植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:警官の嘘( 17 )

最後に

なんか毎日ばらばらと書いてしまいましたが、また後でHPの方にまとめます。
私の見てきたことの結論は
JR品川駅同様、横浜の駅ビルでも警官の証言が正しいなどと言える部分などかけらも見つけられませんでした。という事です。

横浜駅だけでも、
3月13日投稿
3月14日投稿
3月15日投稿
3月16日投稿
のようにいくつも嘘と思われる部分がありました。
最終弁論弁論要旨要約を読んでいただくと詳細がわかりますが、
同行していた末永警官と話が食い違っている部分も多々あり、
一旦証言したものの訂正もいくつもあります。

一緒に行動していたはずの人と言っている事が違って、一旦話した事を問い詰められると違ったかも知れないとかよく覚えていないとか言い始める。
最終的には自分が作成した調書まで否定し、訂正する始末。
お粗末極まりない話です。

その時その場であった事は一つしかないのだから話が食い違う事などは無いのが普通なんじゃないですか?
それに私が見た限り、たったの一つも現場の状況が警官の証言を裏付けている部分はなかった。これはとても重要だと思うんですよね。
客観的な証拠は何もなしのまま証言だけを信用し判決を出したという事になるんですから。

大体、この駅ビルに居た時間はたった5分間くらいなんですよ。
書店に行って目当ての本が無かったから帰ってきただけ。ただそれだけじゃないですか。
あの事件はでっちあげだったと私ははっきり言えますよ。
[PR]
by yuutama1 | 2006-03-17 02:53 | 警官の嘘

乗り換えとか。

ここ数日、自分で見に行って思ったことや確認してきた事を書いています。

植草氏の無実を確信していて、事件は変だという事を言うのなら
あの事件があった時に真っ先にこうして現場を見に行って書くべきだったのでしょうが、
当時はそんな事すらも思いつかず、出来ませんでした。今更後悔しても遅いけど。

でも本当に見てみて、実際どうだったのかという事だけでも記録に残しておきたいし、
今後このブログに初めて辿り着いてくれた方にもよくわかってもらえるのではと思ったので行ってきました。

やっていることが遅すぎるという認識は充分すぎるほどあるんですよ。
植草氏や植草氏を支援する方々、私がしていることがもし不愉快だったら許してくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0030009_2261156.jpg

上の写真に写っているのは、2階です。
手前が3階から2階に向かう下り。
奥が2階から3階へ向かう上り。

警官は下りエスカレーターを降りてから上りに乗り換える時、この距離を2、3秒で歩いて移動したそうです。《最終弁論弁論要旨要約第3-2-3-C》
この距離、私の歩幅では19歩もあったんですよ。
足早に歩いてもとても2、3秒では無理でした。男性でも無理じゃないかと。
いくらなんでも大人の私が19歩も歩く距離を男性だからといって2、3秒では
歩けないと思いますよ。

乗り口に居るのを見たと言ってみたり、
すれ違ったと言ってみたり・・・・。
もし真ん中ですれ違ったのなら、同じ時間かけて警官は2階に到着し
同じ時間かけて植草氏は3階に到着しているわけなんだから、
そのあと、警官がこの写真のエスカレーターを走らず、歩いて乗り換え、乗り口に着いたとき
植草氏が3階に着く少し手前に居たなんて光景を目撃できるわけないんですよ。

この警官。どの証言をとっても、
あっちが正しいとすればこっちが辻褄が合わないというような感じですね。


上の写真のように下り→上りで乗り換える時は反対側までぐるっと回らないと乗れないのが普通の構造。
けれど、下り→下りとか上り→上りは下の写真のように歩いても3、4歩なのが普通の構造。
a0030009_2313188.jpg

真ん中でもしすれ違っていたら警官が上りに乗り換えようとしている間に
植草氏はとっくに次の階に向かう上りに乗り換えているんですよ。
3階に着く少し手前に居る事はありえないんですね。全く。
経過した時間とかを完全に無視した証言ですよね。
[PR]
by yuutama1 | 2006-03-16 02:57 | 警官の嘘

