植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:警察・検察( 35 )

この間、投稿した県迷惑防止条例の詳細な規定が知りたい・6月25日投稿。とか
明確な規定は本当にあるのか?の疑問に対して、
ひとつの規定のようなものが見つかったので、今日も書こうと思います。

■県警は「盗撮未遂は県迷惑防止条例に抵触しない」として公表せず
■「撮影はしておらず、盗撮に未遂罪はない」
の二つの神奈川県警の言い訳を書きました。

これは神奈川県警監察官室というところが発表した見解のようです。

それで今日、神奈川県警のサイトを見ていたら、なんとそこに書いてあった事は。

Q:  盗撮されても写ってなければ罪にならないの?
A:  人のスカート内などを盗撮する行為は、迷惑防止条例の中の卑わいな言動に
    該当します。盗撮犯人がカメラを壊して証拠隠滅を図っても、
    盗撮という行為自体が犯罪ですので、罪を逃れることはできません。
Q:  盗撮する目的でスカート内にカメラ等を差しだしたが、撮影できなくても罪になるの?
A:  盗撮という行為自体が犯罪となるので、撮影できなくても罪となります。

だそうです。
自分の所のサイトで言っている事と全く今回の処理違いますね。
よくもまぁぬけぬけと、

神奈川県警監察官室
上記の二つのコメントや、
「原則、停職処分以上」とし、「身内に甘いとは思っていない。いずれも厳正に処分した」
なんて言えますね。

ここは植草氏を応援するサイトなのに、ここ数日神奈川県警批判サイトになっていますが、
神奈川県警とは本当に腐りきっていますね。

この神奈川県警のサイトは今回の警官の処分とは完全に矛盾しています。
もっと追求すべきですね。
今回の警官の事件の処理が正しいものであったかどうか、それが正しいのであれば
植草氏の事件の立件自体が正しいものであったのかどうかもあわせて
神奈川県警にきちんとした基準と回答を示させるべきです。

植草氏はまず普通に立っていただけなんですよ。
鏡を出していたなんて警官が言っているようですが、ただ言っているだけです。
本当に鏡を出しているところを目撃したら、その手を押さえずにボケッと見ている警官なんて
いませんよ。嘘八百です。
こういうのを色々見ていると、防犯カメラの映像が消えたのも、意図的なものだと確信します。

こんな神奈川県警に人を逮捕する権利なんて与えておいて良いのでしょうか。
目茶苦茶やりますよ。
もしかしたら、このサイト真面目な警察官の方も見てくれていて、
その方にとっては不愉快かもしれません。
でも、実際に一部の警察・警官は自分たちが捜査の権限を握っているのをいいことに
やりたい放題。
普通に『犯罪者』といわれる人より神奈川県警はタチが悪いと思う。
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-28 04:21 | 警察・検察

迷惑防止条例の詳細は

昨日、今日と書いている神奈川県警の元警官の事件ですが、昨日のは第一報。
後に、下記のような情報が出ています。

■県警は「盗撮未遂は県迷惑防止条例に抵触しない」として公表せず、
巡査長は8日付で処分を受け依願退職した。

■「撮影はしておらず、盗撮に未遂罪はない

迷惑防止条例の詳細な決まりはどこで調べれば良いのでしょうかね。
大枠は『迷惑防止条例』で検索をかければ出てきます。
本当の名前は『公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例』
というそうですが・・・。

第3条の
何人も、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、人を著しく羞恥させ、
又は人に不安を覚えさせるような卑わいな言動をしてはならない。
(東京都では第5条に同じ文言が。)

の違反なのだと言う事はわかりますが、もっと詳細な、
上にも書いた県警が話している『盗撮未遂は県迷惑防止条例に抵触しない』
という言葉はちゃんと文書で定められているのかどうか、どう調べればいいんだろう。
極端な話、
そこには携帯での盗撮は画像が残っていなければ犯罪とはならないとか
鏡は持っているだけでもいけないとか書いてあるんでしょうか。
                   注)植草氏の場合事実はポケットに入っていただけですが。

明確で詳細な決まりなどあるのでしょうか。
その場その場で対応しているのではないでしょうかね。
かなり怪しいのではないかと思います。私には釈然としない部分が多いですね。

それと、Webに出ている文書は似たようなものでしたが、
神奈川県迷惑防止条例と東京都迷惑防止条例は何か違うものなのかな。
詳細なこの条例の取り決めを読んでいないので、今のところ何もわからない。

