「ほっ」と。キャンペーン

植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー

<   2005年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

無題。

Nobody Knows さん記事の紹介ありがとうございます。
少し県警からの回答が載っていたので、
時が経ってしまって消えてしまうといけないし、ここに記事を転記します。
(植草氏の場合と比較しての質問はされてはいませんが・・・。)

本当は、ずっと迷っていたのですが今日こそ仕事から帰ったら神奈川県警に電話して
問い合わせて回答をここに投稿するぞと思っていたところのコメントと記事でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『警官盗撮立件せず…県警HPは撮影できなくても「罪」』

警察官による盗撮が相次いで発覚した神奈川県警が、盗撮の画像がカメラに残っていなかったことなどから立件しなかったケースがあったのに、県警ホームページ(HP)では「盗撮は撮影できなくても、行為自体が犯罪であり罪を逃れられない」と呼びかけていることが分かった。県警は「HPは(犯罪行為は必ず立件すると)誤解を招く記載内容だった」と釈明している。

 県警は、女子高生のスカート内をカメラ付き携帯電話で撮影しようとして取り押さえられた中原署の巡査長を減給処分とし、巡査長は依願退職した。巡査長は盗撮しようとしたことを認めたが、県警は「画像が残っておらず、盗撮にあたらない」と判断した。

 一方、県警のHPは、「痴漢等迷惑行為相談所のご案内」で、質疑応答の形式で盗撮について説明。「写ってなければ罪にならないの」の問いに、「カメラを壊して証拠隠滅を図っても、罪を逃れることはできません」と回答。「盗撮目的でスカート内にカメラを差し出したが、撮影できなくても罪になるの」の質問には、「罪となる」としている。

 県警の松本治男警務部長は「元巡査長の行為は、県迷惑防止条例違反に該当するかもしれないが、立件するか否かは、証拠に基づいて総合的に判断するもので、問題ないと考えている」としている。
(読売新聞) - 6月30日16時13分更新

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■「HPは(犯罪行為は必ず立件すると)誤解を招く記載内容だった」

■「元巡査長の行為は、県迷惑防止条例違反に該当するかもしれないが、立件するか否か    は、証拠に基づいて総合的に判断するもので、問題ないと考えている」


そうきましたか。
この一件に対する言い訳を聞くだけでも神奈川県警は嘘つきだと良くわかる回答です。

証拠に基づいて総合的に判断するもなにも、警官の逮捕は鉄道警察隊の現認だったはず。
鉄道警察隊の現認は証拠にはならないと言う事ですね。
現場を見たという鉄道警察の話はいったいどこへいったんでしょうか。

証拠に基づき判断するなら、植草氏の事件ほど証拠が何もないものはないでしょう。
何もしていないから証拠がないわけですが。


ところでこの記事はネットだけのものなのでしょうか。
16時とか書いてあるから、新聞に載ったとしても夕刊なのかな。
できればもっと様々なメディアが追求してくれるといいのだけれど。
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-30 21:42 | 警察・検察

続き

また、続きだけど、この捕まった警官は鉄道警察隊の警官に現場を見られ、
その警官を殴った?(暴力を振るった)らしいですね。
一般市民がこれをやったら・・・。
取調べ室では、容疑否認なんて一切聞いてもらえないだろうし
暴力を振るった事でも合わせて処分されるんでしょう。
神奈川県警も、一旦は捕まえたけどでも犯罪ではない。とはまず言わない、
とんでもない悪人のように言われるわけですよ。

警官殴っておいても、自分も警官だったから問題は無いとされる。
この捕まえたと言っている殴られた鉄道警察隊の警官も、
この処分を何とも思わないんでしょうか。
大熊裁判長や志賀巡査部長にもこの件はどう思っているのか聞きたいです。
どこかの雑誌が突撃取材してくれないかな。『どうおもいますか?』って。

