植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

車両の記憶&追記

毎日乗る電車でその時何両目に乗っていたか覚えているだろうか。

例えば、自分が降りる駅の階段や改札のすぐ近くに止まるのが3両目なので
乗る駅では改札から少し遠いけどいつも3両目に乗車します。だから今日も3両目でした。
という証言ならなるほどと思う。私もそうするから。

しかし、そういう証言ではなかった。
『並んでいる人が少なかった場所を選んで乗った』と証言しています。
そういう場合それが何両目だったか覚えているだろうか。
例えば1週間してから聞かれて思い出せるだろうか。

○弁護人 後ほど警察や検察官から確認されて、3両目というのがわかったということですか。
○証人 はい、そうです。


3両目というのは本当にわかるのだろうか。
何両目だったかというのは、本来なら思い出せなくても普通じゃないかなと思います。
別に何両目だったかは覚えていなくてもいいんです。
騒ぎを目撃した事には変わりないんだから。
他の車両でも同日に同様の騒ぎがあったなら何両目か特定し
どっちの騒ぎを見たのか特定しなければならないけど。

コメント欄でも書かれていましたが、
3両目と断定した(できた)のはある種の誘導もあったのではと思いたくなります。
確かに植草一秀氏が乗車していた車両での事を目撃したのだと
補強するための誘導に応えたようにも思えます。
それなら3両目として断言し車両を合わせることで逆効果のようにも感じる。
ぼんやりした記憶を確たるものとして証言しているように聞こえてしまうのです。
証人は証言を曖昧にしている部分が多いけれど、ここは断言しているのが引っかかります。
本当に思い出して証言したのでしたらそれはそれで良いのですが。
考え方によっては不自然にも感じるなと。

乗車位置というのは痴漢騒ぎという非日常のものを目撃する前の記憶です。
毎日使う電車との事なので、後日の記憶が上書きされている場合もあれば
過去のある日の記憶が残っている場合もあります。

覚えているのだろうか・果たして思い出せるのだろうかと思います。

追記:

今日も晴天とら日和さんで新しいエントリーが出ていた。
その中にスポニチ9月14日の記事で
左手をスカートの中に入れ、下着の上から臀部を触ったため、女子生徒は泣きながら振り向いて「やめてください」と声を出したという。
というのがあった。
いくつも過去のネットの報道を見直していたが気がつかなかった。

目撃者の証言は、左手はスカートの上だった。右に傾いて見えた。と言っていて、
熊八さんが
目撃者から見えなかった「右手」がスカートの中に入ったということを言いたいんだと思います。
右に重心がかかっていたというのも、スカートの下から右手を入れようとしていたと言うための伏線ではないかと。(身長差を考慮して)

と書いていらっしゃいましたが、どんどん辻褄があわなくなってきています。
スポニチが書いている記事も元はといえば捜査関係者のリークでしょう。
当時のリークとも合わない証言が連発です。
これだけ違ってくるのは(それも自己矛盾で自滅しているのは)
警察・検察が本当の事を言っていない証拠では無いだろうか。

これで、何故植草氏がここまで長い間勾留されなければならないのか。
植草氏の証人威迫の危険性など一切無い。
あるとすればこうして長期勾留で植草氏の口を封じ、
検察が自分達に都合の良いように情報を垂れ流し世論を操作する危険性だ。
こんな不当な勾留は即時撤回し保釈すべきだ。
[PR]
# by yuutama1 | 2007-01-09 12:02 | 植草一秀氏

メールの内容

コメント欄で何度も出ていましたが、
メールが『痴漢騒ぎが起こった』という表現で送られているという事。
まるで自分が見てない騒ぎのメールしたようだと思いませんか。

やっぱり、普通自分が痴漢行為を見ていて、(やめさせようと思いじっと顔を見ていたとのこと)
その人が取り押さえられたとなったら、
確かに『痴漢騒ぎが起こった』という表現は使わない確率の方が高い気がする。
『痴漢の内容を伝えることが趣旨ではなかったからじゃないでしょうか。』
という返答ではなかなか納得できないものがあります。

速記録の最後の検察官の質問に答えて、Wという人と痴漢騒ぎの事でメールをやり取りしたが、3回目のメールがあったかどうか覚えていないと答えてます。
覚えている覚えていないの問題だろうか。
私はこの証人の方のこういう部分がよくわからない。

裁判で証言するんですよ。
それも世間でかなり注目されているということは承知の上だと思います。
私だったら何度も何度も何度もその日のメールとか関連した内容のメール見直すと思います。
3回目があったかどうか覚えていないとかあるのでしょうか。
3回目のメールは削除されてて無いから覚えていないということなのかな。
検察にも何回行ったかはっきりとは覚えてないとか・・・。

人によるかもしれないけど、私だったら検察に呼ばれるとか、証人で出るとか、
そういう日常からかけ離れた事があったら記憶ははっきりしているとおもう。
人にもよるとは思いますけどね。