しかし、たんなる根拠の無い直感ですが、この県警の言い訳は
詳細な取り決めが無いことを表しているように思うのです。
スクープされてあわてて取り繕った言い訳ではないだろうか。

いずれにせよ、神奈川県警は以前と何も変わっていないと。
この事件だってどうやって外に漏れてきたのか知らないけれど、
見つからなければずっと黙ってるつもりだっただろうしね。
県警の事件に対する弁解を聞くと、悪い事をしたとも思っていないみたいだし。

神奈川県警だけじゃない。どこの警察も線引きが曖昧なことが良くわかります。

植草氏に対しての対応と、この警官に対しての対応。真逆の対応ですが、
迷惑防止条例はこのどちらも矛盾無く説明できるように定められているのだろうか。

追記:神奈川はちょっとあれだったので、
    私の住む県の警察に問い合わせたところでは、『県の迷惑防止条例』は
    県のHPなどに出ているのが条例の全文であって、
    それ以上の詳細な取り決めは無いと。
    その条例違反があった場合、(HPにあるような全文)これと照らし合わせて
    その時判断しますからね・・・。
    これ以上の細かな取り決めなどは文書化されていません。との事だった。
    (あくまでも、私の住む県の場合)
    どういう経緯で制定されたのか知りたい場合は、議事録などの開示を求める事が
    できると思いますよ。と。
(神奈川と東京の問題だから、そこに問い合わせなければ意味が無いのはわかっている    のですがね・・・。とりあえず。)

これじゃ、後からその人その人に応じてさじ加減ひとつ、
いかようにもできるということかと思った。
植草氏の場合の『条例違反』。
根本が取り決めの無いはっきりしないものだという事がよくわかる。
この神奈川県警の問題、もっとTVとかで報道して、大きな問題にならないだろうか。
問題点がはっきり浮かび上がってくるとおもうのだけれど。

因みに各都道府県の迷惑防止条例はこちら
“はちのホームページ”さん
追記6月25日13:00
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-25 04:43 | 警察・検察

続き

昨日も書いた神奈川県警のこの事件。
一体どういうつもりなのか、怒り心頭で、仕事中にブログを書いてしまいました。

神奈川県警の腐った体質は相変わらずのようです。(警察全体と言うべきでしょうか)
この事件と植草氏の巻き込まれた冤罪事件は非常に似通っている印象をうけます。
しかし、『鉄道警察現認』以降の対応は正反対。
植草氏の巻き込まれた事件と比較した時、神奈川県警はどう釈明するのでしょうか。

監察官室の説明など全く意味不明ではないですか。

今回の事件、鉄道警察隊が現認し逮捕と言っているのでしょう?
報道では、手錠までかけられていると伝えられています。
それが何を根拠に
『盗撮はないと判断したが・・・』となるのでしょうか。
『現認』はどこへいったのでしょう。一旦逮捕したものをすぐ覆していますよね。
どういう根拠で現認した盗撮の事実がなかったと判断されたのでしょうか。
逮捕とか、そういうのそんな曖昧な取り決めでいいわけがないですよ。
この人は盗撮をしていないのに手錠までかけられたのでしょうか?

植草氏の場合はその逆で志賀警官も逮捕する旨を告げていないと証言しています。
事実が無かったどころか、警官が被害者だとした女性からも
被害届けを出した覚えは無いと検察に上申書がでているそうです。

はっきりと逮捕の手続きが取られ手錠までかけられた人が盗撮の事実がなかったとされ、
一方は職質を受け、自ら疑いを晴らすために交番へ同行した植草氏が立件されいつのまにか
現行犯逮捕にすりかえられている。
これをどう説明するのだろうか。
携帯は撮影した証拠がなければ無かった事になるの?
鏡はポケットにあったらそれだけでだめ?

