植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー

<   2005年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ブログ紹介

よく、他のブログを紹介したりしていますが、
以下の文章、以前も紹介したでしょうか。
私の書いた投稿も多くなってきたので、調べられないし記憶が無い。

植草氏関連の情報はできるだけここに書いておきたいので、
かなり古い記事ですが、とりあえず紹介しておきます。


僕が尊敬するジャーナリストが,メーリングリストで次のようなことを言っていました.

植草一秀氏の裁判を傍聴して,無罪を100%確信しました

この事件,今まで関心がなくてテレビでやってても「ふーん」と見ていたのですが,そう言われて考えてみると確かに気持ち悪い報道です
そのジャーナリストの方が確信した理由の一つは,警察が植草氏を尋問し始めて最初に要求したことが「携帯電話を出せ」ということだったという事実.鏡ではなく携帯電話.つまり,犯行現場を押さえたわけではなく,植草氏が鏡を持っていることも知らなかったのが間違いないということです.いまどきカメラ付携帯くらい持ってるだろう,それで撮影が可能だろう,という筋書きだったのでしょうか.「被告人が加害行為(のぞき見)をしたことを現認した」んじゃなかったのか?!
(この文章は,ジャーナリストの方の情報が限りなく一次情報に近いと仮定して書いています)
マスコミ報道では,「都の迷惑条例違反の容疑で」とされていましたが,その条例というのが昭和37年に制定された「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」.確かに上手に略せば「迷惑条例」になりますが...こんなものを持ち出さないとならないほど警察が苦しかったのだろうと容易に推測できます.
今のところ自分で何が正しいのか断言はできません.近くの国会図書館で調べれば過去の新聞記事等から推測することは可能だと思いますが,マスコミの情報はウソもあるし(ウソだと分かったあとでも訂正記事を出さないし)警察の発表を垂れ流ししているだけなので,すぐには分からないと思います.

...とにかく,仕事に疲れていると,怪しい報道でマスコミに馬鹿にされてるのに気づかないことがあるということに気づきました.尊敬する人をさらに尊敬します.騙されないよう,明日もがんがれ.

small man lived with mathsciさん。

ここにも書かれていますが、嘘の警察発表を流しても
警察もマスコミも訂正はなし。
冗談じゃないよ。

このジャーナリストの方って誰なのでしょうね。
[PR]
by yuutama1 | 2005-11-30 23:59 | サイト紹介

コラム更新されています

皆様すでに読んだ後かと思いますが、一応・・・

昨日コラム更新されていました。

前回も書きましたが、
植草一秀氏の本が出るようです。
中旬予定との事ですが、もしずれても
遅くとも年末・年明けあたりには出るのかなと期待してます。

とても楽しみです。

約400ページって結構な量ですよね。
ちょっと厚めの本ですね。


 ↓仮
a0030009_22581632.jpg
[PR]
by yuutama1 | 2005-11-30 00:01 | 植草一秀氏
まだ、『予定』と書いてあったので、変わるかもしれませんが、
一応12月中旬発売予定だそうです。

出版社のHPを見つけて、申し込み先も書いてあったのですが
『予定』のようなので、今はとりあえずHPは紹介しないことにします。
探せばすぐにわかってしまいますが。一応。

以下、出版社HPより転記しました。

植草一秀・著
『ウエクサ・レポート
2006年を規定するファクター』(仮題)
本体価格1,800 円(予価)/四六判並製400頁

ウエクサ発会員向レポート「金利為替株価特報」2005 年版の総まとめ、
原稿用紙 800 枚プラス書き下ろし 100 枚、渾身の労作。
2005 年の経済状況、経済政策をリアルタイムで分析し、峻厳に価値判断し、
かつ再度自己検証し、大胆に 2006 年を展望する。
何があろうともウエクサは前向きに日本の、世界の経済動向を注視し、
諌め、提言する。
[PR]
by yuutama1 | 2005-11-29 02:34 | 出版関係

メルマガ紹介します

以前、よく書き込んでくださった小野寺光一さんのメルマガ。
随分以前の記事ですが、これだけリンクされてなかったので勝手にご紹介。

2005-03-24 配信のメルマガにも植草氏の件が書いてありました。

今回の植草一秀氏の有罪もそうである。「痴漢をしたとは認められない」し、
相手の女性も「のぞかれた」と被害を言っているわけでもない。
冤罪にはめたい志賀という警察員が「のぞきをしていた」ということを言うことで、
それを唯一の信頼すべき情報として、有罪になっている。しかし、私は、この志賀の
供述が二転三転していることから、捏造の可能性が高いと思う。

つまり司法は、マスコミにおもねった判決を出す傾向にあるということだ。

と書かれています。

以前も書いたけれど、何かの番組中に橋下?弁護士が裁判官は判決を出す際、
世論を気にすると言っていました。
世論は世論。判決は判決。
そんなものに左右されない証拠に基づく審理ができる者だけが
裁判官になってもらいたいものです。
裁判を受ける側はたまったもんじゃない。

