植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:警察・検察( 35 )

強圧的取調べ

鹿児島の12人無罪判決で明らかになった検察の強圧的な取調べの手法。
踏み絵のような事までやっていたというとんでもない取調べだったようだが、
鹿児島だけが特別ではないだろう。

強圧的・脅迫的な取調べは警察で常日頃から行われており、鹿児島で明らかになったことはただ氷山の一角に過ぎないのだと感じる。

植草氏は2004年の事件の際では、否認すれば、長期勾留。マスコミが嗅ぎ付けるぞと言わたそうだ。

100%無実であっても、マスコミは無実かどうかなんて関係なく犯人であるかのような報道する。
今までの植草氏に関連する報道を見ればよくわかります。
それによって被る被害は計り知れない。

無実であっても受ける被害は関係ないのです。

一番困る事を引き合いに出し、自白を迫ったり、やってないと言っている罪を認めさせようとするのは卑怯そのものだ。
全ての取調べではないけれど、裁判官は取調べでこういう事を警察がしていることはわかっているはず。
この度鹿児島だけで起こった『普段は絶対にありえないこと』などとまさか思ってはいないでしょう。
今までに富山で起きた冤罪事件も含め取調べの実態はいくつも暴かれているのだから。
裁く立場にある人なら、こういう卑劣な取調べを見て見ぬふりせずもっと強く追及して欲しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、今回の植草氏の事件を聞いたとき本当にびっくりしました。
しかし、植草氏はこんなことはしないだろうと思っていました。
当事も、ブログで、
『まだ何もわかってない。何も知ろうとしないで非難するのはやめて欲しい』と書きました。
あれから半年近く経ち、検察側の出した証人の証言・鑑定結果を聞き、
植草氏はやはり無実だと確信しています。

無実を訴え続けた植草氏は4ヵ月半も勾留され、そのため大学院もやめなければならなくなった。
私はこんなことは絶対に許せない。
植草氏の受けたこの酷い扱いと、ごく普通の生活が奪われてしまった事を思うと
私は悔しくて悲しくて仕方がないのです。

■合理的な疑いを入れないまでに立証されない場合は被告人は無罪となるのが原則。

■証言の信用性を見極めるときは、被害者や証人と被告人の証言のみを対比させるのだけではだめで、
被害者や証人、被告人双方の意見を対比させ、どちらの証言が客観的証拠と合致する部分が多いのかで見なければならない。

失ったものは取り返しがつかない。
でも裁判だけはきちんと正しい判断をして欲しいと思います。
[PR]
by yuutama1 | 2007-02-26 04:55 | 警察・検察

ライブドアニュース

植草氏の事が書いてあるわけではないけれど、
ライブドアニュースで、代用監獄問題とは何かの題で
記事があった。
佐藤優氏の『国家の罠』の事も少し書かれていたのでリンクしておこうと思う。

(上)ということなので、明日またでるのかな。
[PR]
by yuutama1 | 2006-05-01 03:42 | 警察・検察
長い題名ですみません。

sarehagetaka さんの最新の技術で・・・というコメントを頂いて、
思ったのですが、
最新の技術も利用する人がまともでなくては意味が無い。
今の警察は自分達にもし不利な結果がその最新技術を使った捜査で発覚した場合、
きちんと公表するだろうか?隠蔽する可能性のほうがはるかに高いと思われます。
警察が捜査権を握っていて、不可視の状態で進められるなら隠蔽することなどたやすいでしょう。

身内に対する処分は大甘、
相手が一般市民であれば捜査おざなりで、単なる容疑者をいきなり犯人扱いで詰問する。
一般市民から苦情が来ようが一切聞き入れない態度からも傲慢さがよくわかります。

科学的技術云々は関係ないのですが
植草氏のように警官が現認したなどと言い張っている場合では、
まず身内の警官の証言を間違いだったと認めることはしないだろうし
なんとしてでも犯罪者に仕立て上げるのです。
防犯カメラが消されたのがその良い例でしょう。

