植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:植草一秀氏( 356 )

旧弁護団解任の続報

前回のエントリーでお伝えしましたが、今までの弁護団が解任されたとの事です。

解任された弁護団は
・川村理弁護士
・李宇海(イ・ウヘ)弁護士
・坂井大輔弁護士
・小林徹弁護士
の4名との事です。(弁護士登録順、期の順に記載)

何があったのでしょう?
[PR]
by yuutama1 | 2007-02-09 15:31 | 植草一秀氏

弁護団の変更について

スリーネーションズリサーチ(株)のHP

『弁護団の変更について』
のお知らせが出ていましたのでこちらにも転載させていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このたび、弁護体制を変更いたしましたので、ご報告申し上げます。旧弁護団とは、弁護方針を巡って当初より溝を感じておりましたが、4ヵ月半にわたって長期勾留されていたために情報が不足し、対応が遅れてしまいました。保釈後に種々の疑問点を確認いたしました結果、その溝が修復しがたいものであると判断せざるを得ず、弁護側立証に入る前に、万やむなく、旧弁護団を解任することといたしました。
すでに、新弁護体制を決定いたしました。新弁護体制の下で、早急に今後の弁護側立証方針を確定し、公判に臨んでまいる所存です。なにとぞご理解賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

植草 一秀


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by yuutama1 | 2007-02-09 09:08 | 植草一秀氏
明日の公判は、午前と午後に分けて行われると傍聴に行った方に伺いました。
植草さんが質問に答えるみたいな感じなのですが、
弁護側の証人申請?とか弁護側の証拠提出とか、また後の公判でちゃんとあるのでしょうか?
色々裁判の流れを調べたのですがよくわからなくて。

刑事裁判の流れというか順番?熊八さんご存知でしたら教えてください。
(他の方でももしご存知でしたら教えてください)

検察側の証人が第二回公判で出てきて、第三回公判も警察官が出てきたり、鑑定した人が出てきたりしましたが、
弁護側の証人とか証拠提出とかそういう話は今まだ全然出てきてないみたいだし、
ちゃんとあるのかどうかちょっと心配になってしまったので。

証拠申請が先とか、順序は決まって無いんですか?
なんだか弁護側の反証がないまま被告人質問で
このまま結審してしまいそうな気がしてしまって。
[PR]
by yuutama1 | 2007-02-08 15:13 | 植草一秀氏

無題

植草氏の事件を見ていると、誹謗中傷をずっと繰り返す人がいたり、
マスコミでは全く根も葉もない事を書かれたり、世の中の嫌な側面を見ることが多い。
とても寂しい世の中だと思う。
大人がこんないじめを繰り返す世の中で、子供社会のいじめが無くなるはずがない。
いじめは悪いという認識は誰にでもあると思う。
でも本当にいじめられている人・子の気持ちを考えたことはあるだろうか。

たとえ植草氏が無実だと信じていなくても気持ちを察する事は出来ると思う。
もし無実だったらと仮定し、根も葉もない嘘を言われ、心が深く傷つくようなことを言われ続けるその気持ちは想像することぐらいは出来るのではないだろうか。
中傷を繰り返している人にはこの気持ちをわかってもらいたいと思う。

ずいぶん前に植草氏がライブドアPJニュースのインタビューに答えておっしゃっていました。
『わたしは世間の全員にわかってもらおうとは思っていません。ただ地道に活動を続けて、わかってくれる人にはわかってもらいたいと思っています。』と。
強制するつもりなど全く無いしまた、それは出来る事でもないと思っているとおっしゃっていました。

私もそう思ってこのブログを続けている。

植草氏の主張を伝え、私の考えも述べさせてもらう。
曲解せず、悪意に解釈せず、ちゃんと聞いてくれる人とまたここで情報を交換できたり、様々な良い考えを聞かせてくださる場所になると良いと思う。
[PR]
by yuutama1 | 2007-02-07 23:39 | 植草一秀氏

争点

裁判で争われるのは、容疑の事実があったかなかったかただそれだけ。
それ以外ないと思う。
女性が訴えているような行為があったのかなかったのか、または別人がした事を勘違いされたのか、ただそれだけが争点なのではないだろうか。

裁判では検察側は容疑を立証しなければならない。
それが、取調べをした検察官が言ったようにたとえば
『私生活を攻撃し、 徹底的に苦しめてやるぞ』
こうすることで、電車内での痴漢容疑の何を立証できるだろうか。
単なる悪趣味にほかならない。
人権侵害だと感じるのは私だけでは無いと思う。

2004年の事件のときも立証と言えるようなものは何もなかった。
今回の特に証拠ともならないような繊維鑑定をあたかも決定的証拠であるかのように流すことと同じだったように感じます。
最初に出てきた証人の証言がどうも釈然としないと感じている人も多いと思う。
ここのコメント欄でもずっと議論されていたけれど、別人を見ていたのではないかと思うような証言に聞こえた。
(詳しくは当時のエントリー・コメント欄を見てみてください。12月分