すれ違えるのでしょうか

昨日はエスカレーター中央から振り返っただけでは乗り口を見ることは出来ないという事を書きました。
私は、絶対無理だという事をこの目で確認してきましたが、
万が一、振り返っただけでも見ることが出来たとしましょう。
しかし、乗り口付近を見れるのは中央の交差する場所以外はあり得ない事を書いておきます。
他の場所は下の写真を見てわかるとおり、壁があり、絶対に見ることはできません。
a0030009_1052622.jpg

見えたことが事実だとしても、このあとに続く警官の証言も釈然としないものがあります。

警官は目撃したときの状況をこう述べています。

下りエスカレーターのちょうど中央から乗り口を振り向いたときに女子学生は上りエスカレーターに乗って間もなくだった。その後ろに2人(志賀警官の証言では3~4人)他の客がおり、
その後ろに植草氏。植草氏は乗り口に居た。
被告人を観察しているうちに自分とすれ違った。と。
最終弁論弁論要旨要約第3-2-2-CとDより。》

果たしてこんな事が実際起こりうるでしょうか。

エスカレーターは上りも下りも常に動いているのです。
弁護士さんも書いていらっしゃいますが、
中央付近で立ち止まらずどうやってこんな状況が出来上がるでしょうか。
(立ち止まったという証言はしていないし一人乗りで狭いので立ち止まれない)

最終弁論弁論要旨要約にも書いてありますが、
このエスカレーターの移動時間は18~19秒。
私が実際撮影した携帯の動画では20秒でした。しかし、私は完全に降りてから撮影を止めたので、ほぼ19秒で間違いないと思います。

ということは、エスカレーターは乗ってから中央に行くまでに9秒はかかるという事です。

警官はちょうど中央で植草氏が乗り口に居るのを見たのではなかったのですか?(第2回志賀12頁「ちょうど真ん中辺りですね」)。
それなのに見ているうちに植草氏とすれ違ったのですか?
矛盾していないでしょうか。
乗り口に植草氏が居たのを中央で見たのなら、植草氏がその中央まで上がってくるには
9秒かかるのです。
中央に居た警官も同じ9秒が経過して下に着いているはずではないですか?
完全に破綻していますよ。
こんな事を平気で納得できた裁判官はすごいなと思います。

私が確認した限りでは、警官の証言には『事実』の裏付けがたったの一つもないのです。
このような全く不可能な話であったり、全く事実の裏付けの無い証言が信用され、
有罪の根拠とされている状況に怒りを覚えずにはいられません。
[PR]
by yuutama1 | 2006-03-15 00:57 | 警官の嘘

最初の目撃から嘘?

昨日、位置関係と題して書いた投稿の最後に、エスカレーターの乗り口は振り返っただけでは見れないと書きました。

警官は、以下のように証言をしているようです。
下りエスカレーターのちょうど中央あたりから、(身体を外に乗り出すことは無く)振り返り、上りエスカレーターの乗り口に居た植草氏を見つけた。と。

「エスカレーターの外に顔を乗り出しては見ていません」「(振り向いたぐらいですか。)そうです。」(第2回志賀35頁)《最終弁論弁論要旨要約第3-1-2-2-a》

振り返っただけでは絶対に上りエスカレーターの乗り口は見えません。
交差しているちょうど真ん中あたりはこんな感じです。↓
a0030009_174115.jpg



乗り口まで見ようとすると、身体をかなり乗り出して見ないと見れません。
(下りエスカレーターの上の方から見れば見れると思う方もいるかもしれませんが、中央まで下がってこないと、4階から3階への下りエスカレーターの壁がじゃまで見ることはできないのです。それよりなにより、見たという警官が中央から見たと言っています。)