取調べが不可視である事も常々問題にされていることで、
改めなければならないと思う。冤罪は明日はわが身なのです。


しかし、まるで警察が全くの正義であるかのような宣伝には
私は呆れかえってしまうのですが・・・。

警察の位置づけは犯罪者を取り締まる役目ですが
その中に居る一部の人達はひどいもので、
警察組織に居るという事を逆手にとって好き勝手しているのがよくわかります。
監察官室のあの神奈川県警の不祥事隠しの件の対応を見ていると、
法を遵守する警察というより、自分達が法だとでも思っているかのよう。
勘違いも甚だしい。
[PR]
by yuutama1 | 2005-12-26 17:01 | 警察・検察
写真を掲示しながら書いた日のブログを自分で読み返してみて、
本当にこの事件に関する何もかもに憤りを感じずにはいられないと思った。



http://www.geocities.jp/yuutama_1/shinagawast.html

↑まだ見たことが無い方は、見てくださいね。
 もう、めちゃくちゃな嘘ばっかりだと私は感じました。

品川駅高輪口に立った時にも怒りがこみ上げて来たというか、愕然としたのですが、
身に覚えの無い罪でこれ以上ないようなひどい目にあわされ、
植草氏の心労は計り知れないと思います。
私でさえこんな思いなのだから。

私だけでなく、事件を不自然だと感じる方はたくさんいらっしゃいます。
あの防犯カメラの映像が無くなっている事も誰もが釈然としないことの一つじゃないでしょうか。
あんな真正面にあるカメラが撮影範囲外?
だったらどこが映っているというのか。
あれが撮影範囲外なら、カメラの設置業者は何を撮るつもりであの場所に設置したんでしょう。
あの場所でエスカレーターを撮影しないで一体何を撮っているというのでしょう。
撮影範囲外なんて大嘘です。

あれは絶対に意図的に証拠隠滅されたのです。
警察にとって都合の悪いものの証拠隠滅は誰も止めようがない。
今の警察なんて信用するに値しない組織だと思うのです。
無条件に信用し、現場が示す事実を無視するなどもってのほかです。

誰かに指示されたのか見間違いだったのか私は知りません。
でも、事実でなかったことだけは現場を見てはっきり感じました。
確実に警官たちの証言に嘘があることを現場の品川駅は示していました。
この事件は全く事実無根なんだという事をいつまででも訴えていこうと
改めて思いましたよ・・・。

下記サイトでは弁論要旨(プレス用)等公開しております。
是非ご覧ください。

http://www.geocities.jp/yuutama_1/
[PR]
by yuutama1 | 2005-12-19 12:51 | 警察・検察

現行犯逮捕の定義

漫画家のやくみつる氏が、事件に関して、
『逮捕する側にきちんとしたルール作りが必要なのではないか』と発言していたと
植草氏のインタビュー記事で以前に読みました。
まさにその通りだと思います。というか当然ですよね。
その辺の事を問題視する発言があまりに少ない事が残念です。
自分にもいつ降りかかるかわからない問題であるのに・・。

植草氏の事件に関わった警官2名は当時現場で逮捕すると告げていません。
告げないどころか現場を見ていたと言うにも関わらず、
証拠を押さえていないのです。

現行犯逮捕には
『贓物(ぞうぶつ)または明らかに犯罪の用に供したと思われる凶器その他の物を所持しているとき』
という定義があるようです。

近くで殺人事件が起こったとして、通報で警官が駆けつけ血のついた刃物を所持していた
人物を取り押さえた場合。
これなどは明らかに上記の定義に当てはまると思います。
しかし、今回の場合は当てはめるにはかなりの無理があります。

植草氏の場合で無いと考えても、
警官が現認し、その警官による現行犯逮捕であるなら、
なおさら証拠を押さえる事が必要不可欠だとは思いませんか?
『見たけど証拠は押さえなかった。でも確かに見たんだ!』というこの警官の論理と
それが通る司法制度は危険です。