植草氏の事件、真相に迫ろうとするメディアがあまりにも少ないと思うんですよね。
なんで今回の件、TVや雑誌でもっと大きく取り上げられないんだろう。
植草氏が容疑をかけられた事件と真逆の対応をしているからその疑問は誰もがもつだろうし、
警察からの返答もその場しのぎの嘘ばっかり。
だから自分たちで作ったQ&Aと違う事を言ってしまうんですよ。
もっと大きな問題として世間様に知ってもらいたい。
はっきり比較対照できる事件もあるんだし。
植草氏の逮捕への疑問を持つ方も増えるのではないかと思うけど。

だって実際、とてもおかしな話だと思うんですよ。
逮捕された警官たちへの対応が適正なものなら、
植草氏への対応(立件やその他)は不適正であったと言う事になるのではないかなぁ。
どっちかの対応が正しければどっちかが間違っているのが普通でしょう。
どっちも正しい対応だと言い張るのは無理があるとおもうんですよ。

植草氏の無実の主張やその証明を無視した裁判に納得できないのは
ずっと言っている事なんだけれど、
同じ容疑を同じ鉄道警察からかけられて、この対応の差があるというのも納得できない。
この事件は忘れませんよ。
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-30 02:44 | 警察・検察
この間、投稿した県迷惑防止条例の詳細な規定が知りたい・6月25日投稿。とか
明確な規定は本当にあるのか?の疑問に対して、
ひとつの規定のようなものが見つかったので、今日も書こうと思います。

■県警は「盗撮未遂は県迷惑防止条例に抵触しない」として公表せず
■「撮影はしておらず、盗撮に未遂罪はない」
の二つの神奈川県警の言い訳を書きました。

これは神奈川県警監察官室というところが発表した見解のようです。

それで今日、神奈川県警のサイトを見ていたら、なんとそこに書いてあった事は。

Q:  盗撮されても写ってなければ罪にならないの?
A:  人のスカート内などを盗撮する行為は、迷惑防止条例の中の卑わいな言動に
    該当します。盗撮犯人がカメラを壊して証拠隠滅を図っても、
    盗撮という行為自体が犯罪ですので、罪を逃れることはできません。
Q:  盗撮する目的でスカート内にカメラ等を差しだしたが、撮影できなくても罪になるの?
A:  盗撮という行為自体が犯罪となるので、撮影できなくても罪となります。

だそうです。
自分の所のサイトで言っている事と全く今回の処理違いますね。
よくもまぁぬけぬけと、

神奈川県警監察官室
上記の二つのコメントや、
「原則、停職処分以上」とし、「身内に甘いとは思っていない。いずれも厳正に処分した」
なんて言えますね。

ここは植草氏を応援するサイトなのに、ここ数日神奈川県警批判サイトになっていますが、
神奈川県警とは本当に腐りきっていますね。

この神奈川県警のサイトは今回の警官の処分とは完全に矛盾しています。
もっと追求すべきですね。
今回の警官の事件の処理が正しいものであったかどうか、それが正しいのであれば
植草氏の事件の立件自体が正しいものであったのかどうかもあわせて
神奈川県警にきちんとした基準と回答を示させるべきです。

植草氏はまず普通に立っていただけなんですよ。
鏡を出していたなんて警官が言っているようですが、ただ言っているだけです。
本当に鏡を出しているところを目撃したら、その手を押さえずにボケッと見ている警官なんて
いませんよ。嘘八百です。
こういうのを色々見ていると、防犯カメラの映像が消えたのも、意図的なものだと確信します。

こんな神奈川県警に人を逮捕する権利なんて与えておいて良いのでしょうか。
目茶苦茶やりますよ。
もしかしたら、このサイト真面目な警察官の方も見てくれていて、
その方にとっては不愉快かもしれません。
でも、実際に一部の警察・警官は自分たちが捜査の権限を握っているのをいいことに
やりたい放題。
普通に『犯罪者』といわれる人より神奈川県警はタチが悪いと思う。
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-28 04:21 | 警察・検察
コラム更新されていましたよ。
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-27 21:23 | 植草一秀氏

無題

情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
さんを読んでなるほどねと思ったので一言。
確かに、捕まえた相手が警官の場合、不祥事で叩かれる事を警戒して、
証拠隠滅して、画像が無かった事にしたという事も充分考えられますね。
一般人を逮捕した場合、逮捕した以上、何とか罪を認めさせようと躍起になるのと逆に
警官を逮捕してしまった場合は何とか隠そうと躍起になるでしょうね。

