植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー

2006年 12月 06日 ( 4 )

本日初公判での植草一秀氏の意見陳述書(プレス用)を公開します。
このエントリーのみ転載可とさせていただきます。


意見陳述書            
平成18年12月6日

東京地方裁判所刑事第2部 御中

被 告 人  植  草  一  秀

 私は、平成18年9月13日夜、ある宴席に出席し、その場での特別な事情もあり、
お酒を大量に飲みました。
その結果、しばらくして強烈な睡魔に襲われる酒酔いの状況に陥り、
このことが私が今回の事件に巻き込まれる一因になりました。
その結果として、これまで私を支援してきて下さった多くの皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまうことになり、この点については大変申し訳なく思っておりますと同時に、
お酒を飲み過ぎたことを深く反省しております。

 強い睡魔に襲われる酒酔い状態にあったために、
私が本来帰宅する方向とは逆方向に向かう電車に乗ってしまいました。電車に乗り込む際には、逆方向に向かう電車であることに気付いたのですが、反対ホームに行くのは面倒だと思い、そのまま電車に乗ってしまいました。
 それでもその後に、やはり降りようかと思った瞬間にドアが閉まり電車が発車してしまいました。

 自分が乗ってきたドアの方向に向かい眠ったような状態で立っていたところ、
少しして少し大きめの声が聞こえたので目を開けましたら、
私の前方の少し離れた所にいた女性が、
その女性がそれまで立っていた位置を左回りに振り返りながら、
私の右斜め前方、1~1.5メートルほど離れた場所に移動しながら、
「子供がいるのに」といったことを言うのを目撃しました。

 私は「痴漢騒ぎかもしれない」と感じて、
「絶対に関わり合いになりたくない」と思い、少し右を向いて、
元の姿勢のまま目をつぶって立っておりました。
 それから20~30秒ほどした時に突然私は左側とうしろ側を誰かに強く掴まれました。
自分が犯人に間違われたと思い、がく然としましたが、
自分が人によく知られている身でしたので、
ここで騒ぎにしたくないと思い、大きな声も出さずに駅に到着するのを待ちました。

駅に着いたら、女性に事情を聞き、私が無関係であることを理解してもらわなければならないと思っていました。

 駅について、当然その女性と話ができると思っておりましたが、
おそらく二人だったと思うのですが、私を掴んだ人たちが強烈な力で私を押さえつけて、
事務室の方向へ連れて行きました。
途中で私は何度も「女性と話をさせてくれ」と言いましたが無視され、
上半身が全く身動き出来ないような強烈な力で押さえられ、
駅事務室の左側の小さな部屋に私一人だけが、連れてゆかれました。

 11月10日過ぎに受け取った検察官開示記録によると、
私を掴んだ人達は事件を目撃していない二人の民間人の男性であったとのことですが、
それならばなぜ、私が女性と話をしようとするのを力づくで阻止し、
私一人だけを女性とは別の事務室に連れていったのか、
非常に不自然であるとの思いを拭えません。

 事務室の入り口の所に体格の大きめな駅員がおりましたので、
「とにかく女性と話をさせてくれ」と告げて事務室を出ようとしたところ、
その駅員に制止されました。激しくもみ合った末に結局阻止され私は椅子に座りました。
 私は、「このままでは私が犯人にされてしまう。
そうなればマス・メディアは無責任で一方的な情報を土石流のように氾濫させ、
家族が想像を絶する報道被害に直面する。あげくの果てに有罪にされてしまうかもしれない。
家族の報道被害を最小に食い止めて家族を守るには、
いま私が命を絶ち、すべてを遮断するしかない。
命を絶つとすればそのタイミングは今しかない」ととっさに判断し、
駅員が外側を見ているすきに、ネクタイをはずして、
そのネクタイで自分の首を絞めて自殺をはかりました。
ところが、その途中で駅員が気付き、力づくで阻止されました。
私は放心状態に陥りましたが、まもなく警察官が来て、
事件については何も聞かれることなく、警察署に連れていかれました。
事件について私は当初より一貫して無実を主張して現在に至っております。