ところで、『晴天とら日和』さんが
 植草さんに思うこと  とのタイトルで書いていらっしゃいます。
今(4)まで出ています。

(1)
(2)・(3)
(4)

まだまだ続くようですので、是非一度訪問してみてくださいね。
[PR]
# by yuutama1 | 2007-01-08 23:40 | 植草一秀氏
植草一秀氏のコラム更新されていました。

スリーネーションズリサーチコラム
[PR]
# by yuutama1 | 2007-01-06 23:58 | 植草一秀氏
追記:mojoさんがすごくわかりやすい図と写真を新しく出してくださっています。
    ぜひ見てみてください。 →こちらです。 コメント備忘録
    すごいですよね。この図とか、細かくて。
    とても自分では出来ません。感謝感謝です。

mojoさんのブログに出ている図を見てみてください。
http://koufu.exblog.jp/4833753/
上記エントリーの5つめの写真です。

これは(証人が証言している)位置関係です。
植草氏の証言とは全く違う位置関係ですので誤解されませんよう。
a0030009_110551.jpg


この位置関係で、証人は植草氏の右肩は見えたけど左肩は
『見えていたかもしれませんけれども、余り注意はしてなかったので、記憶にはありません。』
と証言しています。
私にはとても不思議な証言に思えます。

この証人は左手の袖から先は見えたと言っているのです。(速記録より)
袖から先だけ見えているのはいいけれど、その手が誰のものか確認しなかったのだろうか。
触っているのが左手で、それは見えているんだったら、まず誰の手か確認しないのかな。
この手は誰のものかと普通思って見ると思う。
見える位置に居たんだし。
それを、左肩にはあまり注意していなかったという証言もやっぱり不思議な感じがします。

それに証人と植草氏だと言われている人物の間に斜めに立っている女性は
この事を何も見ていないのだろうか。
一番気がつく位置にいる人だと思う。

これはあくまでも証人で出てきた人の証言を元にした話だけれど、
この位置関係と証言ってなんか釈然としません。
植草さんの証言は出ていないけれど、植草さんの証言と照らし合わせれば
どちらが矛盾無い証言をしているのかがわかると思います。
[PR]
# by yuutama1 | 2007-01-05 11:19 | 植草一秀氏

追記

昨日箇条書きしたコメント欄で出ている疑問点に追加で私の思った疑問。

第二回公判で証言した目撃者ですが、
植草氏の主張が意見陳述書だけしか出ていないので、
私としては今はまだ対比させて何かいう事が出来ない。
立っていた位置とかは随分植草氏の証言とは違います。

なので、比較しなくて良い証言で少し気になるところを挙げておきたい。

(私のサイトと思われる話がでてたので、どうしても気になるのですが・・・)
自分の事がうそっぽいと書かれていると言われて応援ブログを見たのに、
『文字が多かったので、余り見てないので、内容については余り記憶はしてないんですけど。』
ってほんとですか?
写真も確かにあったのになかったとおっしゃっていますが。
自分の事が書かれてると教えてもらったなら、
それも嘘っぽいなどと書かれていると教えてもらったら
普通しっかりどういう事が書かれているのか探してみるのではないかなぁ。

だって、自分は確かに見たと思っているのに、裁判で証言しようとまでしているのに
それを嘘っぽいとか書かれていると教えてもらったら、何が嘘だ!って思いませんかね・・・。


それとこっちも少し納得できない。

○弁護人4 検察庁には何回行きましたか。
○証人 4回ぐらいだったと思います。
○弁護人4 9月13日からきょうまでに4回ですか。
○証人 正確に4回か数えてないのでわからないのですけれども、それぐらいだと思います。

検察に呼ばれて出かけていくなんて事は人生の中でそうそうないはずだし、
普通何回行ったかくらい、記憶に残らないかなぁ?
たった4回の事だし。わからなくなるような回数でもないと思うのですが・・・。
[PR]
# by yuutama1 | 2007-01-04 01:41 | 植草一秀氏
コメント欄で色々疑問点を書いてくださっているので、
折角なのでまとめさせてもらってエントリーにと思いました。

お正月の間に書いてくださってあったのが、

■目撃者から被害者までの距離は77センチ。
近いとも言えるが、混雑している電車なら誰か人がいてもよさそうな距離。

■「右肩」の謎。

○弁護人2 左肩でもいいですし。左肩は見えましたか。
○証人 左肩は余り記憶にありません。
○弁護人2 覚えてない。右の肩はどうですか。
○証人 見えました。
○弁護人2 右の肩は見えた。左肩というのはあなたから見て近い方の肩ですね。
○証人 はい、そうです。
○弁護人2 近い方の肩は見えなかったと。
○証人 見えていたかもしれませんけれども、余り注意はしてなかったので、記憶にはありません。

弁護人は念入りに尋ねているが、近い左肩ではなく、右肩が見えたと目撃者は証言。
「速記録2」で、弁護人の右左を目撃者が訂正しているぐらいなので、目撃者が言い間違えたとは考えにくいし、あとでもう一度同旨の証言をしているので間違いないだろう。
犯人の左腕については、袖口から先しか見ていない。右腕については、腕の付け根ぐらいまで見ている。
犯人は被害者に体を密着させ、覆いかぶさるようにして、右に重心を傾けて立っていた。
目撃者から被害者・犯人の間には、一人の女性以外誰もいなかった。そして距離は被害者まで77センチ(目撃者の真正面)。
なぜ左腕は先しか見えず、右肩が見えたのだろう?