私はこんな警官は絶対に許せません。

今、TVのニュース番組なんかのコメンテーターは本当に低レベルだと感じます。
一応識者と呼ばれている御偉い方々の無責任発言は
世間にとても害悪を撒き散らしていると思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記:植草氏のコラム欄、更新されていました。

今回は『金利・為替・株価特報』掲載株式投資参考銘柄の株価推移一覧表
も掲載されているようです。
これまでのレポートに掲載されていたもの全ての銘柄の推移表が出ているようです。
[PR]
by yuutama1 | 2005-12-06 12:45 | 警察・検察

警察の倫理観欠如

神奈川県警の警部補が捜査情報を記者に漏らしていた事件・・・。
事件自体も問題だけど、
それよりもなによりも、本当に本当になんにも変わる気が無いんですね。
神奈川県警みんながみんなそうじゃないけど、
全体として神奈川県警は、とか、警察は、とか言われて当然。
それにこういう事しているの、絶対この人だけではないのにね。
一人見せしめにあげておけば、それで良しときっとおもっていますね。

本当に意識が低いというか、警察なのに悪い事を悪いと思わなくなっているのでしょう。
一般人が悪い事をする事と、自分たちが悪い事をすることは
違うとでも思っているんだろうか。

関係ない愚痴を書いてしまった。



ところで、もうじき22日で、BOSSの発売日ですね。
第二回:経済えんまちょう楽しみです。

それと、私のところは植草氏の金利為替株価特報届きました。
名簿システムにトラブルとの事でしたが、大変ですよね・・・。
[PR]
by yuutama1 | 2005-11-19 21:40 | 警察・検察
横浜地検横須賀支部は21日、電車内で女性(22)の胸を触ったとして、
神奈川県迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕された神奈川県警元栄署警務課長の警部、
平政夫容疑者(59)について、被害者と示談が成立したことなどを理由に起訴猶予処分とした。

 県警は同日、平警部を停職3カ月の懲戒処分、栄署の小林明署長(59)も
監督責任を問い本部長注意とした。
平警部は依願退職した。逮捕直後は否認していたが、
その後は「女性が寝ていたので、触っても分からないと思った」と容疑を認めたという。 (19:00)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/
20051021AT1G2101P21102005.html


被害者と示談が成立したら、起訴猶予なんですか?

女性から被害届すら無く、
裁判はしないで下さいという上申書が出ている場合は起訴なんですか?

いつも書くけど、基準もへったくれもないんですよね。警察検察って。
自分たちが正しいと言ったら正しいんだ。という感じでしょうか。

検察も狂ってますね。
まともじゃないですね。
絶対信用できない。どうして信用できるでしょうか。
本当にどこの警察もどこの検察ももう、はっきりグルだとわかります。


犯罪事実があっても身内だったら起訴しないし。
犯罪事実が無くても身内でなければ起訴するし。
市民やその他世論がが納得できないと叫んでも、そんなの知らん顔。


大体、初め停職三ヶ月の処分というのも私の感覚では甘すぎだし、
それで依願退職させて退職金なんていうのも納得する人いますか?

途中だけど書いていて虚しくなってきたので、今日はもういい。
[PR]
by yuutama1 | 2005-10-22 03:22 | 警察・検察

無題

以前にも書いた、神奈川県警本部からのこのブログへのアクセス。

一応、付けてはいるけれど、解析なんて滅多に見ない。
でも今日、久しぶりに見たら、
何度かアクセスがあったので、さては何かあったなと思っていたらやはり。
神奈川県警ってわかりやすい・・。また警官が例のごとく捕まっていたんですね。
どういう処分がとられるのか、とりあえず見守って行きたいと思う。
まあ、被害者がいるようなので、植草氏のようなでっちあげとは関係ないけど、一応。

市民から苦情が来た後から不祥事原則公表を決めたようですが、
裁判中起こっていた事件をことごとく隠蔽していたその事が許せないんですよね。

隠したことは植草氏の裁判と絶対関係があったのです。
関係ないわけがないんです。
警察側の情報操作の一環だったのだと思います。
思い出すと怒りがこみ上げてきますよ!

