植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:報道の問題( 13 )

植草氏のコラム更新されていました。
当面の内外政治経済金融情勢ですよ。


コメント欄閲覧・書き込みをエキサイトIDを持っている人のみに制限しているので
見れない方もいらっしゃるかと思います。
昨日の投稿のコメント欄でmojoさんが
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「対立する側の主張」も、取り上げる事が、マスコミの役割だと思います。

今回の植草さんの件にしても、「当局が発表している事のみの報道」が、
私が気になる点であり、たとえば「植草さん側がどう言っているのか」とか、
当時の目撃者(当局が準備したなんて言われないような)を、
探してそのコメントを紹介するなど、可能じゃないかなあと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というコメントをして下さいました。
私も同じ意見です。

今までのような一方向のみの主張ではなく
世の中に『どういう主張で対立しているのか』を伝えることで
初めて私達は客観的に植草一秀氏の事件を考える材料を得る事ができるのではないでしょうか。

マスメディアが対立する側の主張も伝えることで、
関心のなかった人も含め一般の人は初めてそれを知ることができます。
2004年に起きた植草氏の事件にはとても不可解な点が多かった。
これをご存知の方は植草氏の事件を冤罪と確信する方も多いでしょう。
実際、裁判を毎回傍聴していた記者からはあれは無理スジの事件だという
発言も出ているようです。
しかし、その『現場』がメディアではあまり伝えられていないのが実情です。

警察がリーク情報を流す一方、それに対立する意見も、もれなく伝える事で
権力の監視機関でもあるマスメディアの役割が果たせるのではないかと思います。

私はマスコミ批判をしてしまうことが多いのですが、その内心は
心ある『ジャーナリスト』の方々が植草氏の主張も伝えて下さる事を願っているのです。


※参考までに2004年の事件に関してはHPを作っておりますので
   こちら  もご覧下さい。

※コメント投稿・閲覧はログインユーザーに限らせていただきます。
 コメント投稿・閲覧ご希望の方は  こちら  から新規登録(無料)し、
 IDを取得してください。
    ID取得だけではコメントは投稿も閲覧もできませんでした。
    ID取得後、新規ブログを立ち上げてから、アクセスしてみてください。
[PR]
by yuutama1 | 2006-11-29 11:17 | 報道の問題

ニュース23

昨日、ニュース23で、小林興起氏と城内実氏が出ていた。
少しだったので私はとくに書くことはないのですが、
ニュース23の内容は、メディアは利用されたのか。という
疑問を投げかけるものだった。

メディアを上手に利用できる政治家とそうでない政治家がいると言っていたけど
放送するほうがその割合を9:1ないし10:0に分けてしまえば、
どんなに上手でも量で負けてしまう。上手もへったくれもないのでは。
メディアが利用された云々もあるけれど、
メディアが権力に擦り寄っている事が問題なのではないかな。

植草氏の時の事も含めて、TVの今の報道姿勢は納得できない。
[PR]
by yuutama1 | 2005-12-27 00:00 | 報道の問題

無題2

最近、マスコミの報道姿勢を書くことが多いけれど、
選挙の時の小泉氏を全面的にバックアップするかのような報道と
植草氏の巻き込まれた事件の時の偏向報道、とてもよく似ていますね。
このマスコミ被害はとてつもなく大きいものだなと改めて感じます。

やはり、どのメディアも、様々な意見を公平に伝え、考えるようにさせるべきです。
それがメディアの役割だと思います。
そしてそのメディアに踊らされて、自分の意思というものはほとんどなく
それが全てだと信じる人の多いこと多いこと。
世の中の実態なんてこんなものなのか・・・。

植草氏の事件の時の偏向報道を覚えていますか。
全く植草氏側の主張が伝えられることはなかったのです。
多くの人はその偏向報道のみを見聞きし、それが全てと
信じ込んでいるのです。
植草氏がどういう主張をしているのか、情報が自然に耳に入ってくるまで
知ろうとしない人が多いのです。
マスコミが情報規制をすれば知りようもないのですが、それでも疑問すら
感じない人が居るのは悲しいですね。

