植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー

<   2006年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

週刊現代の記事

個人的な事情で3日間お休みをいただいておりましたが、
ブログ再開します。

遅くなりましたが、週刊現代の記事読みました。

冒頭部分であたかも面会に行った同級生学生時代からの友人に話を聞いたかのように
書かれていますが、これも嘘ですね。
私が知った時点では(この週刊現代が出た後)
植草氏の面会に行った(面会に応じている?)知人は今のところ2人のみ。
この2人の中に植草氏の同級生学生時代からの友人という人はいません。

まったくの捏造記事。
この記事を書いた方も騙されたのかも知れませんけれど、
嘘であることに変わりはないです。
ひどい書き方ですよ。この長谷川さん。全部嘘のくせに。

どちらを信じるも自由かもしれません。
でも、私は嘘は書いていないんですよ。

よくここまで堂々と書けるもんだと思います。

本当のように堂々と書いてあるのを見てしまうと、嘘と思わない人も
いるのでしょうね。
話題の人を真偽はかまわず叩くのはそんなに面白いですか?
そんな記事読むのが楽しいでしょうか。
私は嫌です。

※コメント投稿・閲覧はログインユーザーに限らせていただきます。
 コメント投稿・閲覧ご希望の方は  こちら  から新規登録(無料)し、
 IDを取得してください。
[PR]
by yuutama1 | 2006-09-30 15:20 | 植草一秀氏

お知らせ

申し訳ありません。
都合により、暫くの間数日間このブログは休止させていただきます。
その間コメントの書き込みも閲覧も、ログインユーザーでも不可とさせていただきます。

たくさん心配してくださるメールをいただき、感謝しております。
ひとつひとつにお返事できませんが、個人的な都合で
暫くの間  『休止』  なのです。

えっと、何度も追記してしまいますが、
メールの中にブログをやめたと思っている方がたくさんいらっしゃって・・・
個人的な都合でちょっと今は更新できないというだけですので・・・。
[PR]
by yuutama1 | 2006-09-28 22:14 | 植草一秀氏
今日夕方、名古屋商科大学が植草氏を解任したとのニュースが出ていました。

とても残念です。

本来なら、今日27日(水)後期最初の講義が始まるはずだったのです。
解任の理由は、
拘置されているため、27日からの講義に出ることができないため
講義をする義務が果たせないと判断、職務規程に反するとして、1年間の雇用契約を解除した。との事。

職務規定に反するという事が解任理由のようですが、
植草氏は自分が起こした事件ではないと、否認しているのですから、
自ら反したわけではなく、いかにしてもこの状態では副えないわけですので、
休職という形が本来妥当なのではないかなと私は思うのです。

植草氏が以前早稲田大学の時に出したコメントに、
『大学には大学の已むにやまれぬ事情があったものと推察しておりました。』
というのがありましたが、
今回の決定も職務規定に反するということで、一応契約ですから、
致し方ないものだったのかもしれませんが、この判断はとても残念です。

随分前、水戸黄門さんというHNの方が書いてくださっていましたが、
学生の中に学長にかけあう人は居なかったのでしょうか。

これが逮捕されたということだけで推定無罪の原則を無視した理由の解任であれば、
一体どうしてと思うし、その対応は明らかに間違いだと思います。

しかし、今回のような解任理由であっても、
植草氏が無実をはっきりと主張している状態でのこの決定は
残念だと私は思います。
[PR]
by yuutama1 | 2006-09-27 22:24 | 植草一秀氏
2004年の事件が起こったときは、インターネットをしていてブログを見ても
面白がって書いているのブログばかりと言っていい状況でした。

でも、今回色々回ってみると、植草氏の逮捕に疑問を抱いていると書くブロガーは
少なからず居らっしゃるようです。
2004年の事件に不自然さを感じているからでしょうか。