隠蔽はもちろん、対応の違いについても、知っている人はまず疑問に思うはず。
警察の広報などは、植草氏の巻き込まれた事件とどうして対応が違うのか
等の質問にはまともな返事は出せていないようだし。

神奈川県警にも真面目な良い警察官はいる事は知っているけど、
個人個人ではないのです。
とにかく身内優先で警官が見たと言うなら無いことでも有ったことに、
警官が捕まったなら有った事でも無かったことに。
事実が有ったのか無かったのか、適正に検証もしない
という警察全体の問題なんですよね。
[PR]
by yuutama1 | 2005-10-05 23:40 | 警察・検察

見直すのだそうです

読売新聞記事より

今更何を言ってるんだか。
植草氏の裁判の間中この事件を隠していたことが重要なわけです。
本当に卑怯なやりかたです。
この警官の不祥事隠しと植草氏が当時行っていた裁判と関係が無いわけがない。
植草氏の裁判があったから隠蔽工作したのは間違いないですよ。

裁判中にこの警官の事件隠蔽が明るみに出ていたら
全く証拠も何も無い、単なる警官からの言いがかりだけで裁判になってしまった
植草氏の事件は異常極まりないものなのだという事が
もっと早く世間に知ってもらう事ができたのに。
世論はかなり変わったはずです。
植草氏の巻き込まれた事件の異常さがわかってもらえたはず。


見直すんだったら勝手に見直せばいい。神奈川県警には何も期待していません。
形だけ見直したって、どうせまた隠すし、隠してたのがばれたら
上の人が嘘の釈明会見して正当だったと主張するだけでしょう。
今はじまった事ではないですからね。神奈川県警の隠蔽体質は。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

携帯電話などによる警察官の盗撮行為が相次ぎ、いずれも処分しながら、公表しなかったことに厳しい批判が寄せられている神奈川県警は12日、盗撮や痴漢などの破廉恥な不祥事について今後、原則として公表していく方針を固めた。

 警察庁の指針運用を見直す異例の措置で、全国の県警などにも影響を与えそうだ。

 警察庁の指針は、警察官が私的な時間帯に盗撮行為をした場合の処分を「停職か減給」と定めている。一方、別の指針で私的行為については「停職以上」を公表すると規定。

 神奈川県警は、両指針に基づき、盗撮などを行った5人の警察官をいずれも減給以下の処分としたうえで、非公表としていた。しかし、問題の発覚後、県警には抗議や批判が550件以上寄せられた。

 県警は信頼回復のためには、処分の透明性を高める必要があると判断。警察庁の指針に「国民の信頼確保のため必要な場合は発表する」との規定もあることから、公表のあり方を見直す方針を打ち出した。

 伊藤茂男・県警本部長は「犯罪を取り締まる立場にある警察官には高い倫理観が求められており、警察官の犯罪への批判を重く受け止めるのは当然だ。盗撮のような破廉恥な犯罪行為については今後、県民への説明責任を十分果たしていきたい」と話している。

(2005年8月13日3時12分 読売新聞)
[PR]
by yuutama1 | 2005-08-13 17:09 | 警察・検察
読売新聞の記事14:32

神奈川県警の事件隠蔽に関して、市民から500件以上の苦情等が入っているとの事。
当たり前ですよね。まぁこれは非公表だった事に関しての苦情なわけですが。
問題が発覚した6月23日から今月5日までに県警に届いた電話やメールは541件。  
ほとんどが「退職金を返させろ」「なぜ身内の犯罪は隠すのか」
といった批判的な内容だという。
この中には植草氏の巻き込まれた事件と比較しての疑問もおそらくあるだろう。