植草氏側の反論がまだ何も行われていませんが、
植草氏の説明にちゃんと耳を傾けて欲しいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第一、こんなに長期間勾留し、仕事も出来ないようにして、ごくごく普通の生活を奪うとは。
無実の者が自分は無実だと言って何が悪いのか。
認めれば釈放・否認すれば長期勾留と条件が変わるのはおかしい。

被害者と言われる人物の人権に配慮すると同時に
被告人として扱われる人物の人権にも最大限の配慮がなされるべきだ。

自分に正直に無実を訴えるものが生活・仕事全てを奪われるのは私はどうしても許せない。
人の人生を壊すことが捜査や裁判の目的ではないはずだ。
[PR]
by yuutama1 | 2007-02-05 03:19 | 植草一秀氏
スリーネーションズリサーチ(株)のコラムが2月2日に更新されています。

私のブログで一時お預かりしていた1月10日分と1月21日分のコラムです。
昨日お伝えするつもりだったのですが遅れてしまいました。
通常通り更新されていましたよ。
また、新しいコラムが更新されたらこちらでもお伝えさせていただきたいと思います。
[PR]
by yuutama1 | 2007-02-04 23:25 | 植草一秀氏

植草氏の事件

コメント欄で記事を教えて頂きました。ありがとうございます。
コメント欄にもありましたが、ちょっと書き方に気になる部分もありますが、
そのまま紹介させていただきます。

元フォーブス支局長「植草被告陰謀説」
http://megalodon.jp/?url=http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20070202-150404.html&date=20070202140259


植草一秀氏の事は支持する人達が多く見ています。
こうして公に自殺するつもりはないと表明しておくのはとても良い事ですよね。
Benjamin Fulford氏ブログにも植草氏の事が書かれています。

前回の公判から随分経って、振り返って考えてみてもやはりまず、植草氏の事件では随分と世間への印象操作がされていると思います。

ずっと注目して今回の植草氏の事件を追ってきている方はご存知かと思いますが、
まるで植草氏の手から決定的な証拠が見つかっている。鑑定人が登場予定!と
12月最初あたりから報道されていました。
しかし、蓋を開けてみればその鑑定はこの日のエントリーに書いたようなもの。
まるでスカートの繊維そのものに『類似』したものが見つかったような表現がされていますが、それは違います。上記エントリーを一度読んでみてください。
傍聴した人ならわかるはずですが、こちらが事実です。
TVやネットの報道では一番重要な部分が省かれて伝えられています。


あれだけ決定的鑑定結果が出される!というように報道されていた下着の繊維鑑定は検察側自身が証拠としての採用も申請しないものである事がわかっています。

以前にも書きましたが、訴追する側がマスコミに耳目を集めるような情報提供をする時、
これには絶対に裏があります。証拠がないんです。
証拠がきっちりあるのなら自信たっぷりに黙っているはずなのです。
報道を過熱させ植草氏の信用を落とそうなどとする必要はありません。
この一連の植草氏の事件については、聞いた事を直に信じるのではなく、
じっくりと考えてみていただきたいと思います。

追記:周防監督の外国人記者クラブでの会見です。
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070202-00000033-sanspo-ent

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月13日夜、蒲田方面へ向かう京浜急行快速特急内で騒ぎを目撃している
女子高生の近くに乗っていた『子供連れの方』を探しています。
お願いします。
どんな小さな情報でも構いません。ご連絡だけでもいただけないでしょうか。

本当に些細な情報で構いません。少しの情報が植草さんの無実証明に繋がるかもしれません。
どうかお願いします。もしこのサイトを偶然ご覧になることがあればご連絡をいただけないでしょうか。お願いします。

[PR]
by yuutama1 | 2007-02-02 14:00 | 植草一秀氏

こんな世の中はおかしい

追記:今日もベンジャミンフルフォード氏のブログに植草氏の事が書いてありました。
    是非一度訪問してみてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何度か書いていることだけど、
一年の3分の1植草氏は勾留された。
仕事も私生活も全て奪われた。人生を奪われたのです。

本人が否認しているから無実、即保釈するべきだったと言っているのではない。
やっていないものは認めることが出来ないだろう。

植草氏の事件に限らず、よく聞く
『否認すれば長期勾留になるぞ』などというやり方は絶対に許されない。
富山の事件のように無理やりでも自白が引き出せなければ
本当に長期にわたり勾留されてしまうのです。植草氏のように。
自分は無実だとわかっている者がやりましたと言わないのは当たり前です。
当たり前の事を言っているだけでなぜ人生全てが奪われなきゃならないのか。

