「ほっ」と。キャンペーン

植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

公判日程って・・・

9月13日 事件が起こる

12月 6日 第一回公判

12月20日 第二回公判(検察側証人の証言)

(1月22日 保釈)

 1月25日 第三回公判(警察官の証言、科捜研職員の証言)

 2月 9日 第四回公判・・・弁護団刷新を発表 (当初は被告人質問の予定)

 2月28日 第五回公判 新弁護団立証方針の説明

旧弁護団の時、この2月9日まで裁判の日程を見てもほぼ2週間に1回公判が入っていました。
2004年に起きた事件の時はほぼ1ヶ月に1回で、初公判から約10ヶ月で結審だったので
一ヶ月に一回くらいが普通だと思っていました。

被告人質問というのは、熊八さんが教えてくださったようにやはり
双方証拠が全て出し終えて、最後の最後で行うのが通常らしい。
そうすると、旧弁護団はもう裁判を終わらせるつもりだったのだろうか?
との疑念が湧いてくる。

毎回傍聴している方から話を伺っても、
植草氏側の反論というか証拠提出というのは今までの公判でまだ何も行われていません。
ずっとこのブログを見てくださっている方はご存知だと思います。

検察側が証人とか言う人を連れてきて話すだけ話させて、
じゃぁ被告人質問してーー終了ーーではおかしいんじゃないかなと思った。

植草氏の感じていた溝というのがどのようなものかはわかりませんし、
もっと複雑に絡み合ったものだろうとは思いますが、
私は個人的にまず一つこういう感想を持った。(あくまで私の感想です)


とりあえず、今は弁護団がそっくり交代したとの事。
やはり準備期間は20日足らずではとても大変だろうと思います。
最初からやるわけですから。

すでに被告人質問も3月に決定していると言われていますよね。
弁護団を一新していて全ての準備が追いつかないであろう段階で被告人質問の日付が決まっているというのは・・・。
だって立証方針の説明自体、これからなわけでしょう?
新弁護団がどんな証人を申請するのかどんな証拠をだすのかまだわかっていない(決まっていない)はずなのに最終段階の被告人質問までの日程が決められているっていう事は、どこに弁護側の証拠申請などの日程を組み入れるのだろうと不思議に思います。
[PR]
by yuutama1 | 2007-02-13 11:20 | 植草一秀氏