『中原署巡査長のケースについては
県警幹部の中にも「犯罪は成立しており、送検して検察の判断に委ねるべきだった」
という声がある。』との事。


県警警務部長は色々な理屈で説明しているようだけど、
まず、根本の部分が間違っているから、
いくら言葉を並べて正当化しようとしても無理なんですよ。
市民からこれだけの苦情があっても未だに非を認めないとはなんとも。

当時(裁判中)公表すべきだったことは当然のこと。苦情が来るのも当たり前。
ただの隠蔽体質ではないと思います。隠さなければならない理由があったんです。当時は。

植草氏を支援していらっしゃるマッドアマノさんの

『昨年11月と今年4月に起きた事件がなぜ今、公表されたのか、ここが大問題。
11月は神奈川県警が植草氏と係争中だった、ということに注目すべきだろうう。
植草氏を強引に逮捕した県警だが、その県警側に盗撮するというハレンチ警官が存在したことが世間に知れると裁判に悪影響を及ぼす、と判断したに違いない。
だから県警は事件を公表せず隠蔽したのだと私は考える。』

の言葉。とても納得できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神奈川県警の警察官5人による盗撮行為が相次ぎ発覚した問題で、県警が処分を公表しなかったことなどに対し、市民からは500件を超える批判や疑問の声が県警に寄せられている。

 県警は「警察庁の指針に従ったもので、隠ぺいではない」と反論しているが、両者の感覚の隔たりは大きい。

 問題が発覚した6月23日から今月5日までに県警に届いた電話やメールは541件。ほとんどが「退職金を返させろ」「なぜ身内の犯罪は隠すのか」といった批判的な内容だという。駅で女子高生を盗撮しようとして鉄道警察隊に取り押さえられたものの、画像がないとして立件しなかった中原署巡査長のケースについて、県警幹部の中にも「犯罪は成立しており、送検して検察の判断に委ねるべきだった」という声がある。

 情報公開に詳しい千葉大の新藤宗幸教授(行政学)は「警察官の社会的立場を考えれば、懲戒処分は公表するのが普通の感覚。透明性確保が市民の信頼につながるのに、これでは隠ぺい体質と思われても仕方がない」と指摘する。

 こうした批判に対し、松本治男・県警警務部長は「処分は妥当。いずれも素直に認めており、悪質性は低く、社会的影響もない」と反論する。県警が非公表の根拠にしたのは、警察庁の2つの指針。「懲戒処分の指針」では、盗撮は停職か減給と規定。「懲戒処分の発表の指針」では、職務上の行為での懲戒処分はすべて公表するものの、私生活上の行為は停職以上を公表すると定めている。

 県警は今回、5人の警察官を減給かそれ以下とし、公表しなかった。停職(=公表)か減給(=非公表)かは、県警の裁量に委ねられているのが実情だ。

 一方、大阪府警は4月、女性のスカート内を盗撮しようとした警部補を府迷惑防止条例違反容疑で書類送検し、減給処分としたことを公表した。府警監察室は「府民の信頼確保のため、公表が適当と判断した」と説明。同室の桃井次雄監察官は個人的見解と断ったうえで、「後で発覚するより、先に公表した方が組織のダメージは少ない。処分決定の裁量権は府警にあり、指針はあくまで参考」と語る。

 逮捕されたケースで単純比較はできないが、山口県警は昨年7月、スカート内を盗撮した巡査部長を停職処分にして公表した。

 ◆県教委など、処分は9割以上で公表◆

 読売新聞が47都道府県と14政令市の教育委員会を対象に懲戒処分について調べたところ、9割以上で懲戒処分を原則公表していることが判明した。

 都道府県教委では、47教委のうち44教委が、政令市教委では14市教委すべてが、「懲戒処分は原則として公表」と回答。「公私の区別なく、懲戒処分は即日公表」のケースが多かった。青森県教委は6月から「教職員の非行抑止を期待して」懲戒処分の全面公表に踏み切り、神奈川県教委も「再発防止などの観点から」全面公表している。

(2005年8月6日14時32分 読売新聞)
[PR]
by yuutama1 | 2005-08-07 20:38 | 警察・検察