■犯人について、

○証人 真っすぐ前の方を見ていましたが、視点は定まっていないような感じでした。

ここまで観察しているのに、

○証人 正直、眼鏡については、つけていたかつけていなかったかは覚えていません。

とは、どういうことか? やはり気になる。

■多くの人が指摘しているように、満員でない電車で、後ろから密着され触られ、
振り返りもせず逃げもせず(ということがまず考えにくいと思うのだが)、
2分間も耐えたあとで振り返り、犯人に詰め寄って抗議する、という行動が、
とても不思議に思われる。

■メールでは、「見た」ではなく、痴漢が「起こった」という言葉が使われているそうだが、私の経験上では考えにくい。
痴漢行為を見てしまったら、「見た」と書きたいものだと思う。「起こった」と書くときは、痴漢行為そのものは見ていないが、逮捕など騒ぎは見たという場合に、「痴漢騒ぎがあってなぁ」などと書く場合だと思う。

○弁護人4 それから、この後のこのメール、あなたが送信したメールの最後まで、あなたのいうおじさんが、女の子の体をさわったというような表現、あるいはこれにたぐいするような表現は使われていないんだけれども、これはどうしてか、説明できますか。
○証人 痴漢の内容を伝えることが趣旨ではなかったからじゃないでしょうか。


■2回公判の証人は、「警察や検察官から言われて、乗った電車も含めて“言われて”植草さんの乗っていた電車と思う」とのこと。←これって、誘導の可能性もあるような気がするけど。

あと、mojoさんがmojoコメント備忘録で写真を公開してくださっています。
年末に京急に乗って、品川駅や蒲田駅を見てきてくださったようです。
写真はやっぱりとても見るとわかりやすいし参考になるので、是非見てください。
それと証人が言っている状況を書いた図もUPしてくださっています。
u_toshihisaさんもコメント欄で書いてくださっていましたが、
それを絵でわかりやすくしてくださっています。

植草さんの証言がもっと詳しくわかってきたら、その図を出したいですよね。
(今の時点では詳しいことがわからないので、植草さんの証言はこの図とは違うのはこのブログを読んで下さる方、わかってくださいね。)

■◎疑問その2=証言者の証言(乗ったドアは、行きづらい)

2回公判の証言者は、JRの連絡口から「すいているところを選んだ」ように言っています。
ところが、実際に連絡口から歩いてみると「えきめんや」の前は、
駅の図でいうと「ウィング整理券」の券売機か、連絡橋の柱が邪魔をして、
その先は見えません。
「電車が到着して、ドアが空いている状態」を考えると、
4両目以降に乗ったという方が、自然です。その理由は、
(見えないという)上記の疑問に加え、その柱のあたりが狭くなっているので、
下車した人がその柱を迂回して「むしろ人ごみが激しくなっていて、
とてもその向こうに行く気にはならない」と思います。
(あくまで「ドアが開いている電車」に乗ろうと思ったならです)

それと、やっぱりこれはおかしいと思う。

■普通は「容疑者の指先に、被害者の下着の繊維が付着しているかどうか」を調べるものですが、今回は、「被害者の下着に、容疑者の服の繊維が付着しているかどうか」を調べたものらしいので、
変わってるなあと思います。
(指先を調べても何も出ないことがわかっていたのかな?これは邪推ですが。)
[PR]
# by yuutama1 | 2007-01-03 20:57 | 事件の不自然な点

mojoさんブログ

mojoさんがこの間、京急の電車や駅、周辺などを見てきてくださったようなのですが
ブログで京急の写真をUPしてくださっています。
速記録をこちらで出していますが、考えるときにとても参考になると思うので、
是非見てみてください。