起訴されれば99%有罪というのは全く異常。
それは起訴の時点で有罪をとる自信が無い限り検察が起訴しないからだと
言われていますが、そうではなく、
裁判官がきちんと審理をしていないという側面を現している数字でもあるのではないかななどと思います。

私は他の事件のことは詳しく知らないので、問題にしているのは
植草氏の裁判に限っての話なんですけど。


勝手に引用してしまってすみません。
この方のメルマガ登録はhttp://www.pressnet.tv/ こちらからのようです。
[PR]
by yuutama1 | 2005-11-28 12:28 | サイト紹介

本、読みました。

昨日投稿した本を図書館で読みました。
後日書きますと昨日書いてしまったのでとりあえず。

西部氏と小林氏の対談形式になっていて、
西部氏は植草一秀氏とも対談の経験がある人物で。

本の冒頭では、人の名前をあげて批判する以上、しっかりと論理を一貫させて
証拠もちゃんとあげて、ものを言うのが礼儀作法だと思っていると書いている。

でも残念です。固有名詞をあげてはいるが、なんの論拠もしめさないまま
言うだけだった。

まあこの本では西部氏が植草氏がどうのこうのと書いているというよりも、
一般論を語っているようだったけれど・・・・・。

この対談がいつ行われたものかによっても受け止め方は若干違ってはきますが、
でも、
出版の日付を見ると判決前。事実があったかなかったかを争っている時期に
部外者があったものだとほぼ決め付けて話を進めているのは私は嫌いだ。
これは友達同士で『雑談』しているのとは違うのですから。

少ししか書いてなかったけど、一応本の名前は
『本日の雑談2』です。
ほかの話がまともだっただけに余計残念です。

西部氏の発言が気に入らないというよりも、影響力のある人間の発言は
自覚し、もっと慎重であるべきではないかなと思ったという事です。
西部氏自体はそんな悪い印象は今までなかったので・・・。残念。
[PR]
by yuutama1 | 2005-11-26 18:27 | 植草一秀氏

ある本・掲示板

最近色々検索すると、植草氏の事件の事がどうもある本に少しだけ書かれているようです。
どんな内容で書かれているのかわかりませんが、気になります。
書いている人は・・・今は名前は伏せますがあまり良い印象がない・・・。
買う必要を感じないので明日図書館でも行って読んで来ようかと思います。
期待はしていません。また後日書きます。

それと、天木直人氏のHPにある掲示板で、よく植草一秀氏のことが
書き込まれたりしています。

良かったら行ってみてください。
天木直人氏HP

もしかしたら、メンバー申請のような事をして会員にならないと読めないのかも。
私は何故か読めますが・・・。

追記:普通に読めますね・・。読者からの投稿という欄でした。

最近の書き込みでは、植草氏のコラムを一部引用して掲示板に書き込んでいた方がいらっしゃって、最後に、
植草一秀さんや佐藤優さんなど、国策捜査の対象になったと言われている人たちに共通しているのは、国を思う気持ちの強さです。売国奴から国を守るために、一貫して警鐘を鳴らし続けています。

という書き込みもありました。
本当に植草氏の事件をはじめ、どうも変な事件を考えると、
この方がいうような共通している部分があるんですよね・・・。
[PR]
by yuutama1 | 2005-11-25 22:08 | サイト紹介

ブログ記事

踊る新聞屋ー。さんから、トラックバックをもらってとても考え込んでしまった。

自分がブログを始めたのがきっかけで多くのブログというものをを見るようになったけれど、日々のニュースなどを取り上げるブログには、
ただただ配信されたニュースをコピー/ペーストで伝えるだけのものあれば、ニュースに個人的意見を付け加えて書くもの、色々ある。

今日、丁度『ニュース23』でブログが定着した理由などを取り上げていて、
アメリカでブログが定着したわけのひとつは主張が美徳の国民性だからだとあった。
日本でも定着してきていますよね。

番組ではブログの事を
草の根ジャーナリズム・アマチュアジャーナリズム
と表現していたが、
もちろんそういう立派なものもあるけれど、
個人的には、ニュースを取り上げるブログなどは、
大半はかなりな低レベルなものだと感じています。

様々な事件の事を取り上げて、それについて何かをブログに書くのは良いと思う。
しかし書き方の問題はあるでしょう。
このブログを立ち上げるきっかけの一つにもなったと思う他のブログでの言いたい放題。
あれは自分の主義主張とかいうようなご立派なものじゃない。
人を叩く事だけが目的になっているのです。
事件の真偽という根本的な事すら問題にせずただ揶揄するものはクズだ。
一つ事件があればその裏では苦しんでいる関係者が何人もいるのです。
ふざけて書くものではない。そういう背景を考えるべきです。