植草氏の事件もそう選挙もそう、後で正しい事がわかって伝えても、
そのときにはもう取り返しのつかない事態が生じているのです。
メディアはそうやって扇動した責任をどう取るというのだろうか。

マスコミが真実を伝えないで誰が他にその代わりをできるというのか。
誇りを持って真実のみを伝え公平な報道を心がけて欲しいですね。
9月10日の投稿で、独自調査を認めないような体質や、
真実を追究しようとする記者を排除しようとする向きがある
という記事を引用しましたが、それでも、一人一人が動かなければ
その体質は変えようがないのではないでしょうか。
一人一人がはじめれば賛同するひとは必ず現れ、
いつかきっと大きな流れになって行くはずなのです。
[PR]
by yuutama1 | 2005-09-14 10:34 | 報道の問題
何かといえばTVでは郵政民営化法案の話ばかり。
植草氏がコラムなどで書いていらっしゃるような細部を指摘するメディアが無いと思う。
コメンテーターもごますりのイエスばかり言う人を出してきている。
どうしてこれほど偏った報道になってしまっているのだろうか。
各局こぞってそうなのでがっかりします。

裁判の時の報道と同じ。偏向が過ぎると思います。
裁判当時もコメンテーターのレベルの低さはひどいものでした。
公判内容も確認せず間違ったことを堂々と言い訂正もしないK弁護士
平気で誹謗中傷の類を公共の電波を使って言う人もいました。

それをなんとも思わず疑いもせずふんふん聞いている人も居るのだろうなと
考えると
世の中どうなっているのだろうかと思うし、裁判の件に関してはとても悔しい。

メディアがこぞって一つの情報に偏った報道をし始めれば
それに疑問を持たずそれが真実で正しい事だと思う人はやはり多いですよ。
もちろんそれを利用した戦略なのでしょうが。
植草氏の裁判の報道を見れば同じ戦略を使われた事がとてもよくわかります。
小泉政権が無くなれば、
今までの小泉政権のやり方では景気は良くならなかったとか
批判するメディア、
今度の首相はこんなに良いとか意味無く持ち上げるメディアも
こぞって出てくるとは思うけれど、後からではなんとでも言えるんですよね。
でもそれではマスコミの存在する意味は無いと思う。
迎合しているばかりのメディアには価値を見出せない。
そのような迎合メディアが先導していくのはとても怖いと思う。
植草氏はそんな中でずっと孤軍奮闘しています。
メディアが特定の権力に都合の良い事しか伝えなくなるのでは
誰が真実を伝えるのだろうか。


植草氏の事件は報道される内容が偏っていたがためにどれだけ事実を
間違って認識いる人が多いかはここに来てくださる方はご存知かと思います。
ご存知ない方は是非HPの方をお読みください。
伝えられていない部分が多い事に驚かれるのではないでしょうか。

このマスコミの弊害の部分はマスコミ関係者の中から是非とも変えてもらいたい。
[PR]
by yuutama1 | 2005-08-23 14:22 | 報道の問題

③-2

追加:私は論告求刑のとき、手鏡没収などというふざけた求刑、これは検察の悪意見え見え、無実を主張する植草氏への侮辱以外の何ものでもないと思ったので、
公正に判断してくれるであろうと当時信じていた私は、裁判官の心象を決定的に悪くしたのではないかと思ったのですが、アホ裁判長は判決にこれを取り入れた。
報道されることはわかっているのです。
この判決には色んな理由をつけるのだろうけれど、判決自体に悪意が含まれていると私は思うのです。


それと
今日のニュース23の『批判報道された人々』。
植草氏の事にも触れるべきだと思う。
『100%悪役にされてしまった人に反論する手立てはない』との鈴木宗男氏の言葉。
疑惑の真偽は私はわからないけれど、全く事実無根の報道をされてしまった部分があるのは
植草氏と同じ・・・。
少し笑顔で答えていらっしゃいましたが、当時の心労は大変なものだったと思う。