上手くいえないけれど、これって変ですよね。

こんな不当な扱いがあるでしょうか。

この事件を聞き、法律に詳しい大熊裁判長はどう思うのか聞いてみたいものです。
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-24 15:38 | 警察・検察
神奈川県警中原署の20歳代の男性巡査長が今月上旬、
武蔵小杉駅(川崎市中原区)で、女子高生のスカート内を携帯電話のカメラで盗み撮りしようとしたとして、県警鉄道警察隊に取り押さえられていたことが22日、分かった。

 巡査長は調べに対し盗撮しようとしたことを認めたが、県警は「画像が残っておらず、
盗撮にあたらない」として減給処分にし、公表しなかった。巡査長は依願退職した。

 県警などによると、巡査長は4日午後10時ごろ、
同駅のエスカレーターで女子高生の後ろに立ち、手を伸ばしてカメラ付き携帯電話を
出したところを、警戒中の同隊員に取り押さえられた。

続きはここをクリック
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-24 01:50 | 警察・検察

昨日も書いたけど

昨日も書いたけど、
スカート丈をわざわざ6センチも短く調書に記述してみたり、
辻褄合わせのために公判で調書とは異なる証言をしてみたり、
警察は自分たちのした事を正当化するために必死だった様子が見てとれます。

マスコミを利用して徹底的に印象操作をしたのも警察の証拠自体が何も無かったからでしょう。
証拠なんてものはあるわけないんです。
何もしてないんだから。
唯一の証拠、防犯カメラは消去されてしまいました。私が思うに、多分意図的に。

警察の目撃証言が事実ならば、丈を短めに調書に書くとか、こんな小細工する必要など
何も無いのです。

確たる証拠も無い状態で起訴でき、こんな馬鹿げた判決がでるとは。

起訴できてしまうんですね。
警官たった一人が見たって言っているだけです。ただそれひとつ。
(同行の警官は見ていないと言っている。
・2人の警官の現認ではないんですよ。
 まだ知らない人が居たりするので・・何度でも書いてしまいます。)

それも、その場では逮捕するなんて告げていないし、出していたと言い張っている鏡すら
押さえていない。
(これもSPA!にも書いてありましたが、
・未だに鏡を差し出していた現場を押さえられたという印象があるので、
 違うと書いておきます。鏡など出してもいません!
・携帯で盗撮していると思い込んで洋服の肘をつまんだので、
 ポケットの中の物を出せと言われ鏡をポケットから出したとき警官は驚いているのです。
 そして、
・逮捕手続書には逮捕する旨告げたとあるのに、
 公判では警官は逮捕を告げていないと証言を変えているのです。ただの職質。
 逮捕手続書と公判での証言は異なるものでも問題ないんですか?大問題だと思います。)

こんなお粗末な事で起訴ができるとは。

警官2名が目撃していて、手に持っていたと言い張る鏡を押さえられて、
大勢が乗るエスカレーターで第三者の目撃証言もあり、
防犯カメラも保全され、映っていたというなら
起訴されてこの判決も誰もが納得理解できるでしょう。

しかし、この中のどれ一つとして当てはまっていないんですよ。
本当に一つも当てはまっていないんです。
普通に立っていただけだから、当てはまるわけないんですよね。

今はこんな馬鹿な判決が出てしまったけれど、
植草氏が無実であることはいずれ明らかになります。
[PR]
by yuutama1 | 2005-05-18 01:17 | 警察・検察
逮捕の一報が流れたときの事を覚えていらっしゃる方いますでしょうか。
当時の報道は、
ー横浜駅周辺で2時間程女性の後をつけるなどの不審行為をしているのを
警官が目撃しずっと尾行していて、そして品川駅に移動してエスカレーターで現認逮捕。
本人は犯行を認めていて申し訳ないことをしたと話しているー
と報道されたのですが、

冒頭陳述要旨の一番初めを読んでもらえればわかります。
志賀警官は、2:10頃に植草氏を初めて駅ビルエスカレーターで目撃したと話しているのです。
植草氏が品川行きの電車に乗ったのは2:22。
横浜で志賀警官が植草氏を見ていたとしても、たったの12分間のはずなんですよ。
それなのに、2時間もうろうろしていたのを警官は見ていたかのような
発表・報道は何なんでしょう。

そしてこれは何度も言っているけど、植草氏は否認していたのに認めているなどと、
嘘の警察発表をした。
この事は嘘だったと今明らかになっているのに、嘘の警察発表をしたことを警察は
責任を取らなくても良いのでしょうか。

警察発表をそのまんまたれ流すのは許せない。初めの報道って全部嘘だったんですよ。
それ以前に、嘘の発表をする警察はもっと許せないけど。
[PR]
by yuutama1 | 2005-04-27 02:28 | 警察・検察
もし、善良な警察官の方が読んだら気分を害すると思うのですが。