無実を訴えていても警察はそれを確かめてくれようとはしないのですか?
何のための警察ですか。

長期勾留による被害は計り知れなく大きい。
虚偽の自白をし、本当は無実なのに犯罪者とされてしまう事。
否認して長期勾留され今までの普通の平和な人生が壊れてしまう事。
どちらも無実の人間にとって苦しすぎるものではないでしょうか。
こんな事をする権利が一体誰にあるというのか。
なぜ警察はちゃんと調べようとしないのか。絶対に許せない。

このような目にあっても前進しようとする植草氏を尊敬しますが、
こんな事が他人事として見過ごされている世の中はおかしい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月13日夜、蒲田方面へ向かう京浜急行快速特急内で騒ぎを目撃している
女子高生の近くに乗っていた『子供連れの方』を探しています。
お願いします。
どんな小さな情報でも構いません。ご連絡だけでもいただけないでしょうか。

本当に些細な情報で構いません。少しの情報が植草さんの無実証明に繋がるかもしれません。
どうかお願いします。もしこのサイトを偶然ご覧になることがあればご連絡をいただけないでしょうか。お願いします。

[PR]
by yuutama1 | 2007-02-01 09:55 | 植草一秀氏

植草事件の真実

昨日のエントリーの最後にも書きましたが、
出版予定の本は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。
他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。

なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も全く関知しておらず、
植草一秀氏とは一切関係ないことをはっきりとお断りしておきます。
[PR]
by yuutama1 | 2007-02-01 01:21 | 植草一秀氏
追記:ベンジャミンフルフォード氏のサイトに以下の事が書いてありました。
    転載させていただきます。
    公式サイトは:http://benjaminfulford.com/こちら。
その中の 『ブログ』。ブログには↓から飛べます。
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/


私ベンジャミンフルフォードは今日、植草一秀先生に会いました。
彼は現在りそな関連の取材をしていて、身の危険を感じています。
植草先生は「私は自殺するつもりは全くない」と言いました。
もし彼に何か起これば、アメリカの息がかかった勢力だとおもって下さい。

・・・・・・・・・・・・・・転載終わり
私も、植草氏が今、元気でおられ、自殺するつもりなどは毛頭ないという事を
ご本人から確認しています。
もちろん何事もない事を祈りますが、念のためにこちらのサイトでもこの事を書いておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

富山県警が2002年、同県氷見市の男性(39)を婦女暴行容疑などで誤認逮捕した冤罪(えんざい)事件で、男性が無実の罪を自白するに至った経緯を初めて語った。

「『身内の者が間違いないと言っている』と何度も告げられ、やっていないと言っても信用されるわけがないと思った。その上で、「身内までも僕のことを信用していないんだと思った。気が抜けたようになってしまった」と語った。男性は3回目の聴取で自白に追い込まれた。

さらに、「『うん』か『はい』以外に言うな。『いいえ』という言葉を使うなと言われた」とし、「今からいう言葉を一切覆しません」とする念書も書かされ、署名、指印させられたとも語った。

02年3月の婦女暴行未遂事件について「犯行時間には電話をしていた」とアリバイを訴えた。しかし、取調官は「相手は電話を受けていないと言っている」と取り合わなかったという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何度か取り上げているこの冤罪事件ですが、
この取り調べ本当に酷い話だと思います。

この方の言っている事が全て本当かどうかは私にはわかりませんが、
この方が当時裁判でもし自白した事を
『警察に強迫的な取引を持ちかけられた。嘘でも自白するしかなかった』などと言ったら
本当はやったくせに・認めたくせに、と受け取る人が多いのではないでしょうか。

冤罪だったと真相がわかった今なら、
酷い警察だと感じる人が多いでしょう。

同じことを言っていても、発言する人の置かれた立場によって
思い込みで勝手に言葉の嘘・本当を決めてはいないでしょうか。

できればそういう思い込みを捨てて、耳を傾けて欲しいと思います。
そういう気持ちを持ってもらえたらとても嬉しく思います。


植草氏は最初から一貫して否認しているし、今わかっている植草氏の主張は
意見陳述書の通りです。
誰の言っている事が客観的な事実に照らして矛盾が無いのか、どうか耳を傾けてみてください。

報道だけでは繊維鑑定の話のように重要な部分が省かれて報道されています。
http://yuutama.exblog.jp/5043728/参照。

どう考えても今の植草氏の事件を伝える報道は正しくありません。

報道ではなく、多くの人にどうか植草氏の言葉に耳を傾けていただきたいと思っています。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『植草事件の真実』という本が出版されます。


この本は、植草氏の事件に疑問を持つ者数名が独自で企画し出版したものです。
植草一秀氏には了解もいただかないまますべて書き上げたものであり、内容の責任は全てそれぞれの著者にあります。
植草氏とは一切関係がないことをお断りしておきます。

[PR]
by yuutama1 | 2007-01-30 15:14 | 植草一秀氏