『報道者の自戒のチェックポイント』なんてやっていたが、
いったい本当に自戒などする気があるのだろうか。
見ていて私は腹立たしかった。

いつもその場その場ではこういう特集をして、自身の報道体制を見直しているような事を
言うけれど、何度も同じ事を繰り返しているじゃないかと思う。
まぁニュース23という番組に対して怒っているわけではないし、
番組でこういう特集を組むことは良いことなのだけれど、
なんと言うか・・・・。
もっとしっかりしてほしい。報道みんなが本当に心から報道被害を生まないよう注意して
放送にあたるべきだと思う。
本当に本当に心から。
[PR]
by yuutama1 | 2005-05-31 23:32 | 報道の問題
今日は植草氏の事にももちろん関係している、TVのコメンテーターの事なんだけれども、
あのコメンテーターの不用意な発言はどうにかならないものなのか。
ひどいレベルのコメンテーターがいるわけですが、
『情報ツウ』の金曜日の女性コメンテーター。名前は知らない。
逮捕の情報が流れた当時ひどい発言をしていたので、(この人だけではなかったけれど)
もう辞めたかと思っていたらこの間まだ出演していた。
植草氏の裁判は、一旦終了したのですが、当時から腹が立っていたので一言。
前からずっと書いているけれども、なぜ、係争中の事件に関してもっと慎重な言葉を
選ばないのか。
TVがどれだけ世間に影響力のある物かわかっているのか。
何気なく思ったことをコメントしているのかも知れないが、それがどれだけの報道被害を
生んでいるのか全く理解していないらしい。

一回見ただけの報道・それに対するコメントを識者と言われる人物が言うのだから
正しいのだと思い込む人も世間にはいるのです。
例えそういう人が居ないとしても、事件があったかなかったかで争っている最中に
あったと決め付ける発言は決してしてはならないと思うが
そんなこともわからないで識者と言えるのか。
単なる支援者はまだしも、そんな発言を家族・親族が聞いたらどう思うか
考えたことがあるのだろうか。
自分がもし、濡れ衣を着せられ、報道被害に遭ってから気がつくのでは遅いのです。

以前にも書いた紀藤弁護士。さすがに弁護士は慎重に発言するだろうと思っていたら
まったく公判内容を確認していないと思われる発言。
(2005.2.22のサンデーモーニングでの警官2名が現認しているという発言が誤りで、実際現認したと言い張っているのは一人である。)
今まで、あの弁護士は正義感の強いまともな弁護士かと思っていたが、
もう何を言っても私のなかでは説得力を持たない。事実関係を確認しないで発言しているのがよくわかったから。自分自身で発言に対する訂正も謝罪もしていないようですしね。
あほコメンテーターの発言とは訳が違う。弁護士という職に就いているんだから。
自分の発言に責任持って欲しいですね。弁護士が事実でないことを言ったら謝罪しなければいけないと思う。

今まで何気なく見ていたワイドショー。
植草氏の事がなければ一部こんなにひどいものだとは気がつかなかっただろうと思います。

追記:以前、ここにもコメントしてくださった方と同じ方だと思うのですが、WEB上で今回の
    事件のことを書いていらっしゃいましたのでURL出しておきます。

    http://www.asyura2.com/0502/nihon16/msg/407.html
[PR]
by yuutama1 | 2005-04-20 08:22 | 報道の問題

やっぱり

水戸黄門様ブログ開設当初からずっと、見守って下さり、コメントもありがとうございます。

TVは見てませんが、ダンカン良く言った!

