植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

鹿児島での無罪判決

鹿児島県議会の公職選挙法違反の罪に問われていた12名。
捜査段階で自白を強要される取調べがあったとして、
自白は信用できず、12名全員が無罪という判決が出た。

この裁判官はとても勇気がある裁判官だと思った。
しかし色々この事件の報道を見ていたら、

判決で裁判長が、
『買収会合の回数、金額を巡り、複数の被告の供述が同じように変遷していることを挙げ・・・云々』

という記事があった。
これが12人でなく、1人だけがかけられた容疑だったら同じ無実でも果たして無罪判決が出ただろうかと思った。
不自然な自白が何人もの被告で重なったから無罪判決を出す確信が持てたのではないだろうか。
これが被告はたった一人。警察も違法な取調べなど一切していないと検察が主張していたら同じように無罪判決は出ただろうか。

・警察はでたらめな情報に基づき、見込み捜査で事件を作った。
 検察のチェック機能にも問題があった。

・捜査当局は本当の正義を実践してほしい

と無罪判決を受けた12名が声明を出したらしい。

検察のチェック機能どころか、植草氏の場合、「否認を続ければ、裁判で私生活を攻撃して家族を徹底的に苦しめてやる」と検察官が発言する始末。
植草氏は一切認める発言などしていないのに、警官は認めていたのを聞いたんだと嘘の証言をする。
2004年の事件で一度は落胆しましたが、裁判を受けなければならない以上、その裁判に公正な判断を期待するしかないのだと思う。
裁判所は冤罪で裁くことなど本当にないように、防波堤になってくれると信じたい。
[PR]
by yuutama1 | 2007-02-25 03:23 | 植草一秀氏