やはり、取り調べは密室ではなく、きちんと弁護士立会いや、録音・録画が必要です。
多くの人がこの問題はずっと言い続けているけれど、警察は絶対に変えようとしない。

植草氏の取調べでは、認めなければマスコミに流すとか、様々な卑怯な方法が使われた。
例え誤認逮捕であっても、マスコミに話が流れた場合、植草氏は仕事も生活も
大打撃を受けることは容易に想像できる。
それをわかっていて嘘でもいいから自白をしろと言う。早くしないと時間も無いぞと脅かす。
録画があれば、この汚い手が使えなくなるか、例え使っても記録に残る。
容疑者が何も喋らなくても警官の質問だけで認めたような調書が出来上がってしまうのは
よく言われること。
こんな事をいつまで日本は許しているんだろう。

植草氏もおっしゃっていましたが、志賀巡査部長と植草氏、嘘発見器にかけたらいいのです。

追記:踊る新聞屋ー
さんもトラックバックしてくださったので。お読み下さい。
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-26 23:35 | サイト紹介
gooニュース

処分されるって、この程度だよ
トラックバックしていただいて初めて知ったのですが、
まだあったんですね。
神奈川県警の隠蔽。教えてくださってありがとうございます。

神奈川県警鶴見署の男性巡査部長(30)と横須賀署の男性巡査長(36)が、それぞれ女性のスカート内をカメラ付き携帯電話で隠し撮りしたとして、県迷惑防止条例違反容疑で書類送検されていたことが25日、分かった。

県警は2人を減給3カ月の懲戒処分とし、2人とも依願退職したが「基準に達していない」として、公表しなかった。県警では、中原署の男性巡査長(25)が盗撮しようとして取り押さえられ、減給処分を受けていたことが今月23日に判明したばかり。

県警によると、巡査部長は昨年11月、JR戸塚駅のエスカレーターで、女子高生(18)の後ろから手を伸ばして隠し撮りしたのを本人に気付かれ、交番に通報された。

去年11月じゃないですか。
植草氏の裁判もまだ係争中の時です。
コメントでもいただきましたが、植草氏の逮捕がどれだけ不当なものであったか
この事件で改めて思い知らされます。

基準に達していないというならその基準を明示せねばなんの説得力も無い。

植草氏の場合とこれら3人の警官の場合、それぞれどんな基準で処理しているのか
神奈川県警はこれを示さなければならないと思います。
植草氏もおっしゃっています。逮捕は直接人権に関わること。
取り決めが曖昧であってはならないと。

警官のこのような不祥事ははっきり公表しなければならないし、
警察官という職にあるからこそ、一般人のそれよりもっと厳しい処分でなければならないはず。

警官の不祥事は本当に多い。一般人よりも犯罪に対する意識が低いのは明らかです。
全ての警官がこんなのだとは言ってはいないのです。
しかし、警察組織の体質は表面上は市民の味方という立場をしめして、
裏では自分たちに都合の悪い事は全て隠すという事が根底に流れています。

なかなか内部を追及しにくいこの権力をタテにとって、こんなこと絶対に許されません。

昨日も書いたように、この件も、確たる法律の規定(基準)があるようには思えません。

植草氏は否認しているがために、その否認した事件をまるで認めたかのように公表され、
、33日間の拘留・家宅捜索されました。
その結果無実潔白だと言っているにもかかわらず全て職を奪われることになったのですよ。


長々書いてしまって、何が言いたいかわからないかもしれないですね・・・。
もっと文章を書く力が欲しい。


昨日今日のこの神奈川県警の事件を聞いてもう一度植草氏の裁判記録
読んでいただけると嬉しいです。
植草氏の裁判では、現認したと言っている警官の証言の矛盾も
はっきりと検証実験で証明されているのです。
公判で志賀が証言していますが、植草氏は逮捕など一言も告げられていないのです。
いつのまにか現行犯逮捕だとすりかえられているのです。
調書?に現行犯逮捕を告げたとある、しかし公判では告げていないと当の警官が言う。
全て裁判長はたいしたことではないと切り捨てる。
植草氏の裁判が公正なものだったとは私は決して思えません。
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-25 22:25 | サイト紹介