↓mojoさんのブログ
mojoコメント備忘録
[PR]
# by yuutama1 | 2007-01-02 20:09 | 植草一秀氏

速記録6

○弁護人4 弁護人からお聞きします。
 同じくメールを示します。本日提出の甲25ないし28までの4枚、あわせて示します。これはあなたの方からWさんに送ったメールですね。
○証人 はい。
○弁護人4 この甲25の写真の本文の1行目の文面を示します。今電車の中で痴漢が起こったとお書きになっていますね。
○証人 はい。
○弁護人4 起こったというふうにお書きになっていますが、「見た」という言葉ではなくて、「起こった」という言葉を使われたのはどうしてか、説明できますか。
○証人 ……。
○弁護人4 できなければできないでいいです。
○証人 ちょっと説明できないです。
○弁護人4 それから、この後のこのメール、あなたが送信したメールの最後まで、あなたのいうおじさんが、女の子の体をさわったというような表現、あるいはこれにたぐいするような表現は使われていないんだけれども、これはどうしてか、説明できますか。
○証人 痴漢の内容を伝えることが趣旨ではなかったからじゃないでしょうか。
○弁護人4 それでは、この事件の翌日、14日のことですけれども、あなたはヤフーニュースで被告人が逮捕されて、本件については覚えていないと、そういうニュースに触れたということですね。
○証人 はい、そうです。
○弁護人4 このときに名乗り出なかったのはどうしてですか。
○証人 覚えていないという言葉に対して、私自身が強い否定は感じていなかったからです。
○弁護人4 それから翌日、またこれはやってないという報道に接して、そんなことはないと思って警察にいおうと思ったと。
○証人 はい。
○弁護人4 それで京急電鉄に電話されて、蒲田警察に事情をいわれたということですね。
○証人 はい。
○弁護人4 蒲田署に電話をかけて最初に何とおっしゃったんですか、あなたは。
○証人 正確には覚えてないですけれども、13日にあった事件の現場にいた者というふうな形で切り出したと思います。
○弁護人4 その後どういうふうにいいましたか。担当の人が出てきたんでしょう、電話に。
○証人 はい、そうです。
○弁護人4 どういうふうにいったんですか。
○証人 そのとき痴漢の現場を見ていたので、自分の持っている情報が力になればという内容で話したと思います。
○弁護人4 そうしたら、警察は何といいましたか。
○証人 ちょっとどう答えたかは覚えてないです。
○弁護人4 蒲田署には何回行きましたか。
○証人 蒲田署には1回です。
○弁護人4 蒲田署には1回だけ。話をしていた時間はどのくらいですか。
○証人 6~7時間だったと思います。
○弁護人4 調書は何通とりましたか。
○証人 1つです。
○弁護人4 検察庁には何回行きましたか。
○証人 4回ぐらいだったと思います。
○弁護人4 9月13日からきょうまでに4回ですか。
○証人 正確に4回か数えてないのでわからないのですけれども、それぐらいだと思います。
○弁護人4 調書は何通とりましたか。
○証人 調書は1つだと思います。
○弁護人4 蒲田署のことに戻りますけれども、最初あなたに応対したのはKさんという人ですか。
○証人 たしかそうだったと思います。
○弁護人4 その人と6時間か7時間話をしたのですか。
○証人 電話に出た方じゃなかった気がします。
○弁護人4 名前はわからないと。
○証人 忘れてしまいました。
○弁護人4 同じ人と6時間か7時間話したんですか。
○証人 大体そうです。
○弁護人4 ほかにも検察官が来ましたか。
○証人 1人サポートに入った方がいらっしゃいました。
○弁護人4 それであなたはどういうふうに聞かれたんですか、警察官から、まず最初。あるいは、あなたから話し始めたんですか。
○証人 どういうふうにというのは、ちょっと余り覚えていないのですけれども。
○弁護人4 終わります。
○弁護人 弁護人から1点だけ確認させてください。
 メールでWさんとやりとりをしたわけですが、9月13日の当日ですけど、1回目のメールは電車の中ですね。2回目、3回目のあなたからの送信メールはどこから送ったか覚えていますか。
○証人 電車をおりた後だと思います。
○弁護人 自宅に着くまでの間ですか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人2 弁護人から質問します。
 被害者とされている女性が、その後ろにいる男性に対して振り向いて声を出したということですけれども、その振り向いたとき、女性は男性に声をかける、声をかけるというか、何かいう以外に、例えば自分の後ろ、スカートを気にするとか、そういうような様子を何かしていましたか。様子は何かあなたは見ていますか。
○証人 そういうような動作の記憶はないです。
○弁護人2 もう振り向いて、後ろにいた男性に声を出して、何かいったということしか覚えていないですか。
○証人 はい。
○弁護人2 そのほかの動作というのは覚えてないですか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人2 被害者とされる女性の持ち物とか何か覚えていますか。
○証人 持ち物については余りよく覚えていません。
○小出検察官 検察官から若干質問します。
 弁護人の方からの質問に、あなたが当日、9月13日に乗っていた電車、これは22時8分発であるとか、何両目から乗ったかということについて、警察や検察庁で確認してわかったんですかというご質問があって、それに対して、「はい、そうです」という答えをしたかと思うのですけれども、これはそうなんですか。
○証人 それまでははっきりと、自分が何両目に乗っていたかということまでは、実際乗るときは数えていないので、そこを確認してくださいという形でいわれたので、調べました。
○小出検察官 検察庁の方で、先週でしたか、打ち合わせをしたときに、検事の方から、私からですけれども、そのとき乗った電車は何分発だったのか、どこから乗ったのか、何両目から乗ったのかということがわかるのであれば、調べてきてくださいというふうに申し上げましたよね。
○証人 はい。
○小出検察官 それでご自身でお調べになって、その結果を、きょうここの法廷で話した、そういうことになりますか。
○証人 はい、そうです。
○小出検察官 それから、先ほど弁護人からの質問で、2回目、3回目のメールはどこから打ったのかという質問があったかと思いますが、2回目、3回目というと、この9月13日のときに、2回も3回もメールを打ったんでしょうか。
○証人 友人からの返答に対して「ありがとう」と一言返しています。
○小出検察官 それは、つまり2回目のメールということになりますね。
○証人 はい。
○小出検察官 それはもう電車からおりて、自宅に帰る途中だった、そういうことですか。
○証人 はい、そうです。
○小出検察官 3回目のメールというのはあったんでしょうか。
○証人 3回目はちょっと覚えてない。打ったかどうかは覚えてないです。
○小出検察官 終わります。
〔この後、裁判所からの尋問及び各種手続〕
[PR]
# by yuutama1 | 2006-12-31 00:00 | 植草一秀氏