当時、裁判の状況などをニュースで聞いていて、抗議の自殺を考えたという
植草氏の公判での言葉に、私はすごく心配で仕方が無かった。
でも、それさえも、人が命を絶ってでも抗議しようと考えるほどの事でも
茶化して書くバカでクズなブログはあったのです。

どんな事件でも、被疑者が無実を訴えているなら
もう少し、考えて、それから書くべきだと。
冤罪被害者を作り出すかもしれない重大なことであるのに、
単なる興味本位のブログ記事で加害者の一人になってならないと思う。
そんなつまらない中傷記事ひとつ書いたことで、その当事者のみでなく
その人を大切だと思う周りの人間全てが死にたいほど傷つくこともあると思うのです。

影響力の大きいTVで発言するコメンテーターでさえ、
誰かさんのようにバカな発言をする輩がいるのだから、
匿名で顔も出さないブログではもっとその発言の責任が希薄なものになっていると思う。

大手マスメディアにとってかわることは出来ないと思うけれど
草の根ジャーナリズムと表現されるように
あまりにメディアの嘘がひどい場合、真偽を見極められるブログが一致団結して
嘘を追及し、マスコミを圧倒することもあるでしょう。

ついつい悪いことを書き連ねてしまったけれど
良い面も悪い面もあると思うので、私もブログで発信する一人として
良い面をのばして行きたい。

当時の事を思い出してしまって複雑で、長いわりにまとまらなかった。
実際私は人のブログの事を批判できる立場ではない。
でも人それぞれなんだからいいか・・・・とは決して思えないんですよ。

ネットでしか情報発信のしようがない私は『ニュース23』で言っていた
ブログ=草の根ジャーナリズムには期待を持ってはいるのです・・・。
[PR]
by yuutama1 | 2005-11-24 01:37 | サイト紹介

植草一秀氏コラム更新

コラム更新されていました。

追記:今日、月刊BOSSの発売日ですね。
    昨日、月刊BOSSのHPが更新されなかったので、
    ずれ込むのかなと思っていましたが、22日に発売されました。
    今から買いにいくのですが、楽しみにしています。 
    
    
                   ↓今月号 
  
a0030009_19582872.jpg

[PR]
by yuutama1 | 2005-11-22 09:38 | 植草一秀氏

ブログとかHPとか

最近読んでいるお気に入りのHP。
平日は毎日更新される森田実氏のHP。
まったく不定期更新の宮崎学氏のブログ。

森田氏のブログは最近偏向メディアの話題が多い。
植草一秀氏をはじめ、前回紹介した森永卓郎氏、多くの識者の方々が指摘している
マスコミの偏向報道にはうんざりします。
判断する材料を与えず印象操作する事が卑怯なのはもちろんだけど
情報が偏っていようとも判断は自分でしなければいけない。

植草氏の事件も、ほんの少し考えれば
事件の不自然さに気がつくはず。
植草氏自身がインタビューに答えたり、
様々な所で様々な人が事件についての不可解さや不自然さを
語るようになって冤罪であるという認識が広まっているように思うけれど、
惑わされず情報を選択し、自分なりに判断する人が増えさえすれば
こんな人を馬鹿にしたような情報操作は意味が無くなります。

ところで、色んなブログなどを見ますが、植草氏の講演会に参加した方とかの
ブログでは植草氏を悪く言う人はまず居ないという事が驚きです。
以前からいい人だなぁという印象はありましたが、やっぱり
どんなきっかけであれ、実際の植草氏を知った人で
植草氏を悪く言う人は居ませんね。
もう随分前に書かれたブログを今日見つけたのですが、
この方もセミナーに参加された方のよう。その中で
『植草氏は何もしていないんだろうな。これは今後どんな判決が出ようともだ。』
と書いていたのが印象的でした。

悪く書くのも良く書くのも勝手だけど、
自分で事実を知り本当だと確信した上で書いて欲しいですね。

もう一つ、
宮崎学氏のHPは11月初めに、新しくなってブログ形式になりました。
毎日見るわけではないけれど、まとめて読みます。
内容は置いといて、
毅然とした態度で書く所が好きです。

宮崎氏のブログの事を出したのは、
11月7日のおつかい係りさんが代理で書いた
「miyazakimanabu.com Blog」の使いかた に、
植草一秀氏に関するコメントが少しだけ書き込まれていましたよ。
というのが書きたかったので。
[PR]
by yuutama1 | 2005-11-21 12:27 | サイト紹介
私は、植草氏の講演を拝聴する機会はないのですが、
はじめの一歩さんで『植草さんに質問してみた』との題で投稿されていたので
勝手にご紹介させて頂きます。
別に紹介とかしなくても、皆さんご存知のブログなのかも。
10月27日のセミナーに参加されたんですね。

他にも、男性の方がセミナーの事を書いていたブログがあったのですが、
忘れてしまった。
また、見つけたら紹介します。
[PR]
by yuutama1 | 2005-11-20 20:41 | 講演会・セミナー