下の写真は私が下りエスカレーターからかなり身を乗り出して立ち止まり、
上りエスカレーターの乗り口を撮った写真です。
a0030009_112749.jpg

写真を見ていただくと私が結構身体を乗り出して撮影していることが・・・少しわかっていただけないでしょうか。。。。(本当はこの写真を撮っている私を撮影したものがあるといいのですが・・・ありません。)

警官が言う植草氏の居た場所(上りエスカレーターの乗り口)というのは、
警官が居た位置(下りエスカレーターの中央)から振り向いて見えるとかいうものではなく、
手すりにつかまり身を乗り出し、覗き込んでやっと見えるといったような感じです。
思いのほか自分の乗っているエスカレーターの手すりやエスカレーターによくある透明の仕切り板などが邪魔になって視界は限られるのです。
エスカレーターは動いていますから中央の視界の開ける部分はすぐ通り過ぎてしまうし。
振り向いて見ただけなら↓の写真よりもう少し下が見える程度です。
a0030009_1203393.jpg


上りと下りのエスカレーターがもっと離れていたら振り返っただけでも見れると思いますよ。
でも写真でわかるように、一人乗りの細いエスカレーターがくっついている構造で、
振り返っただけでほぼ真反対に位置する場所を見るというのは無理なのです。

因みに、志賀の直後を付いていた末永は,志賀が下りエスカレーターの中間地点で上りエスカレーターの乗り口付近を振り向いて観察していた様子は見ていないと述べている(第4回末永25頁)。《最終弁論弁論要旨要約第3-1-F》

どういう事でこんな事件になったのかわかりませんが、
初めての目撃場所とされる場所を見て、偶然目撃して追尾を始めたというのは
嘘なんじゃないの?という気になります。
だって見れないはずの場所が見えたって言っているんですから。
[PR]
by yuutama1 | 2006-03-14 02:01 | 警官の嘘

位置関係

今日はとりあえず、位置関係だけ。

横浜では以下のような感じだったのです。
駅前広場から駅ビル1階へ入り,すぐに見つけたコインロッカーへアタッシュケースを預けた。《最終弁論弁論要旨の要約(第2の2)》
当日午後2時10分頃,被告人は,コインロッカーへアタッシュケースを預け終わると,
フロア案内図に表示されている駅ビル「シァル」5階の書店に向かうため,
同ビルの中央の上りエスカレーターで2階まで上がった。
しかし,そのエスカレーターが2階で途切れていたため,さらに上層階へ向かうため,
人の流れについて右回りに移動し,3階へ向かう上りエスカレーターの乗り口へ着いた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と《最終弁論弁論要旨の要約(第3の1-1)》にあります。

実際見てきたら、
駅の改札口のすぐ前にエスカレーターがあって、
それを登るとそのエスカレーターはそこで終わっていて、
そこから少し離れた所に茶色の一人乗りのほうのエスカレーターがありました。

横浜シァルにはエスカレーターが2つありました。
駅の外から入れて、1階からずっと続いている赤い手すりの広めのエスカレーターと、
一旦2階で途切れ、2階から5階まで続く茶色い手すりの一人乗りのエスカレーター。
a0030009_11351968.jpg

↑赤い手すりの広いほう(駅ビルの端っこに位置する目撃場所とは違うエスカレーターです)

a0030009_10264862.jpg

↑茶色い手すりの一人乗りのほう(駅ビルの中央にある)こっちが問題の場所なのです。

『ジャパンポンチ』創刊号でも写真が載っていたように、
警官らが植草一秀氏を初めて目撃したと言っているのは
一人乗りの方のエスカレーターです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

志賀が最初に被告人を目撃したのは,横浜シァル内の3階から2階へ向かう下りエスカレーター上のちょうど中間地点であった(第2回志賀12頁「ちょうど真ん中辺りですね」)。
最終弁論弁論要旨の要約(第3の2-1)》

中央付近でのぼりとくだりが交差していますよね。
この写真ではわかりませんが、3階から2階に向かう(志賀警官らが乗っていた場所)
下りエスカレーターの上には4階から3階に向かうエスカレーターが設置されています。