ここで紹介してしまうと荒らされてしまうのでなかなか今はご紹介できませんが
この点に関しては前回のときより多少違う気がします。

植草氏がご自身のHPにお知らせを出されたことも良かったと思います。
私は会社のPCが押収されたことに関しては、なぜ?そこまで?という疑問を
持っていますし、コメント欄に書き込まれたご意見では納得はできません。

これについても疑問を持って書いているブログをいくつも拝見しました。

このPC差し押さえの情報は、植草氏がHPに特報のお知らせを出さなかったら
一切伝わってこなかったかもしれない情報です。
マスコミもそれまで伝えなかったし、今だってそれほど伝えているわけではない。
大々的に報道された前回の強制捜査と同じことでしょう?
今回だけ伝えないのはなぜでしょうか。

電車内の痴漢容疑で会社のPC差し押さえ。
少なからず一般市民が疑問を抱きそうな情報は当然警察側は流さないということもあるでしょうし、
このPC差し押さえを報道しないのはマスコミが権力に迎合して情報を選り分けて報道していることの一つの証明だと思います。

   
[PR]
by yuutama1 | 2006-09-27 15:27 | 植草一秀氏

会社PC押収の疑問

スリーネーションズリサーチのパソコンが強制捜査により差し押さえられた件について、
私はやはり疑問を抱かざるを得ません。

この類の事件で会社にまで強制捜査が入り、個人のではない『会社のパソコン』まで
差し押さえるというのは釈然としません。
素人が想像でどうこう言うのではなく、警察関係者やその他詳しい方なら、
通常ここまでしないであろうことはお解かりなのでは?と思います。

差し押さえようとすれば法的には手続きを踏めば可能ではあるという事はわかりましたが、
私が疑問を持っているのは、『その必要性があるのか』という点です。
その点については大いに疑問です。
まず、第一点目の疑問です。これからこのような疑問が増えていくだろうと想像できます。


植草氏の保釈が決まれば、弁護士さんなり、植草氏ご本人なりが記者会見等を行われることかと思います。
そうすればきっと被害にあったとされる女性と話が食い違う点は次々と出てくると思いますが、本来、弁護側の主張もきっちり伝える必要があります。

前回同様、両者の主張がわかってきたとき、その矛盾点に対して両者の主張を照らし合わせてみれば、どちらの主張がよりしっかりしたものなのかはわかると思いますよ。



それと、前回の事件の時からずっと植草氏の事件の事をかいていらっしゃる、
小野寺光一氏がメルマガで今回も色々と書いていらっしゃいます。
9.26日分小野寺光一の『政治経済の真実』より。
過去にもたくさん書いていらっしゃいますので、メルマガ右サイドバーの
最近の記事から興味のある方は読んで見て下さい。



※昨日も追記して書きましたが、ぐっちーさんのブログのコメント欄に
私のHNで書かれているものがいくつかあると教えて頂きました。
私が書いたものとそのまま受け取ってお返事している方が居ることには驚きましたが・・・。
私ではありません。
[PR]
by yuutama1 | 2006-09-26 10:10 | 植草一秀氏
※コメントはログインユーザーのみに設定させていただきました。
  コメント閲覧もログインユーザーのみになってしまうようです。
そのうち復活させますので。しばらくお待ちください。
  復活させました。25日12:20

●どこかの誰かが私のフリをしてぐっちーさんのブログのコメント欄に書き込んでいるようですね。
私ではありませんので。

色々報道がされているようですが、
反論できないのをいいことに勝手に書かれているものばかりですね。
売れればそれで良い。視聴率が取れれば後で嘘とわかっても別に構わない。
という事でしょう。

全部本当だと思って聞いている人など少数だと信じたいですが、
TVや雑誌などの影響力ある媒体でのああいった報道の仕方は
人権蹂躙以外の何ものでもありません。


報道に関しては
神州の泉さんが書いておられた、
警察発表は一つしかないはずなのに、それぞれによって書いてある事が違う
というのは至極もっともな指摘だと思いました。