速記録5

○弁護人3 先ほどの支援サイトなんですけれども、被告人の顔写真というのは出ていたんじゃないですか。
○証人 なかったように思います。
○弁護人3 それから、先ほどの主任弁護人の尋問で、左手は女子高生のお尻や腰のあたりをたださわっていただけで、なで回すような動きは自分が見た範囲ではなかった、こういうご趣旨でしょうか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人3 あなたが見ていた時間というのは約2分間ですか。
○証人 はい。
○弁護人3 2分間というのは、起訴状の公訴事実による犯行時間が大体2分間ということだったのですが、その間そういう様子は見受けられなかったということですか。
○証人 自分が見ている範囲ではそういうことは見てないです。
○弁護人3 その点、捜査段階で何回か聞かれませんでしたか。
○証人 聞かれました。
○弁護人3 被害者の方が何といっているかというのはご存じですか。
○証人 それは知りません。
○弁護人3 あと、被害者が声を上げた瞬間、その状況について、あなたと被害者の間に立っていたその女性はどういう反応だったのでしょうか。
○証人 どういう反応というと……。
○弁護人3 何か意外なことが起きてびっくりしたとか、そういう状況というのは見受けられましたか。覚えていませんか。
○証人 覚えてないです。
○弁護人3 それからメールのことなんですけれども、相手方の方は高校生のころからの友人だそうですね。
○証人 はい。
○弁護人3 しばしばメールを打ち合う相手なんですか。
○証人 そこまでしょっちゅうメールはしないです。
○弁護人3 たまに打ち合うという感じですか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人3 難しい質問かもしれませんが、どの程度の頻度なんでしょうか。
○証人 会う機会ができそうだったり、そういったときにメールを打っています。
○弁護人3 答え方が難しいかもしれませんけれども、何日に1回という言い方をすると。
○証人 なかなかそういった範囲ではいうのはちょっと難しいです。
○弁護人3 今回のように続けて打つこともあれば、数カ月あいちゃうこともあるんでしょうか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人3 今回のメールを打った理由、その前にどこで発送したかというのは覚えていますか。
○証人 送信したタイミングは余り覚えてないです。
○弁護人3 メールの発送時刻を見ると、これは先ほどの甲25を見てください。22時39分という記載がありますね。
○証人 はい。
○弁護人3 これが発送時間になるわけですか。
○証人 そうですね。
○弁護人3 時刻表上は、金沢文庫に着く前ぐらいか、と。電車がおくれていなければその程度なのかなと思うのですけれども、あなたの記憶はそうではありませんでしたか。
○証人 実際に送信したときのことを覚えてないので、そうであったのであれば、ああ、そうなんだという程度です。
○弁護人3 メールを打った動機として、あなたが近くで犯行を見ておきながら注意できなくて、自分の最低の部分を隠せなかったという記載がありますね。
○証人 はい。
○弁護人3 本当にそういう動機で打ったのですか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人3 失礼かもしれませんけれども、最低の部分というのは、むしろ人に余りいいたくないことであって、あえてそれを伝えるというのは、どういうお気持ちなんですかね。
○証人 黙っておくのも、黙ってそれを自分の中に置いておくのも、つらかったというところはあります。
○弁護人3 メールの中を見ますと、女の子がみずから泣きながら訴えるまでその男を注意できなかったとあるのですが、これは事実と違うと思うのですが。
○小出検察官 先生、どこが違うということですか。
○弁護人3 最後まで注意できなかったというのが主尋問の内容ではなかったでしょうか。この文面は、むしろ泣きながら訴えるまでその男を注意できなかったとありますので、逆にいえば、泣きながら訴える女子高生のためにその男を注意したかのように読めるのですけれども、じゃ、そういうふうに聞きましょうか。そういう趣旨ではないんですか。
○証人 違いますけれども。
○弁護人3 わかりました。
 私からは以上です。
[PR]
# by yuutama1 | 2006-12-31 00:00 | 植草一秀氏