この交差の部分から警官は振り返って2階から3階へ向かうエスカレーターの
乗り口付近に植草氏が居たのを見たと言っているのです。
後でまとめて写真と一緒に書きますが、ここからでは上りエスカレーターの
乗り口
振り返っただけでは絶対に見えないのです。
a0030009_13143528.jpg

[PR]
by yuutama1 | 2006-03-13 12:30 | 警官の嘘

写真撮ってきました。

やっぱり実際みてくると、弁論要旨に書いてあったことが
すごくよくわかりました。

今回見てきたのは、最終弁論弁論要旨の要約の中の
第3 横浜駅ビル「シァル」内における被告人の行動の目的と態様

第4 横浜駅構内における被告人の行動
までなのですが、

もう、あの志賀・末永警官の証言、でたらめもいいところだったんです。
横浜シァルで色々見てきましたが、
本屋さんは前にも書きましたが、すでにあの事件のあと閉店していて、
弁論要旨に出てくるボンサンスと言うお店も今はありませんでした。
でも、元あった場所はちゃんと従業員の人に聞いてきたので
大丈夫です。

なんというか、全くもって無理な事を平気で証言しているのに、
それがそのまま通っているって言う事に驚いてしまいます。
裁判なんですよ。裁判。
実際、どうやっても無理だったりすることが通ってしまうなんてどうかしてますよ。

今回見に行って、志賀警官らは偶然植草氏を見つけたわけでもなく、
誤認逮捕でもないんじゃないかという気持ちが以前よりはっきりしたように思います。
一緒に行ってくださった応援団長さん。どうもありがとうございました。

明日からまた書きますが、今日は
長野智子さんのBlogに『人質司法』というエントリーがあったのでリンク。
[PR]
by yuutama1 | 2006-03-12 23:35 | 警官の嘘

横浜の証言の嘘

JR品川駅での警官の目撃証言の矛盾はよく書いてきたのですが、
それだけではなく、横浜シァルでの目撃証言の供述も嘘ばっかりです。

まず、横浜シァルのエスカレーターは一人乗りの狭い
エスカレーターだという事はご存知でしょうか。
(ジャパンポンチ創刊号に写真が掲載されています※購入はこちら

そして、中央部分でのぼりとくだりがクロスする構造です。
エスカレーターの移動時間は乗ってから降りるまで18~19秒間。

志賀巡査部長・末永警官の証言をまとめると、

■下りエスカレーターに乗っていた時、中央の交差している部分で
  上りエスカレーターの乗り口にいた植草氏を最初に目撃した。

■自分達の前にも乗客がいた。(志賀警官)
  自分達の前に乗客は居なかった(末永警官)
    (ここですでに同じものを見ていた筈の二人の意見が違う。)

■植草氏の前には3~4人乗客を挟んでその前に高校生が居た。

■下りエスカレーターから上りエスカレーターに乗り替えるのに足早に歩いた。
   (走ってはいない)
■その際に経過した時間は2~3秒だった(志賀警官)
   2~3秒では乗れないと思う(末永警官)

との証言をしています。

まず、
エスカレーターの移動時間を考えると、志賀警官らが下りエスカレーターを降りたとき、
植草氏は上りエスカレーターの中央。エスカレーターの終点まで残り約9秒です。

前に乗客がいる状態でエスカレーターを下りてから、
2~3秒でどれだけ前に進めると思いますか?
どこかのデパートで試してみてください。1、2歩歩けるだけです。
上りエスカレーターから次の上りエスカレーターに移動するのは2~3秒かもしれない。
しかし、下りから上りに乗り換えようとする時、エスカレーターをぐるっと回らなければ
ならないのです。3秒で出来るでしょうか。
自分で確認したものでなくて申し訳ないですが、
弁論要旨では、『実際には足早に歩いても12秒を要する』と検証しています。

12秒経っていたら、植草氏はすでに警官らが乗り口に着いたそのエスカレーター上には居ません。
万が一、植草氏が居たとしても、3~4人、人を挟んで乗っていた高校生は絶対に居ませんよね。
何をどう目撃した証言をしているのでしょうか。