 その後のマス・メディア報道においては、テレビ番組においても、
タレントや弁護士の立場にある者までもが、未決収容者にある私をあたかも確定者であるかの如くに扱う発言を繰り返すことが放置され、
また週刊誌なども私が過去に痴漢事件で何度も示談をしたことがあるなどの事実無根の情報を流布するなどの状況が放置されております。
私が懸念した報道被害は現実に生じております。

 検察官は、「否認を続ければ、裁判で私生活を攻撃して家族を徹底的に苦しめてやる」と
学校等でのいじめを意図的に誘発するとも受け取れる発言を繰り返し、
また警察官は、「否認して裁判になれば必ずマスコミのえじきになる」、
「否認すれば長期の勾留となり小菅に移送される」と繰り返し述べ、罪を認めることを迫り続けました。

 現実に現在私は長期間勾留され、
また私が営んでおります事業の顧客データも押収されているため、私の経営している零細な事業にも重大な支障が生じております。

 それでも私は、自らの誇りと人間としての尊厳に鑑みて、
事実に反して罪を認めることはできないと考え、
無実の主張を貫いて現在に至っております。
 裁判所におかれましては、予断・偏見を持たれることなく、
被告事件について、適正な手続に基づいて真相を究明し、
関係法令の適正な運用に基づき正しい判決を下されますよう強くお願い申し上げます。

以 上



植草氏はこれだけの事を発言しています。
どれだけのメディアが取り上げましたか?
検察側に都合の悪そうな部分は一切取り上げていませんね。
取調べでの検事の言葉も植草氏は訴えています。
偏向報道ではないと思われますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆目撃者を探しています◆
同じ電車に乗って騒ぎを目撃していた子供連れの方になんとか名乗り出ていただきたいと心から願います。
もしこのブログを偶然にでもご覧になる事があったら、どうか連絡を下さい。
お願いします。
[PR]
by yuutama1 | 2006-12-06 17:21 | 植草一秀氏
何度見てもひどい報道ですね。ザ・ワイド

こういうことです。

まず植草氏が始めに認めていたという事が事実だとして進めている。

これは単なる検察側の言い分です。

前回の投稿に書きましたがこれには非常に疑いが残る。これは前回とこうして比較させ、
同じ手で何度もという印象付けの意味もあるのかもしれない。
前回の裁判を見ても検察側はかなり報道を意識して公判を進めていたように思う。


ザ・ワイドの話の流れとしてはこんな感じだった。

前回と今回の事件を比較する。
今回も一旦認めて後に否認している→前回とやりかたが同じじゃないか。

検察側は最初警官と話したときに認めていたと主張しているけれど
植草氏は今は否認して私は事実に反する容疑を認めることは出来ないと主張している。
こういう流れなんですね。


初公判で、検察側の冒頭陳述全てに具体的に反論する事は不可能なわけです。
時間もないし、無理なんですよ。

それを、警官との話の中で認めていたと真偽のわからない
単なる検察側の言い分をまず言い、
その反論としては、植草氏は否認していると伝えるだけ。


その『認めていたのか認めていないのか』に関しての反論が出ていない段階では
この検察側の『言い分』を事実であるかのように伝えること、あるいは視聴者が事実と誤認してしまうような伝え方をすることは明らかにおかしいでしょう。

※コメント投稿・閲覧はログインユーザーに限らせていただきます。
 コメント投稿・閲覧ご希望の方は  こちら  から新規登録(無料)し、
 IDを取得してください。
    ID取得だけではコメントは投稿も閲覧もできませんでした。
    ID取得後、新規ブログを立ち上げてから、アクセスしてみてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆目撃者を探しています◆
同じ電車に乗って騒ぎを目撃していた子供連れの方になんとか名乗り出ていただきたいと心から願います。
もしこのブログを偶然にでもご覧になる事があったら、どうか連絡を下さい。
お願いします。
[PR]
by yuutama1 | 2006-12-06 15:15 | 植草一秀氏