速記録4

○弁護人2 それは顔については、先ほど、要は自分が見詰めていることで、それに気づいてやめることを期待して見ていたというようなことがありましたけれども、左側面をさわっている手については、何か意図があって見ていたのですか。
○証人 確信を持てない間については、もっとエスカレートした行為に発展したらまずいなというふうには思っていました。
○弁護人2 注意して見ていたということですか。
○証人 はい。
○弁護人2 それから、被害者の後ろにいた男性というのは、少しうつろな目をしてぼーっとしていたということなんですか。
○証人 はい。
○弁護人2 どこを見ていたというのは記憶はないですか。
○証人 車両の前方を見ていました。
○弁護人2 前の方を見ていた。
○証人 はい。
○弁護人2 では、自分の前にいる女子高生を見ていたり、自分の手を見ていたりということはないんですか、あなたの見ていた範囲では。
○証人 そうですね。
○弁護人2 真っすぐ前を見ていた。
○証人 真っすぐ前の方を見ていましたが、視点は定まっていないような感じでした。
○弁護人2 それから、先ほどから右に重心がかかっているということなんですが、体全体としては前かがみであるとか、真っすぐ立っているとか、そういうのは何かありますか。
○証人 多少ちょっと覆うような感じだったと思います。
○弁護人2 覆うような感じ。
○証人 はい。
○弁護人2 被害者を覆っている。
○証人 はい。
○弁護人2 被害者の頭とその後ろにいる男性の頭というのは、どういう位置関係にあったのですか。真っすぐ並んで後ろにいるような。
○証人 そこまで頭は接近していなかったと思います。
○弁護人2 頭は接近していないと。
○証人 はい。
○弁護人2 位置関係としてはその男性と被害に遭った女性というのは真っすぐ並んでいるといったらおかしいのですけれども、男性の体の真ん前に同じ方向を向いて女性の体がある、そういうことですか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人2 頭はそこまで接近してない。というのは、ただ、あなたの話だと、体が密着していたということですよね。
○証人 はい。
○弁護人2 体が密着して頭は離れていたということですかね。
○証人 身長差があったので、そういうふうな感じでした。
○弁護人2 どちらかというと、前かがみに。
○証人 前かがみのように見えました。
○弁護人2 それから、あなたは、その被害者というのは、声を上げた女性の後ろにいた男性が、きょうここにいる被告人だというふうにいわれたのですけれども、きょうここにいる被告人と、あなたが当日見たその人とは、何か違いがありますか。
○証人 はい。
○弁護人2 どこが違いますか。
○証人 イメージとしては、当日は覇気がないようなイメージが。
○弁護人2 そういう様子という以外、要は見た目ですね、格好であるとか、髪型であるとか、そういうものは何か違いがございますか。
○証人 特に変わりはないと思います。
○弁護人2 これと同じような感じですか。これというのは、こういう被告人と同じようなという感じですか。
○証人 ネクタイはつけていました。
○弁護人2 顔についてはどうですか。
○証人 正直、眼鏡については、つけていたかつけていなかったかは覚えていません。
○弁護人2 これと違うような眼鏡をかけているとかというのはわかりますか。
○証人 眼鏡については余り記憶がありません。
○弁護人2 それから、あなた自身は、被害者の後ろにいる男性というのは注意して見ていたわけですね、顔を。
○証人 はい。
○弁護人2 それは覚えている。
○証人 はい。
○弁護人2 それから、先ほど事件の後、警察に行く前、インターネットなんかでニュースを見たりしたということですけれども、そういうときに、被告人の顔をインターネットなんかで見たことはありますか。
○証人 特にそのときの記事に写真がついてなかったように思いますが、よくわかりません。
○弁護人2 きょうまでの間にニュースやインターネットで調べて、被告人の顔というのは見たことはありますか。
○小出検察官 13日以降きょうまでということですか。
○弁護人2 9月13日からきょうまでの間。
○証人 テレビで今回の件があって、前回の記者会見のときの映像が流れるというようなものは見たことがあります。
○弁護人2 インターネットで見たことはないですか。
○証人 インターネットでは写真等は見てないと思います。
○弁護人2 ヤフーのニュースで見たということなんですけれども、ヤフーのニュースというのは、ニュースで今回の記事というのはどうやって探したのですか。
○証人 まず友人から、そういうニュースになっているというのを聞いて調べました。
○弁護人2 実際にパソコンで調べるときの手順として、どうやって調べるのですか。
○証人 自分のポータルサイトとしてヤフーを使用しているので、まずニュースを見るとしたら、ヤフーのニュースです。
○弁護人2 ヤフーのホームページ欄から検索したのですか。
○証人 検索というか、もうヤフーニュースはトップから入れるので、そこから見ます。