志賀警官の証言が全て正しいとして考えても矛盾があります。

志賀警官が上りエスカレーターに着いた時、植草氏は3階に着く少し手前に居たと志賀警官は言っています。
そして100歩譲って乗換えが3秒でできたとします。

志賀警官は植草氏が上りエスカレーターの乗り口に居たのを
エスカレーター中央で最初に目撃しているのです。
そしたら、下りエスカレーターの残り半分で9秒経過。移動の3秒で合計12秒経過。
乗り口に居たはずの植草氏がどうして19秒かかるエスカレーターの3階に着く少し手前なのでしょうか。
どうやっても説明がつかないのではないですか?

矛盾が無い証言は正。矛盾のある証言は嘘。なのでは?
矛盾は多々あるが正しい。なんて事は通用しませんよ。普通。
どれもこれもベテラン警官だからという事だけで問題なしと思えるでしょうか。

3秒で乗り換えられたとか、もう全くありえない話が通っているんです。
出来るというなら、現場に連れて行って一回やってもらったらいいんですけどね。

この裁判の検証の杜撰さには呆れるばかりです。

http://www.geocities.jp/yuutama_1/
↑上記サイトも見ていって下さいね。
裁判資料が置いてありますし、品川駅の写真も掲載してありますので。

植草氏のスリーネーションズリサーチ株式会社HPはこちら
コラムも更新されていましたよ。(昨日)
[PR]
by yuutama1 | 2006-01-18 12:59 | 警官の嘘

嘘はすぐわかります

昨日出した動画にくっつけても書きましたが、
あの人ごみを見ていただけたでしょうか。
対向する下りからも何の障害物も無しで、丸見えの状態を。
あっという間に終点に着くこともわかっていただけると思います。
エスカレーターは本当に短い時間だったし、すごい人でした。
随分前の、宮台氏の
『あの場所でそんな犯罪を犯す人は相当な根性だと思う』と
おっしゃっていたのがよくわかりましたよ。

時間で思い出しましたが、
全く時間的に無理だと現場ではっきり確認できるであろう嘘が
あります。
最終弁論弁論要旨要約を読んだ方はご存知かと思いますが、

第3 横浜駅ビル「シァル」内における被告人の行動の目的と態様

1 2階から3階へ向かう上りエスカレーター上

③ 志賀の移動(追尾開始)の態様

です。読んでみて下さいね。一応一番下に貼り付けておきます。

こんなめちゃくちゃな証言をしているのにもかかわらず
傍聴している記者も何も書かず、
裁判長さえ平気な顔をしているのは何故でしょう。

現場に行って確認すればすぐに真偽が確認できる嘘を
裁判長は検証していないんですよ。
これも、いつか横浜に行ったときには写真も映像も撮ってきて、
嘘をはっきりわかるように出そうと思います。

一つ一つその場に立って確認すると、ほんと警官の嘘八百がわかる事件です。

**********************************

(a) 志賀は,下りエスカレーター上の中間地点から,
上りエスカレーターの乗り口付近に立っていた被告人がエスカレーターに乗るところを観察し,
怪しいと思い込み追尾するためにエスカレーターを
2階で降りてから反対側に位置する上りエスカレーターまで移動して乗り込んだ,
ということである。

(b) しかし,2階で上りエスカレーターに乗り
3階に到着するまでには18~19秒間かかるのであるから(第2回志賀30頁,弁3,弁4),
下りエスカレーターの中間地点から2階へ降りて上りエスカレーターの乗り口へ到着するまでには
8~9秒間を要する。

この下りエスカレーター上の状況について,
「あなたの前は,だれかお客さんがいましたか」と弁護人から質問を受けた志賀は
「いたと思います」と即答し(第2回志賀13頁),
さらに「あなたの前にはお客がいたんでしょう」と弁護人が念を押すと志賀は
「はい」と即答した(同30頁)。

