植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

勇気のある方だと思います。

植草氏の記者会見を見ました。
私はかねてから、植草氏には記者会見をしてもらい、自分の口から
冤罪であること、警察の誤認逮捕であることを話して頂きたいと思っていましたが、
今回、係争中である第4回公判の後、植草氏の記者会見が開かれました。
記者会見では、逮捕の事だけでなくその他の事にも質問が及ぶ事は
避けて通れないとは思っていましたが、実際植草氏がそのような私的な質問にまで
真正面から立ち向かい、回答しているのを見ると辛くなってきました。
本来ならば全く他人に話す内容ではないにもかかわらず・・・。
勇気のある方だと思いました。
植草氏も会見でおっしゃっていたと思いますが、事実でなくても認めて罰金を払ったほうが早く解決していたのかも知れません。
しかし、たとえ辛い未来が来るのがはっきりわかっていても、
やっていないものはやっていない。そういう険しい道をあえて選んだ植草氏は立派だと
私は思います。
これからの仕事やその他いろいろのことを考えたら同じような冤罪で逮捕されてしまった人も罰金を支払い穏便に済ませた方も多いでしょう。
それも間違っているとは言いません。生きていくうえでそれも一つの選択肢なのでしょう。
しかし植草氏は顔が知れているにもかかわらず、自分に正直に戦っているのです。

世間一般では何故か植草氏が有罪であるかのような印象があるのは事実だと思います。
ネット上でも騒ぎ立てています。
しかし、司法関係者にはもちろん押収物等は事件の証拠とはなり得ないということが
きちんと理解されているものと思います。
今後何年か後陪審員制度が予定されていると聞きますが、どのような事件にせよ
陪審員制度というのにはものすごく不安を覚えます。
まぁ陪審員はワイドショーやゴシップ記事などとは隔離された状態で判断するのでしょうが、それでも何だか不安です・・・。
[PR]
by yuutama1 | 2004-08-31 10:30 | 植草一秀氏