第一報でさえこれだけいい加減なのですから、まともに受け取るのはおかしいですよね。
書く人のさじ加減一つでどうにでもなるのです。

週刊誌でも、
話題になったことを強調して書けば面白がって見る人には支持されるでしょうが、
そこに価値はありません。
真実はどうなのか自分で調査し掘り下げて書いた記事の方に価値があるのです。

マスコミは権力の監視をする機関であるはずです。
それは警察権力であったり、政治権力であったりするわけだけれど、一部の記者は
権力側が流した情報をそのまま伝えるだけということに屈辱を感じないのだろうか。
今反論できない人を叩くような事をして恥はないのだろうか。



今日も神州の泉さんが新しく植草氏の事で投稿されていたのでリンクさせていただきます。

ところで、植草氏のHPに出ていましたが、
植草氏は会社のパソコンまで差し押さえられているという事。
私は詳しい事はわかりませんが、こういう場合個人のものでもない会社のPCまで
差し押さえられるものなのでしょうかね。
ちょっと調べてみたいと思います。

追記:昨日の投稿のぐっちーさんの件についてはきちんと嘘であったことを書くことが必要だと思います。  
    前回の裁判で証言に立ったと言う事も真偽が確認できたら必ずここに書きます。
    いい年した大人があの開き直りは見苦しい。
[PR]
by yuutama1 | 2006-09-24 22:52 | 植草一秀氏
ここのコメント欄で信じられている

ぐっちーさんが植草氏の面会に行った
いかにもな話

という件ですが、確認がとれました。

ぐっちーさんは面会になど行っていません。
証言の件も嘘でしたこちらもお読みください

これは面会に行った方および、植草氏の弁護士さんに確認しました。
ぐっちーさんのブログの件についてどう思うのか答えてくださいと何度もコメント欄に
書かれていましたが、
確認中でしたので答えられませんでした。

ぐっちーさんの話はまったくの嘘です。
何がこれが本当の友達ですか?
あのブログのエントリーは完全に植草氏を陥れようとする意図で書かれています。
完全な悪意です。
ぐっちーさんは何故こんな嘘を書いたのか自分のブログで説明すべきです。



初めあのブログを読んだときからおかしいと思っていました。
面会に行ったと言う割には書いてあることといえばマスコミ報道で出ていることのみ。
だから確認してから書きたかったのです。

なぜ、このような事をするのでしょうか?
怒りが収まりません。
こんな全くの嘘があたかも本当のことであるかのように流されて、
みんな信じてしまう・・・・。
この方はなぜこんな悪意を持って書かねばならないのでしょうか・・・・。

コメント欄で僕の叔父さんだとまで書いていてこの話の信憑性を高めようとしていた方、
あなたは何だったんですか?

どう思われるのですか?
本当に叔父さんなら聞いてみてください。

前回の裁判で証言台に立ったと書いていること、これはまだ確認が取れません。
確認でき次第ここに書きます。


皆さんはどうして信用されたのですか?
僕は植草さんの友達だからと書いているからですか?
それだけで信じたのですか?


私は前回の判決後、この方(ぐっちーさん)と3度メールを交わしています。
もちろん本名も知っています。

こんな事をする人だとはその時思いませんでした。

どうしてこんな植草氏を貶めるような内容ばかりなんですか?
ここのコメント欄で書いてくださった方、
どうしていきなり本当かどうか疑わず、信じるのですか?