初公判

本日、午前10時から植草一秀氏の事件の初公判がありました。

検察側の冒頭陳述と、植草氏側の意見陳述が行われたようです。


植草氏は、痴漢はしていないという事と、
人間の尊厳に鑑みてやってない罪を認めることは出来ないとおっしゃっていると
伝わってきています。
植草氏が今回の事件に巻き込まれ、自殺を計ったという事も。
すさまじいバッシング報道はすぐに予想できます。
普段からとてもお子さんを大切にしている優しいお父さんで、
お子さんを守りたかったのだと思いますが、誰かが止めてくれ本当にてよかったと思う。


それと、報道を見た方に。
一度 こちら も読んでみて下さい。
(こちらは私が見聞きしたものではないので未確認であることをはっきりとお断りしておきますが、報道が違うとおっしゃっているようです。参考までに。)


まず検察側の冒頭陳述で私が疑問に思う点を挙げておこうと思います。
1.植草氏が逮捕直後警官の事情聴取で認めていたという事
2.目撃者がいるそうですが目撃者が送っているというメールの内容が重要

1は昨日も出ていた高校生の問題と同じ、作文である可能性が高いと思う。
普通に考えて植草氏が認めることはありえないのだ。

前回の事件の際、やってもいない罪を一旦認めてしまったこと。
一種の脅迫的な取引を提示されての事だったが、あの判断は間違っていたと植草氏は言っていた。
植草氏は無実なら絶対に認めて後に否認する事はないだろう。

大変失礼な例えだけれど、
万が一植草氏が実際犯罪を犯し、しかし否認しているという場合でも
一旦認め今またそれを覆し無実を主張するという事は考え難いのだ。
しらばっくれるつもりなら一旦認めるはずが無い。
万が一といいながらも失礼な書き方をしてしまったが、
どちらの可能性を考えても、認めておいてそれを覆し無実を主張するという事は考えられない。
いずれにせよ、裁判での弁護側の反論を待つしかないでしょう。

2はいつ名乗り出た目撃者かも重要だと思う。
逮捕の際の報道はかなり詳細に報道されていたので、目撃者の名乗り出た時期も
重要だと思います。
注意できなかった自分がなさけないなどとそのメールに書いてあると
伝えているところもありますが、検察はそんなものを証拠としているんでしょうか。
その内容が事実でも見た証拠にはならないのだ。
他に証拠がないのでしょうか。


とりあえず、いったんここまでで、また書きます。
[PR]
by yuutama1 | 2006-12-06 13:29 | 植草一秀氏
今日、朝のTV番組『とくダネ!』で、
痴漢冤罪被害者矢田部氏のインタビューと手記(お父さんはやってない)を紹介していた。

矢田部氏は、電車内で痴漢行為をしたとされ起訴。
一審有罪判決二審無罪を勝ち取っている方だ。

『とくダネ!』では美大を出ている協力者らが当時の状況をCG化し矢田部氏が
痴漢をしていないのだという事を証明しようとしたそうである。
しかし、一審は有罪判決。
二審では実物大の模型で車内の混雑状況を人間を使って再現し、ビデオ撮影し裁判官に見せるなど様々な無実の証明。
これが裁判官に認められ、二審での無罪判決になったようだ。

※植草氏も前回の事件の際、エスカレーターの実物大の模型を作成し、警官の言う肘の見え方を完全否定できるものを証拠として出している。



起訴されれば99%有罪判決が出される現在の状況。
本当に99%の人が有実だろうか。
昨日の投稿にも書いた高校生の無罪判決。
このような検察が作文した調書を元に有罪判決を出されている被害者は多くいるのではないか。

自分が無実である事は自分が一番良く知っている。
植草氏もそうだろう。
頑張ってほしい。

このお父さんはやってないが映画化される。
ご存知の方も多いと思いますが、
コメント欄でも何度か話題になっていた『それでもボクはやってない』
来年の1月20公開だ。

植草氏の事件の関心を持ち、見守っている方には是非見ていただきたい。
[PR]
by yuutama1 | 2006-12-06 10:42 | 植草一秀氏