>だからこの事件の真相がどこにあるのか、誰かのどういう意図や思惑があったかなどを知りたいのです。

この判決を聞くと、確実に、この裁判は初めからねじ曲げられたものだったと思います。
単なる、3人の裁判官が考え下した判決ではないような気がする。
一部で最初から言われているように、
絶対に何か、誰かからの圧力が加わっていると思う。そうとしか思えない。
いくらなんでも3人も裁判官がいて、両者の言い分聞いてまともに考えたら、
ここまで馬鹿な判決はでないはずです。
[PR]
by yuutama1 | 2005-03-27 17:08 | 報道の問題
私たちは報道を通して事件や裁判の内容を知るわけですが、その報道に誤りがあれば、
間違って受け止める事になります。
もう公判は判決を残すのみとなっているので、待つしかないのですが、
もう一度、どうか植草氏の主張にも耳を傾けてください。お願いします。
最終弁論の弁論要旨の要約は長いので、保存してじっくり読んでみて下さい。

http://www.geocities.jp/yuutama_1

ある本にありました。
『よく注意して報道を見てください。容疑者が否認をしている場合はたいがい警察発表で
その容疑者は食事をきちんと取り、夜は熟睡していると発表しています。
そして、その発表をよりどころにワイドショーやスポーツ紙などは容疑者が
ふてぶてしい人間であるかのようなニュアンスを込めて報道しているのです。』と。

警察の記者クラブは警察の一方的な発表を広く世間に知らせてくれる
警察にとってはとても良い機関だと思います。
警察に批判的な報道をすれば、記者クラブから追放されることがあるそうですが、
その場合警察情報は当然絶たれます。
マスコミには警察当局を批判できないシステムが出来上がっているのです。

今回の事件の植草氏の否認が当初全く伝えられていなかった事もそうなのですが、
警察発表には何も第三者による裏付けがないのに、そのまま報道されているのが現状なのです。

その本の筆者は、
警察発表をベースにした報道は『犯人でなければ逮捕されないはずだ』という誤解を
ますます広げている。
警察に逮捕されても犯人とは限りません。裁判で無罪になった人は大勢います。
そうした場合、無罪判決が出ると、マスコミは一転して人権に対する配慮を欠いていた
とか警察・検察批判をしたりします。とも書いています。

後からこんな事をしても何にもならないのです。
それより、今、ちゃんと植草氏の主張も報道して欲しい。
それか公判経過の一方的な報道もやめ、そっとしておいてあげてほしかった。
誤解されると嫌なのですが、私はマスコミ関係の方全てがそうだと言っているのでは
決してありません。これは絶対に違います。
公平な目で見、記事にしている雑誌等も見かけるたび嬉しく思っているのも事実です。

事実の認識と判断を間違えないようにしなければならないと以前コメントで頂きましたが
この報道被害は無くなりそうにありませんので、一人一人が
報道の中から真実を見る力を持たなければいけないんだなと思いました。
そして絶対に無責任に中傷をしてはいけないと改めて思っています。
言われた人の心がどんなに痛むかわかりますか。



第22回 日本経済復活の会 開催のお知らせ 平成17年3月10日

日本経済復活の会 会長 小野盛司

○日時 平成17年4月13日(水)午後6時~午後9時

○場所 (株)ケン・コーポレーション
    〒106-8640 東京都港区西麻布1-2-7 KN127ビル B2ホール

○会費 3500円(資料代や食事・飲み物の費用を含みます)

○講師 大西 昭 先生 グローバルモデリングセンター所長
        元シミュレーション&ゲーミング学会会長、元創価大学副学長
『2005年度は減税すべきか、増税すべきか』
 大西先生は世界200ヵ国を含んだ世界規模の経済モデルの開発で世界的に有名で、日本人初のノーベル経済学賞の有力候補です。開発されたモデルは国連本部でも使われており、国連事務総長の分析レポートにも大西モデルが使われたとコメントしてあります。現在の日本でなぜ積極財政が必要かについて、シミュレーションをもとに分かりやすく説明して頂きます。


○講師 植草 一秀 先生 スリーネーションリサーチインスティテュート代表取締役

『日本経済の現状分析』
[PR]
by yuutama1 | 2005-03-16 19:13 | 報道の問題
今朝、『スーパーモーニング』を見ました。

前日の放送の『補足説明』として司会者がコメントしていました。
前日の放送を私は見ていないのですが、

紀藤正樹弁護士が、22日の放送で、
『この事件は警察官2名が見ている事件』と誤った発言をしていたようで、
『補足説明』がありました。

手鏡をかざしていたのを見たと証言しているのは1名の警察官だけであり、
一緒に行動していたもう一名の警察官は現場は見ていないと言っているとの
『補足説明』でした。
誤解を招く恐れがありましたので『補足説明』させていただきます。
 と。