嘘だったのですよ


こういう場合だってあるんです。
だから何もかも鵜呑みではだめだと何度も何度も書いているのですよ。


証言の件も嘘でしたこちらもお読みください


追記:

神州の泉さんにまた新しい投稿があったので、リンクさせていただきます。



何人かの方々から非公開でメッセージをいただいておりますが、
お返事する事ができません。申し訳ありません。
ありがとうございます。9.23 8:40
[PR]
by yuutama1 | 2006-09-22 18:53 | 植草一秀氏
ブログ:神州の泉さんがとても興味深いエントリーを立ち上げていらっしゃいました。

リンクしても良いか伺ったところ、リンクしても良いですよと言っていただけましたので紹介させていただきます。

是非一度読んで下さい。
植草氏の今回の事件に関する疑問点など、
とてもわかりやすくまとめていらっしゃって、心から頷ける内容でした。

↓こちらです。

植草氏逮捕に関するメディアの独断性と偏頗性

追記:9月22日

コメント欄のほとんどが荒らしで埋まってしまっていますが、全く構いません。
私の投稿が流れて消えるわけではありませんし。

荒らし以外のご意見はきちんと拝見いたします。
私は自分で得ることの出来る限りの植草氏の情報を伝えてゆくだけです。
[PR]
by yuutama1 | 2006-09-22 00:00 | サイト紹介
皆さんは普通に考えて、犯罪を犯したなどとと断定した書き込みをすることに
何の罪悪感も感じませんか?

乏しい情報だけを根拠にして断定することに何の疑問も感じませんか?
これだけはやっぱりいけないことだと思いますよ。

もし、今後裁判になるのであれば、
前回のように様々な矛盾点・疑問点が出てくるでしょう。
そしたら自分で検証してみれば良いのです。

私は、その時自分なりの考えをここでまた報告します。

事実関係の真偽の見定めこそが最も重要なのです。

情報が無いまま、断定的に書くのはやめましょう。
様々な情報が得られ、その時私が検証した事に疑問点があれば、
その時問いかけてくだされば良いのです。
[PR]
by yuutama1 | 2006-09-21 10:43 | 植草一秀氏

情報に流されない判断を

今、警察発表しか情報がありません。
植草氏がこう言っているという言葉も、全て警察が出したものです。
もちろん被害者がこう言っているという言葉も全て警察が出したものです。

この警察発表は私は鵜呑みにしてはいけないことは前回学んでいます。
前にも書きましたが、前回、植草氏ははっきりと否認をした後の警察発表で
認めていると付け加えられ、発表されたのです。

これは日にちを追っていけば確認できる歴然たる事実です。
折角ここに来ているのだから、前回の事件の資料にも一度目を通してみてくださいね。
http://www.geocities.jp/yuutama_1/


ですから、繰り返しになってしまいますが
警察発表しかない今、『逮捕』という事実以外には何一つわかっていないのと同じなのです。
裁判は、検察側弁護側双方が意見を述べ合うところです。
それがTV報道・スポーツ紙・週刊誌となると傍聴している記者の書くものと言えば
まるで検察側しか意見を述べなかったかのような記事です。
そして結局それを見た人がブログなどに書き、その情報だけがたれ流される。

これは酷いでしょう。
だからTV等で伝えられない植草氏の主張はどんなだったのか、自分の知る範囲内でのそれをここに書いていきたいのです。
ちゃんと前回あったような法的手続きの問題もなかったのかどうか、わかる限りで書きたいと思う。
TVの報道を見て、その後、
植草氏はどう言っているのかなとこのサイトも見ていただければ嬉しいです。

今のTVの報道でもそうです。
植草氏が拘留されていて直接人の前に立って話すことができないまま
先に犯罪を犯したと決め付ける報道が視聴者に刷り込まれていくのです。
これは絶対に間違っている。一応知識人と言われる部類のコメンテーターも
その異常さを指摘するものもおらず、残念です。


今日の直言で、佐藤優氏が、
私は、私自身の経験からも、
洪水のように押し寄せるメディアの情報の中で理性的な判断はむつかしいものであるものの、注意深く事態の推移に対応する精神の強靱さは求められると思う。

と書いています。
[PR]
by yuutama1 | 2006-09-19 21:14 | 植草一秀氏