの前に並んでいたのですか。
○証人 はい。
○弁護人 何列で待っていましたか。
○証人 乗り込んでいる途中だったので、列もばらけていましたが、3列ぐらいだったと思います。
○弁護人 あなたが乗り込み、そのあなたの直前の人、これはどんな人でしたか。
○証人 直前の人はちょっと覚えていません。
○弁護人 男性か女性かも覚えていませんか。
○証人 はい。
○弁護人 あなたが乗り込んだ後、電車が発車するまでに何人が乗り込んできましたか。
○証人 後ろから2~3人だと思います。
○弁護人 2人か3人かははっきりしませんか。
○証人 ちょっと覚えていません。
○弁護人 その乗ってきた人の性別とか身長とか、そういうものは覚えていますか。
○証人 1人は女性であることを覚えています。
○弁護人 ほかの人については余り覚えてないですか。
○証人 はい。
○弁護人 その女性については、身長はどのぐらいでしたか。
○証人 ちょっと思い出せません。
○弁護人 髪型についてはどうですか。
○証人 長くはなかったと思います。
○弁護人 服装について思い出せますか。
○証人 それも余り詳しくは思い出せません。
○弁護人 あなたは初めに警察でお話をしたときに、他の乗客に並んで、続いて乗ったというふうにいったか、そのまま駆け足で乗り込んだか、何というふうにいったか覚えていますか。
○証人 ちょっと正確には覚えてないです。
○弁護人 人が並んでいないところに駆け足で乗り込んだ。
○小出検察官 異議です。そういうふうに書いてないと思いますけれども、もう一度ごらんになってください。
○弁護人 そのとおり書いてあると思います。もう一度質問します。
○小出検察官 改札口から余り人が並んでいないというふうに書いてあると思うのですが、違いますか。
○弁護人 じゃ、そのとおり聞き直します。あなたは警察でお話をしたときに、改札口から余り人が並んでいない、改札から左方向の車両に駆け足で乗り込んだ、こういうふうにお話ししたというふうに記憶していますか。
○証人 はい、記憶しています。
○弁護人 今、並んで乗り込んだというふうにおっしゃいましたけれども、どちらが正しいんですか。
○小出検察官 異議です。どちらが正しいのか別に矛盾してないと思うのです。そごしてないと思うのですけれども。
○弁護人 いや、並んで乗り込んだということと、そのまま駆け足で乗り込んだというのは違うと思います。
○上山検察官 そのままとは書いてない。
○神坂裁判長 先ほどの尋問で、あなたより前に10人くらい人が並んでいたというふうに証言されましたね。
○証人 はい。
○神坂裁判長 警察での取り調べでは、余り人が並んでいないドアに行き、そのドアに回って乗ったというふうに供述調書には記載されているのですね。
○証人 はい。
○神坂裁判長 あなたの感覚では、10人ぐらい並んでいたということは、余り人が並んでいないドアというふうに思えたんですか、その当時。
○証人 改札を通って正面のところには、人はもっと並んでいるように見えました。
○神坂裁判長 人が並んでいる幾つかのドアの中では、人が並んでいないドアというふうに当時思ったということですか。
○証人 はい、そうです。
○神坂裁判長 証言の趣旨はそういうことですけれども、さらに尋問されますか。
○弁護人 今のところで1点だけ。乗り込んだ、今思い出してみてということで結構ですけれども、今思い出してみて、あなたが乗り込んだドアには、10人ぐらい人が並んでいたということは間違いないですね。
○証人 そうだと思います。
○弁護人 あなたが乗車して立っていた位置というのは、先ほど紙に書き込んだ位置ということで間違いないですね。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 あなたは乗車してから、乗ってきたドアと反対のドアの方を向いていたということも間違いないですね。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 あなたはずっとその方向を向いていたのですか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 あなたは電車に乗ってから中づりの広告を見ていたということですね。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 どんな広告を見ていたか覚えていますか。
○証人 覚えていません。
○弁護人 あなたは中づりの広告を見るほかは何をしていたのですか。
○証人 特に何をしていたというわけではないと思います。
○弁護人 あなたは品川から金沢文庫まで乗っていたということになりますか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 ほぼ毎日同じ経路で帰っているということでしょうか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 品川から金沢文庫までは何分ぐらいかかるんですか。
○証人 40分ぐらいだと思います。
○弁護人 あなたは毎日電車の中で、その40分というのはどのようにして過ごすのですか。
○証人 特に何をして過ごしているというわけでもないと思います。
○弁護人 メールをして過ごすということはよくあるのですか。
○証人 何か用件があればそういうこともあると思います。
○弁護人 音楽を聞いて電車の中で過ごすということはあるのですか。
○証人 ありません。
○弁護人 本や雑誌を読んでいるということはないんですか。
○証人 たまにあります。
○弁護人 当日はなかったですか。
○証人 はい、ありませんでした。
○弁護人 かわります。
[PR]
by yuutama1 | 2006-12-31 00:00 | 植草一秀氏