○弁護人2 そこにもう記事が、項目があったんですか。
○証人 はい。
○弁護人2 それを見たと。
○証人 はい。
○弁護人2 それ以外には、今回の件について、インターネットを調べたりはしてないんですか。
○証人 特に最近まではしていません。
○弁護人2 最近まではというと、最近はしたんですか。
○証人 最近は、はい、調べたことがあります。
○弁護人2 どんなことを調べたのですか。
○証人 どんなことというか、これも友人から事実そういった植草元教授を応援しているページがあるという、その中で、証人がいるらしいけれども、うそくさいというようなことが書いてあったみたいな話を聞いたので、どんなことが書かれているのだろうと思って見たということです。
○弁護人2 そういうときに写真を見たりはしませんでしたか。
○証人 写真はなかったと思います。
○弁護人2 それから、被害者が声を上げたときというのは、あなたはそのときの被害者やその後ろの男性というのを見ていましたか。
○証人 はい、見ていました。
○弁護人2 被害者が声を上げたときは、どちら向きに振り向いたか、あなたは覚えていますか。
○証人 後ろの方に、おじさんの方に振り向きました。
○弁護人2 つまりは、どちら回りか。
○証人 詳しくは記憶していませんが、右回りだったと思います。
○弁護人2 右回りというと、自分の右手の方を振り向くような感じ。
○証人 はい。
○弁護人2 振り向いたと記憶していると。
○証人 はい。
○弁護人2 それから、被害者とあなたは、その女性が声を上げる前に目が合ったということをいわれていますけれども、被害者は、あえてあなたの方に顔を向けていたということなんですか。
○証人 そういうふうに見えました。
○弁護人2 今までの話だと、大体あなたの真っ正面ぐらいに真横を向いていた。
○証人 はい。
○弁護人2 そうすると、顔を真横に向けるような形で見ていたということですか。
○証人 はい。
○弁護人2 それから、被害者が声を上げて振り向いたとき、男性はどういう様子だったか。先ほどは1~2歩下がったというようなことをいわれたのですけれども、何か気づいた様子はありましたか。
○証人 自分の印象としては、無関係を装うというような印象を受けました。
○弁護人2 そういうときは特に表情に変化はなかったんですか。
○証人 その瞬間の表情までは覚えていません。
○弁護人2 無関係を装うというのは、要はその女性に対して何か対応するという感じではなかったということですか。
○証人 はい。
○弁護人2 あなたの記憶だと1~2歩下がった後、後ろを向いたんですか、反対側のドア。
○証人 反対側のドアの方を向いたような気がします。
○弁護人2 あなたの方で先ほどいわれた、その女性に何か「わかったから」というようなことをいったというのはいつの段階ですか。
○証人 そういった行動があったこと自体は覚えていますが、それがどの時間帯的に、行動の前後としてどのあたりだったかというのは、余りよく覚えていません。
○弁護人2 あなたの印象だと、1~2歩下がったと。それで無関係を装ったように見えたと。
○証人 はい。
○弁護人2 それで後ろを向いてつり革をつかんだということなんですか。
○証人 つり革をつかんだとはいってないです。
○弁護人2 後ろを向いたと。
○証人 はい。
○弁護人2 そうすると、その女性が、先ほどいわれた「何をやっているんですか。子供の前で恥ずかしくないんですか」、あるいは「次でおりてください」というようなことに対して、「わかったから」といってなだめる様子ではなかったと。
○証人 そのあたりは詳しく記憶していません。
○弁護人2 そのなだめる様子と無関係を装うというのは、ちょっとうまく頭の中で整理できないのですが、声を上げられた後、1~2歩下がって、反対側のドアを向いたという中に、それは入ってくるんですか、その「わかったから」という行動は。
○証人 無関係を装っていて、いわれて、女子高生の方から何かいわれているうちに、無関係を装えなくなったということだったと思います。
○弁護人2 それから、「わかったから」という声は、どのくらいの大きさでいっていたのですか。あなたのところにも聞こえるぐらいですか。
○証人 「わかったから」といったような感じであって、一言一句「わかったから」だったかどうかは定かではありません。
○弁護人2 先ほど被害者とされる女性に前の方から人が近づいてきて何かいったというようなことがありましたよね。
○証人 はい。
○弁護人2 そのときは、もう何をいっているのか、全然あなたに聞こえなかったわけですか。
○証人 それはだれのことを指しているのですか。
○弁護人2 要は、最終的に被告人のネクタイをつかんだと。これは前の方から来て被害者の女性に何か話しかけた。そのときには、その人が何を話しているかというのは聞こえなかったと。
○証人 はい。
○弁護人2 女子高生の位置は、あなたの話だと、位置は変わってないんですか。
○証人 多少変わっています。
○弁護人2 どちらに?