警察の横暴さは本当に許せないと思います。
警察には人を逮捕できる特権があって、人の自由を奪うことができる。
だからこそ、その権力を行使するときには、充分慎重で確実であってほしい。
犯罪者は逮捕しなければならないが、絶対に善良な市民を間違って逮捕することなど
あってはならないと思う。
今回のように、公判の中で、証言が二転三転するような曖昧さであっては
決してならないと思うのです。

白昼のJR品川駅は人も多いんでしょう?横浜だってそう。
誰か他に植草氏が不審だったなどという目撃証言がありますか?
仮に警官が証言しているような誰が見ても異常な行動を本当に取っていたとするなら、
多くの人が見てそれこそ正義感を持った誰かが鉄道警察に通報しているでしょう。
コメントでも頂きましたが、普通に歩いていても植草氏が隣を通り過ぎたら
振り返りますよ。この人有名なエコノミストだって感じで。

異常な行動ではなく、単なる普通の行動を取っていただけであることは、
このことからも明らかですよ。
エスカレーター上で会釈したご婦人。なんとか出てきて下さらないでしょうか。
この方たちが、一言証言してくれれば、すぐ解決する事なんですよね。
受けた警察被害はもう取り返しようも無いことですが。
裁判所だけはまともな判断をしてくれると思ったのに。

でも、これは冤罪!絶対に無実の人間を裁くことなんてあってはならないと思う。
このサイトはずっと闘います。


追記:今日は神奈川で講演だそうですね。
[PR]
by yuutama1 | 2005-03-29 12:16 | 警察・検察
連休が終わると、判決公判も近いですね。
何度も同じ事ばかり書いていますが、ちゃんと裁判官は正しい判断をしてくれるだろうか
とそればかり気になって、落ち着きません。

『週刊金曜日』にもありましたが、客観的に裁判を見ていると、検察側の証人(警官)の証言の
曖昧さ、一貫性の無さには誰でも疑問を感じるでしょう。
それをもれなく見続けている裁判官であれば、なおさらだと私は思います。

記事の中ではどこかの掲示板に関係者以外知らないはずの書き込みが
植草氏の不利になるようなコメントで書き込まれていたとなっています。
この掲示板がどこの掲示板なのか私はわからないのですが、
実は、このサイトにも(すでに削除しましたが)怪しげな書き込みがあったことがありました。
おやっと思い読んだ方もいらっしゃると思います。
あの時の書き込み、私のサイトではちゃんと削除する前の記録を残してあります。
今読み返しても何故、後の公判で出てきたその内容をあの人物が知ることができていたのか
大いに疑問です。
一応今の時点ではHNも内容も伏せますが、
どういう人物なのか個人的にも非常に興味がありますね。
あちこちの掲示板やブログなどで書いていたんでしょうかね。どうなんでしょう。

早い時期に削除したので読んでいない方には何のことだかわからないかもしれませんが、
私自身もあのコメントが書き込まれた時には
『これは巧妙に植草氏を陥れる為に書かれたものだな』と思い、削除をしました。
そしたら後の公判でその話がでて、まさに書き込みの内容そのまんま。びっくりでした。

まぁそれは、取り合えず置いといて、
昨日の様々な書き込みに本音でお返事をします。
(別に怒ってはいません。喧嘩をする気もありません)
私は、これでも自分なりにこのブログを植草氏の邪魔だけはしないよう一生懸命やっています。
それを人に閉じろなどと言われたり非難されるのはかなり落ち込みます。
もちろんご本人(植草氏)がやめろと言うなら今すぐやめますよ。
でも、今のところそんな声はどこからも聞こえてきていません。
匿名希望さんのお気持ちは大変良く理解できますのでこれ以上は書きません。
言い争いは嫌なので、できるだけ穏やかにとは思っていましたが、
ミミズクさんの書き込みには私も少なからず傷ついたので、私はこれでも一生懸命やっているつもりだとはっきり抗議させていただきます。

一緒の目的なのだから一緒に応援したらいいのではないでしょうか。
[PR]
by yuutama1 | 2005-03-20 22:39 | 警察・検察

無題

http://www.geocities.jp/yuutama_1

よく、『悪魔の証明』という話がありますが、これは

モノや行為の存在を巡って、
『有ること』に比較して『無いこと』を証明することが
極めて困難であることを比喩する言葉。[Wikipedia]より

『有ることの証明』は、証拠を一例でも提示すれば一瞬で完了する容易なことだが、
その反面、
『無いことの証明』は調査範囲が限定されたケースを除き、立証は事実上不可能である。