迷惑防止条例の詳細は

昨日、今日と書いている神奈川県警の元警官の事件ですが、昨日のは第一報。
後に、下記のような情報が出ています。

■県警は「盗撮未遂は県迷惑防止条例に抵触しない」として公表せず、
巡査長は8日付で処分を受け依願退職した。

■「撮影はしておらず、盗撮に未遂罪はない

迷惑防止条例の詳細な決まりはどこで調べれば良いのでしょうかね。
大枠は『迷惑防止条例』で検索をかければ出てきます。
本当の名前は『公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例』
というそうですが・・・。

第3条の
何人も、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、人を著しく羞恥させ、
又は人に不安を覚えさせるような卑わいな言動をしてはならない。
(東京都では第5条に同じ文言が。)

の違反なのだと言う事はわかりますが、もっと詳細な、
上にも書いた県警が話している『盗撮未遂は県迷惑防止条例に抵触しない』
という言葉はちゃんと文書で定められているのかどうか、どう調べればいいんだろう。
極端な話、
そこには携帯での盗撮は画像が残っていなければ犯罪とはならないとか
鏡は持っているだけでもいけないとか書いてあるんでしょうか。
                   注)植草氏の場合事実はポケットに入っていただけですが。

明確で詳細な決まりなどあるのでしょうか。
その場その場で対応しているのではないでしょうかね。
かなり怪しいのではないかと思います。私には釈然としない部分が多いですね。

それと、Webに出ている文書は似たようなものでしたが、
神奈川県迷惑防止条例と東京都迷惑防止条例は何か違うものなのかな。
詳細なこの条例の取り決めを読んでいないので、今のところ何もわからない。

しかし、たんなる根拠の無い直感ですが、この県警の言い訳は
詳細な取り決めが無いことを表しているように思うのです。
スクープされてあわてて取り繕った言い訳ではないだろうか。

いずれにせよ、神奈川県警は以前と何も変わっていないと。
この事件だってどうやって外に漏れてきたのか知らないけれど、
見つからなければずっと黙ってるつもりだっただろうしね。
県警の事件に対する弁解を聞くと、悪い事をしたとも思っていないみたいだし。

神奈川県警だけじゃない。どこの警察も線引きが曖昧なことが良くわかります。

植草氏に対しての対応と、この警官に対しての対応。真逆の対応ですが、
迷惑防止条例はこのどちらも矛盾無く説明できるように定められているのだろうか。

追記:神奈川はちょっとあれだったので、
    私の住む県の警察に問い合わせたところでは、『県の迷惑防止条例』は
    県のHPなどに出ているのが条例の全文であって、
    それ以上の詳細な取り決めは無いと。
    その条例違反があった場合、(HPにあるような全文)これと照らし合わせて
    その時判断しますからね・・・。
    これ以上の細かな取り決めなどは文書化されていません。との事だった。
    (あくまでも、私の住む県の場合)
    どういう経緯で制定されたのか知りたい場合は、議事録などの開示を求める事が
    できると思いますよ。と。
(神奈川と東京の問題だから、そこに問い合わせなければ意味が無いのはわかっている    のですがね・・・。とりあえず。)

これじゃ、後からその人その人に応じてさじ加減ひとつ、
いかようにもできるということかと思った。
植草氏の場合の『条例違反』。
根本が取り決めの無いはっきりしないものだという事がよくわかる。
この神奈川県警の問題、もっとTVとかで報道して、大きな問題にならないだろうか。
問題点がはっきり浮かび上がってくるとおもうのだけれど。

因みに各都道府県の迷惑防止条例はこちら
“はちのホームページ”さん
追記6月25日13:00
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-25 04:43 | 警察・検察

続き

昨日も書いた神奈川県警のこの事件。
一体どういうつもりなのか、怒り心頭で、仕事中にブログを書いてしまいました。

神奈川県警の腐った体質は相変わらずのようです。(警察全体と言うべきでしょうか)
この事件と植草氏の巻き込まれた冤罪事件は非常に似通っている印象をうけます。
しかし、『鉄道警察現認』以降の対応は正反対。
植草氏の巻き込まれた事件と比較した時、神奈川県警はどう釈明するのでしょうか。