この一名の警官の証言は11回公判に行った方のサイトでも読みましたし、
コメント欄でも情報をいただきましたが、
証人なのに『わかりません』の連発でひんしゅくをかっていたとのこと。
現認の信憑性が疑われても仕方ないのです。

そして・・・

まず!弁護士ともあろうものが、TVで発言する際、事実関係(公判の内容すら)
確認せずにこんな事実に反する発言を堂々とするとは、あきれてしまいます。
どこかの無責任コメンテーターと同レベルじゃないですか。
弁護士でしょ?弁護士。
訂正したのは司会者だけど、反省してますかね。紀藤さん。
前日の放送は見れなかったしそんな発言があったとは全く知らなかったので、
びっくりしました。

次に、何故『補足説明』なのでしょう。

訂正ではないですか?通常は。訂正!

明らかに事実に反する報道をしたのだから。
『補足説明』でも何もしないよりはマシだけれども、『補足説明』という言葉を使うところに
その言葉の裏にある悪意のようなものが感じとれるのは私だけでしょうか。

事実でない報道は許せません。

追記:植草氏も雑誌のインタビューの中でこの件に触れています。
    弁護士が誤った発言をした場合謝罪と訂正が必要なはず。
    しかし補足説明という形になっており、それも、
    視聴者がテレビを消そうとする番組の最後の部分に
    この補足説明の時間があてられたと。
    
    こんなことはおかしいでしょう。
[PR]
by yuutama1 | 2005-02-23 19:39 | 報道の問題
第7回公判の一部内容。傍聴に行かれた妖嬬さんの書き込みありがとうございます。
本日コメント欄への書き込みも再度頂戴したわけですが、
傍聴席にいる記者というのは中途退席当たり前な感じなんですね。
初めてそういう事を知りました。
情報を他より早く知らせたい気持ちもわかりますが、
記者たるもの、全ての内容をもれなく聞いてその上で中立の立場で記事を書いて欲しいものです。

前にも書きましたが、TVや雑誌でコメントをすると言うのはものすごく責任の重い事だと私は思います。
何気なく言った一言でも全国の人が読んだり聞いたりするのです。
軽々しい発言をするのは本当に危険なことだと思います。
松本サリンの時もそうでしたが、あの時の冤罪被害者である河野さんが随分前TVで当時の事を語っておられました。
犯人だと決め付けた報道があったことで家には毎日何本もの嫌がらせの電話。
匿名でのひどい内容の手紙。
植草氏はこのようなことについては何も言及しておられませんが、
そういったことがあったのは聞くまでもなく明らかな事です。
こういう嫌がらせをする輩はどうやっても出てきます。しかし、そうした人たちを煽るような
報道、これは絶対に絶対にやってはいけないと思います。
そんな人の心を大きく深く傷つける犯罪に
一部のマスコミや決め付けたコメントをしている人たちは加担しているのですよ。
いい年した大人がどうしてその自覚がないのか本当にわからない。
自分が同じような事件に巻き込まれれば、その時初めてその人は自分のしたことの
罪の重さを知るのかもしれません。
しかし、考えればわかるでしょう。考えなくたってわかるでしょう。
やってはいけないということくらい。
・・・愚痴ばっかり書いても仕方がないので今日はこの辺でやめます。すみませんでした。

報道に関しては、記者会見を開いても植草氏の冤罪であるという主張はさらっと
流されてしまいすぐ違う話題へ・・・。
植草氏もどれほどもどかしく悔しい気持ちでこの取り上げ方を
見ているのだろうといつも悲しく思います。
[PR]
by yuutama1 | 2004-11-23 01:54 | 報道の問題