「ほっ」と。キャンペーン

植草一秀氏を応援します!写真の無断転載厳禁


by yuutama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

タグ:マスコミ ( 11 ) タグの人気記事

植草氏の事件

コメント欄で記事を教えて頂きました。ありがとうございます。
コメント欄にもありましたが、ちょっと書き方に気になる部分もありますが、
そのまま紹介させていただきます。

元フォーブス支局長「植草被告陰謀説」
http://megalodon.jp/?url=http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20070202-150404.html&date=20070202140259


植草一秀氏の事は支持する人達が多く見ています。
こうして公に自殺するつもりはないと表明しておくのはとても良い事ですよね。
Benjamin Fulford氏ブログにも植草氏の事が書かれています。

前回の公判から随分経って、振り返って考えてみてもやはりまず、植草氏の事件では随分と世間への印象操作がされていると思います。

ずっと注目して今回の植草氏の事件を追ってきている方はご存知かと思いますが、
まるで植草氏の手から決定的な証拠が見つかっている。鑑定人が登場予定!と
12月最初あたりから報道されていました。
しかし、蓋を開けてみればその鑑定はこの日のエントリーに書いたようなもの。
まるでスカートの繊維そのものに『類似』したものが見つかったような表現がされていますが、それは違います。上記エントリーを一度読んでみてください。
傍聴した人ならわかるはずですが、こちらが事実です。
TVやネットの報道では一番重要な部分が省かれて伝えられています。


あれだけ決定的鑑定結果が出される!というように報道されていた下着の繊維鑑定は検察側自身が証拠としての採用も申請しないものである事がわかっています。

以前にも書きましたが、訴追する側がマスコミに耳目を集めるような情報提供をする時、
これには絶対に裏があります。証拠がないんです。
証拠がきっちりあるのなら自信たっぷりに黙っているはずなのです。
報道を過熱させ植草氏の信用を落とそうなどとする必要はありません。
この一連の植草氏の事件については、聞いた事を直に信じるのではなく、
じっくりと考えてみていただきたいと思います。

追記:周防監督の外国人記者クラブでの会見です。
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070202-00000033-sanspo-ent

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月13日夜、蒲田方面へ向かう京浜急行快速特急内で騒ぎを目撃している
女子高生の近くに乗っていた『子供連れの方』を探しています。
お願いします。
どんな小さな情報でも構いません。ご連絡だけでもいただけないでしょうか。

本当に些細な情報で構いません。少しの情報が植草さんの無実証明に繋がるかもしれません。
どうかお願いします。もしこのサイトを偶然ご覧になることがあればご連絡をいただけないでしょうか。お願いします。

[PR]
by yuutama1 | 2007-02-02 14:00 | 植草一秀氏
植草氏のコラム更新されていました。
当面の内外政治経済金融情勢ですよ。


コメント欄閲覧・書き込みをエキサイトIDを持っている人のみに制限しているので
見れない方もいらっしゃるかと思います。
昨日の投稿のコメント欄でmojoさんが
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「対立する側の主張」も、取り上げる事が、マスコミの役割だと思います。

今回の植草さんの件にしても、「当局が発表している事のみの報道」が、
私が気になる点であり、たとえば「植草さん側がどう言っているのか」とか、
当時の目撃者(当局が準備したなんて言われないような)を、
探してそのコメントを紹介するなど、可能じゃないかなあと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というコメントをして下さいました。
私も同じ意見です。

今までのような一方向のみの主張ではなく
世の中に『どういう主張で対立しているのか』を伝えることで
初めて私達は客観的に植草一秀氏の事件を考える材料を得る事ができるのではないでしょうか。

マスメディアが対立する側の主張も伝えることで、
関心のなかった人も含め一般の人は初めてそれを知ることができます。
2004年に起きた植草氏の事件にはとても不可解な点が多かった。
これをご存知の方は植草氏の事件を冤罪と確信する方も多いでしょう。
実際、裁判を毎回傍聴していた記者からはあれは無理スジの事件だという
発言も出ているようです。
しかし、その『現場』がメディアではあまり伝えられていないのが実情です。

警察がリーク情報を流す一方、それに対立する意見も、もれなく伝える事で
権力の監視機関でもあるマスメディアの役割が果たせるのではないかと思います。

私はマスコミ批判をしてしまうことが多いのですが、その内心は
心ある『ジャーナリスト』の方々が植草氏の主張も伝えて下さる事を願っているのです。


※参考までに2004年の事件に関してはHPを作っておりますので
   こちら  もご覧下さい。

※コメント投稿・閲覧はログインユーザーに限らせていただきます。
 コメント投稿・閲覧ご希望の方は  こちら  から新規登録(無料)し、
 IDを取得してください。
    ID取得だけではコメントは投稿も閲覧もできませんでした。
    ID取得後、新規ブログを立ち上げてから、アクセスしてみてください。
[PR]
by yuutama1 | 2006-11-29 11:17 | 報道の問題

いずれ報道の検証を

今回の事件はまず、逮捕されたという報道が出ました。
各社が伝えた報道は大抵残してあります。
あとで役立つと思って。
最終的に裁判で色々わかってきたら、
報道で出た事を全て事実と照合していきたいと思います。
嘘の情報が事実と思われてしまうことは問題です。
報道を事実と照合して違っていたことがわかってきたとき、
確認しない嘘の報道も問題だけれど、
どこから出された情報が嘘だったのかが一番の問題点です。


第一報では、逮捕の事と電車内での様子などがやけに詳細に報道されていましたよね。
その後一旦報道は収まって、
次に起訴され、一旦保釈が決まったにも関わらず、
検察の準抗告が認められ保釈請求却下になった時の報道に、
植草氏が一旦認める供述をしたが、後に否認に転じたと書いているところがあります。
そういうところに限って、現場の状況や、植草氏の供述と言われるものがやけに詳細。
詳細に情報を得ているというように書かれている。嘘か本当かは別で。