監察官室の説明など全く意味不明ではないですか。

今回の事件、鉄道警察隊が現認し逮捕と言っているのでしょう?
報道では、手錠までかけられていると伝えられています。
それが何を根拠に
『盗撮はないと判断したが・・・』となるのでしょうか。
『現認』はどこへいったのでしょう。一旦逮捕したものをすぐ覆していますよね。
どういう根拠で現認した盗撮の事実がなかったと判断されたのでしょうか。
逮捕とか、そういうのそんな曖昧な取り決めでいいわけがないですよ。
この人は盗撮をしていないのに手錠までかけられたのでしょうか?

植草氏の場合はその逆で志賀警官も逮捕する旨を告げていないと証言しています。
事実が無かったどころか、警官が被害者だとした女性からも
被害届けを出した覚えは無いと検察に上申書がでているそうです。

はっきりと逮捕の手続きが取られ手錠までかけられた人が盗撮の事実がなかったとされ、
一方は職質を受け、自ら疑いを晴らすために交番へ同行した植草氏が立件されいつのまにか
現行犯逮捕にすりかえられている。
これをどう説明するのだろうか。
携帯は撮影した証拠がなければ無かった事になるの?
鏡はポケットにあったらそれだけでだめ?

上手くいえないけれど、これって変ですよね。

こんな不当な扱いがあるでしょうか。

この事件を聞き、法律に詳しい大熊裁判長はどう思うのか聞いてみたいものです。
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-24 15:38 | 警察・検察
神奈川県警中原署の20歳代の男性巡査長が今月上旬、
武蔵小杉駅(川崎市中原区)で、女子高生のスカート内を携帯電話のカメラで盗み撮りしようとしたとして、県警鉄道警察隊に取り押さえられていたことが22日、分かった。

 巡査長は調べに対し盗撮しようとしたことを認めたが、県警は「画像が残っておらず、
盗撮にあたらない」として減給処分にし、公表しなかった。巡査長は依願退職した。

 県警などによると、巡査長は4日午後10時ごろ、
同駅のエスカレーターで女子高生の後ろに立ち、手を伸ばしてカメラ付き携帯電話を
出したところを、警戒中の同隊員に取り押さえられた。

続きはここをクリック
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-24 01:50 | 警察・検察

無題

久々にコメントが入ったのでお返事をコメント欄に書いていたら足りなくなったので
ここに書こうかなと思います。
コメントありがとうございます。
うーん。やはり控訴しなかった事に関してはわかってもらえない部分があるのでしょうね。
植草氏のおっしゃる、控訴断念ではなく、『控訴拒否』という言葉に全て表れていると
思うのですよ。

植草氏がおっしゃるには、

『裁判は被告も原告も、裁判所が客観的な裁きを下す事を信じて争うものです。しかし私からみれば司法と言うものが到底信用できないものに映りました。この信用できない相手に自分の裁判をゆだねるわけにはいきません。』

私は、とてもよく理解できるんですよね。
自分で理解はできるのですが、それを上手に表現して伝えることがいまいち出来ないので、
近々植草氏が本を出版するとの噂ですし、それを読んでいただくのが一番かなと
書いておきましょう。
以前、『植草氏が司法に絶望して控訴しなかった、というのも以前は釈然としないものがありましたが、この記事を読んだ後は納得できます。』とジャパンポンチを読んでここに書き込んで
くれた方がいらっしゃったので、『ジャパンポンチ』も良いかと。
とてもわかりやすい良い記事だと思ったので、本当は全文ここにコピーしたい気持ちです。

まぁ、このブログに関しても、賛否両論聞こえてきますが、
頼まれて始めたものでもないので、私の考えを書き綴って自由にやっていこうかと
思っています。
逮捕から判決まで私には釈然としない部分が多いので、今後もそれは訴えていこうかなと
思っています。

因みにもうお読みでしょうが、植草氏の声明文リンクしておきます。
[PR]
by yuutama1 | 2005-06-24 00:27 | 植草一秀氏