従って,志賀が下りエスカレーターを2階で降りたのは被告人を発見した時点から
8~9秒経過後となる。なお,志賀に続いて証言をした末永は,
志賀の前に客はいなかった,志賀が足早に下りて行ったという証言をしたが(第4回末永3頁),
末永の証言には矛盾や変遷が多々見られ,記憶も曖昧だと述べるほどで信用性がない。

さらに,志賀は下りエスカレーターの降り口から,右側のシャツ販売店
「ボンサンス」の横を回り込むようにして上りエスカレーターの乗り口まで
移動したが(第2回志賀31~33,同調書添付略図2志賀記入部分)
,この経路は足早に歩いても実際に12秒間を要する。この移動に
要する時間について,志賀は2~3秒間だと供述するが
(第2回志賀33頁),まるでホップ,ステップ,ジャンプと跳ねたと
説明するようなものであり事実を無視した全く荒唐無稽な説明である。

末永はこのときの状況について
「右回りに,足早に2階から3階のエスカレーターのほうに歩いていきました」
(第4回末永24頁),
「2,3秒じゃあ乗れないと思いますね」(同26頁)と説明している。

とすれば,志賀が被告人を発見してから上りエスカレーターへ乗り換えるまでに
合計20~21秒間を要し,他方,エスカレーターに乗った被告人は
18~19秒間で3階へ到着した後4階へ向かう上りエスカレーターへ乗り換えている。
因みに,志賀は,上りエスカレーターに乗り込んだとき,
被告人は3階に着く少し手前だったと説明しているが(第1回志賀7頁),
被告人がエスカレーターの乗り口付近からその位置に至るまでには15~17秒間を要すると
推測され,志賀も14~15秒を要したように説明している(第2回志賀34頁)。

しかし,もしも志賀が下りエスカレーターを足早に降りてから
2階のフロアを走って移動したのであれば,これほどの時間が経過している訳はなく矛盾する。
[PR]
by yuutama1 | 2006-01-05 08:44 | 警官の嘘

動画UPしました。

高輪口の動画UPしました。
HPのTOPから右上にあるJR品川駅高輪口動画に進んでください。
音が出ますので注意。
[PR]
by yuutama1 | 2006-01-04 00:40 | 警官の嘘
今までの写真を見ていただいてもわかるように、品川駅はやはりすごく人も多かったです。
皆さんコメントで仰るとおり、罪をきせるにもあんな場所を選んでしまったのは本当にミスだと思います。
誰しも疑問を持つのではないでしょうか。
絶対にこの事件は裏に何かあると思うのですよ。私は。

ちょっとHPの中に写真を置くページの作成にとりかかるのでまた、
来週の初めくらいから残りの写真はUPします。

写真があるとやはり行った事が無い人でもよくわかると思います。

エスカレーターの真正面からカメラが(それも上下から)捉えていますので、
エスカレーター上の出来事が映っていないわけがないですね。
これを確認して欲しいとの訴えを無視し、10日も過ぎてから
詳しい説明も無く、映像は消去されていたという返答はどう考えても
警察に不都合なものが映っていたから意図的に隠蔽されたのでしょう。


下りのエスカレーター上から上りのエスカレーター上の人がどのように見えるかも、写真で良くわかると思いますし、階段からはエスカレーターが見えないという事もわかっていただけると思います。
見える場所に居たはずの下りエスカレーターの人は何も不自然な状況を見ていないのに、
物理的に見えない場所に居たはずの警官は事細かに状況を説明できる。
ふざけた話ですよ。


水戸黄門様が仰っていましたが、いつ警察がカメラの映像を確かめに品川駅に問い合わせたのか裁判ではその話は出なかったのでしょうか・・・。
どうだっただろう・・・。

全て傍聴して内容を知っているのは記者の方とあと植草氏くらいだと思うので、
植草氏の本に期待します。
[PR]
by yuutama1 | 2005-11-06 23:29 | 警官の嘘