○証人 もといた場所には近かったと思いますが、男性、おじさんの方に抗議をしたときには、おじさんの方に近づいていますので、全く同じ位置にずっと立ち続けていたというわけではありません。
○弁護人2 女子高生が振り向くときに1~2歩前に進んだというようなことはないんですか。
○証人 女子高生がですか。
○弁護人2 女子高生が。
○証人 進んでいったことはあったと思います。
○弁護人2 その場ですぐに振り向くのではなくて、前に進んでから振り向く。
○証人 振り向いてから進んだということです。
○弁護人2 私が聞きたかったのは、振り向くときに、その場で、要は全く移動せずに振り向いたのか、それとも1回後ろに男性から離れるようにしてから振り向いたのか。
○証人 そういう細かいところまでは余り覚えていません。
○弁護人 弁護人のから補充させていただきます。
 先ほど弁護人から紙を渡されて、そこに被告人とか乗客の位置を書いたと思いますけれども、その弁護人から示されて書いた位置というのは、今でも当時の記憶として、記憶と合致していますか。
○証人 大体合致していると思います。
○弁護人 警察署で書いたときも、そのように書いたということですね。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 当時ですが、被告人の所持品で何か気づいたことはありますか。
○証人 所持品については余り記憶がありません。
○弁護人 あなたが痴漢行為を確信したという理由の中で、左腰についていた手が、女性の体が動いたときについていったということがありましたね。
○証人 はい。
○弁護人 電車が揺れていたときにもついていったというふうにお話しされましたか。
○証人 はい。
○弁護人 電車が揺れたというのは、電車がどういう方向に揺れたんでしょうか。
○証人 揺れた方向までは、そこまでは詳しくはわからないんですけれども。
○弁護人 ただ電車が揺れた方向に手もついていったということですか。
○証人 電車が揺れたことによって女子高生の体が動いたので、それについていったという形だと思います。
○弁護人 電車が揺れていたことによって女子高生の体が動いたということのほかに、女子高生が自分で体を動かしたということはあったのですか。
○証人 はい、ありました。
○弁護人 女子高生はどのように体を動かしたのですか。
○証人 やや前の方に動いたように記憶しております。
○弁護人 前の方に動くというのは、そのまま並行に、前に、進行方向に進むということなのか、体を右か左に傾けるということなのか、どちらでしょうか。
○証人 1歩動くというような動きではありませんでした。
○弁護人 そうでなければ、どうだったんですか。
○証人 どちらかというと、体をひねるというふうな形だったのかもしれません。
○弁護人 どちら側にひねったかわかりますか。
○証人 細かい動きまでは覚えてないです。
○弁護人 ただあなたは、その男性、女子高生の後ろに立っていたという男性がさわっている様子は、その手が、その女性に触れているという様子をはっきり見ていたわけですね。
○証人 はい。
○弁護人 2分間ぐらい見ていたということですか。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 指先から袖口のあたりまでははっきり見えていたということですね。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 あなたは男性が傘を左手首にかけていたということについて気づきましたか。
○証人 いえ、気づいていません。
○弁護人 あと、先ほど出てきたんですが、ヤフーのニュースを確認したということですね。
○証人 はい。
○弁護人 それは事件のあった次の日。
○証人 はい、そうです。
○弁護人 全部で2回ですか、1回ですか。
○証人 次の日には1回です。
○弁護人 次の日、何時ごろか覚えていますか。
○証人 お昼ごろだと思います。
○弁護人 12時過ぎていましたか。
○証人 詳しい時間まで覚えてないです。
○弁護人 次の日のほかにも調べましたか。
○証人 次の日も1回調べました。
○弁護人 9月14日に2回調べたんですかね。
○証人 同じ日に2回調べてはいないです。
○弁護人 次の日と、あともう1回はいつ調べたのですか。
○証人 その翌日です。
○弁護人 大体の時間は覚えていますか。
○証人 それもお昼ごろだったと思います。
○弁護人 あと支援サイトというのも見たということですね。
○証人 はい。
○弁護人 これは大体何日ごろか覚えていますか。
○証人 つい最近です。
○弁護人 何日ぐらい前かはどうですか。2~3日前とか。
○証人 1週間くらい前か、それ以内だったと思います。
○弁護人 1週間くらい。被告人初公判というのが12月6日にあったのですが、その前か後かわかりますか。
○証人 詳しくは、その中を、文字が多かったので、余り見てないので、内容については余り記憶はしてないんですけど。
○弁護人 1週間ぐらい前。
○証人 はい。
[PR]
# by yuutama1 | 2006-12-31 00:00 | 植草一秀氏