故に、公平の見地から証明責任は『有る』と主張する側に課せられることになっており、
立証できなければ無いものと見なされその主張は排斥される。
『無い』と主張する側は『有る』と主張する側の矛盾点を指摘すれば良い。

こういうことなのですが、

これに照らして考えて、立証責任の有る側とされる検察側が
今まで公判で行ってきたことは立証と言えているでしょうか。
私は立証ではないと考えます。
警官の目撃証言にしても、弁護側は検察側の主張の矛盾点を明確に指摘し、検証しており、
その結果、検察側の証言の矛盾は甚だしいものであると言う事が
法廷で客観的にみてわかるよう証明されています。

例え、検察側の人権を無視した暴露や、警察から不当にリークされた情報で、
世論の誘導が図れたとしても、
立証と言えるものでなければどれだけ並べ立てようと
それは有罪・無罪を判断するとき何の意味も持たないと思うのです。

検察は正義など追及していない。単に組織ぐるみで個人攻撃をしているだけなのだ。
私は、植草氏が無実であることはもちろん無罪判決が出ることも確信しています。
[PR]
by yuutama1 | 2005-03-08 19:34 | 警察・検察
最終弁論の弁論要旨の要約(プレス用)↓                                                 http://www.geocities.jp/yuutama_1/

上記HPの弁論要旨に詳細が記載されていますので皆様に読んでいただきたいのですが、

志賀警官のエスカレーターでの犯行現場を目撃したと言う証言内容は
実際現場検証されていて、【第7・1の(1)~】
志賀警官の目撃証言どおりの姿勢を検証すると、のぞけるような格好には決してならず、
植草氏が直立でおなかのあたりで手を組んで立っていたことを逆に証明する結果が
出ています。これは植草氏が無実である決定的・絶対的な証拠なのです。

ところで、私はこのブログをやっていて、公判を傍聴した方に色々と情報をいただくわけですが、
逮捕した志賀警官は公判で、『逮捕することを植草氏に告げましたか?』との問いに
『告げていません』とはっきりと答えているのです。
初めに植草氏の上着の右肘後ろをつまんで声をかけた時点では現行犯逮捕でなく、
職務質問をしただけだったのです。
公判で自分ではっきりと、『逮捕すると告げていない』と証言しています。
しかし、逮捕後作成された書類には
『逮捕すると告げ、植草氏がそれに応じたので逮捕した』と記述されているそうです。
その書類と、志賀警官の公判での証言は全く矛盾しています。

私には詳しいことはわかりませんが、
上着をつまんで停止させ、持ち物(携帯電話など)を検査するというのは現行犯逮捕をする流れではなく、
職務質問の流れなのだそうです。こちらも要旨要約【第7】
これは携帯電話で盗撮をしているだろうと疑っての職務質問の手順なのです。
(最終弁論要旨要約にも記載されている・警察官職務執行法2条1項)

その持ち物検査をした時、志賀警官は、ポケットから出てきた鏡に驚き、
続いて携帯電話を出すように言い、それを調べたそうです。
色々所持品を調べたが特に証拠となるものが出なかった。それで鏡で見ていただろうと
犯罪をでっち上げたのです。

もともと、志賀警官はのぞいている現場を見てなどいないのです。
同行していた末永警官との証言がたびたび食い違っている事からも、
現場など見ていないのは明白なのです。


盗撮をしていると確信し、駆け上がり、仮にそこで犯行現場を目撃したのであれば
エスカレーターが終わりに近づくまで警官が何もせず待っているでしょうか?
出していたはずの鏡を押さえもせず、終点まで待ちますか?
志賀警官は調書では待っていたと供述しているらしいのです。
そして、現認してから鏡をポケットにしまうまで、どれくらいの時間でしたかとの問いにも
志賀警官は、調書には2~3秒かかったと記述されているのに、
公判ではその時間が短くなり1秒くらいだったと証言していることが明らかになっています。
その都度その都度、話の辻褄を合わせるために証言を変えているのではないでしょうか?

志賀警官の証言がこの逮捕を正当化するために、
証言をするたびどんどん変化してゆき、同行していた末永警官の証言とも
そして初めの調書とも矛盾が生じてきているのです。
同行していた警官の証言と矛盾するということは
志賀警官の証言は信頼できる証言ではないという事でなのです。
[PR]
by yuutama1 | 2005-02-26 23:08 | 警察・検察