おそらくこれは事実ではないだろうと思う。
どういう経緯でこういう報道が流れたのか知りたい。
こういう事件で間違って逮捕された場合、やってもいない罪を認めて罰金を支払う人も実際多い。
今後の生活の事などを天秤にかけた時、そういう選択をする人を責めることは出来ないとも思う。
しかし、植草氏が今回一旦認めていたというのは普通に考えて、ないだろうなと思う。
一貫して否認しているのだと思う。
それがなぜこういう報道をする一部のメディアがあったか。
情報ソースがどこなのか。
この点も疑問を持って見て行きたいと思います。
[PR]
by yuutama1 | 2006-11-24 11:11 | 植草一秀氏
昨日は、事件が起こってから数日間の分のコメント欄を読み返していました。
(まだまだ残りたくさんあるけれど。また、今日続きを読みます。)

やっぱり、こういう時寄せられる書き込みっていうのは全てが報道に基づいているという事。
それしか情報源がないから、それは仕方がない。
でも、報道が真実だろうという前提で書き込みをしている人が大多数という事は気になります。

当時も書きましたが、あの時はっきり『事実』だったのは
植草氏が13日夜逮捕されてしまったというその事だけ。
その他の情報は植草氏の本当の供述もところどころまぶしてあるであろう
よくわからない情報ばかりだったんだなと今振り返って思いませんか?

植草氏が本当に供述したような内容と、全く嘘の供述を織り交ぜることで、
嘘のほうにも真実味を持たせることができます。
だからこそ当時、その報道を信じたとすれば
『警察が今回の事件をでっちあげるなんてありえない』
『言い逃れを通り越して電波妄想だよ。』『この供述は痛いね。』と、
いうコメントが出てきたのだろうし、そう書かれたのも納得できます。

私は今回の『でっちあげ』発言のみ確認できただけで、
他の供述といわれているものはまだどれもこれも本当に植草氏の口から出たものかどうか
信用していません。

いくつかの情報のうち、
個人的には植草氏の話したものだろうなと思う言葉でも前後の言葉のつながりがわからない以上、それだけを取り上げることは私はできません。

メディアや警察の思うままに操られていませんか?
騙されてませんか?
でっちあげって言ってますよなんて伝えた人は、これは植草氏が言ってないことぐらい
最初からわかっていると思います。
ほら騙されたって笑っていると思います。

植草氏を支援してねとか、私を信じてねと言っているのではありません。
私の書いていることも疑ってもらっていいんです。
これからも裁判になればまたマスコミで色々言われます。
でも報道された事が本当かどうかまず疑って見てほしいという事なんです。
(偉そうな書き方してしまいましたが・・・。)

嘘か本当かわからないものに追従・妄信して非難するなんてことは
人として良くないんじゃないかと思うのです。(もちろん嘘を流す方が一番悪いけど)
メディアがどんな嘘を垂れ流そうが、一人一人が流されない見かたをすれば
きっとこの事件の本質が見えてくると思うんです。


左サイドバーの藤田氏支援サイトからリンクのメールをいただきました。
植草氏とは直接関係ありませんが、メールに共感する部分がありましたので、
リンクさせていただきます。
[PR]
by yuutama1 | 2006-11-07 10:55 | 植草一秀氏
昨日の投稿で、『警察のでっちあげ』発言が嘘だった事を書きましたが、
こんな嘘を大々的に報道して良いのでしょうか。

きっとマスコミは嘘であったことがバレても謝罪すらしないでしょう。
『警察のでっちあげ』発言が嘘だったと知る事が出来なかった人たちはずっと植草氏がこんな発言をしたと思ったまま終わってしまいます。

今、メディアでは『いじめ』問題が取り沙汰されています。
『いじめは絶対にいけない!』と。
その一方で、こうした真っ赤な嘘をあたかも真実であるが如く平気で流し、悪かったと謝る事すらしない。
このような嘘を世間に流す事で、一人の人間がどれだけ苦しむかわかっているだろうか。
植草氏だけではありません。植草氏の親族までも苦しめる行為を恥ずかしげもなく大々的に展開しているのです。

『いじめはいけない』と言いながら、社会的影響力のあるメディアを使える大の大人が
率先してこのようなことをして、『いじめはいけない』の言葉に何の説得力があるだろうか。

いじめをやめるのは子供ではない。まずマスコミなのです。
手本を示さなければいけないのはマスコミなのです。
自分達は大規模な『いじめ』を展開し、子供にだけいじめはいけないよと教えても子供は絶対わからない。

植草一秀氏は完全に否認しているのです。
否認しているという真の事実を伝えるだけでは不満ですか?
なぜそこに言ってもいない『警察のでっちあげだ』という嘘の言葉を付け加えなくてはならないのでしょう?
これがもし警察から出された言葉なら、何故確認をしないのでしょう。

この件に関して中傷を含むコメントをしていた番組の司会者や識者の方々。
まさか『警察のでっちあげ』だと植草氏が言っているというのを鵜呑みにしたわけでもないでしょう。

植草氏がそんな事言ったのかなと、
これは本当の情報なのだろうかと心では思っていたはず。

でも真実はどうかより、一人のターゲットをいじめる事を選んだんですか?
日本全国に嘘を本当のように伝えてみんながいじめるように仕向ける役を自分から買って出たのですか?
そんな人間が子供のいじめに何を言っても無意味です。
[PR]
by yuutama1 | 2006-11-04 12:06 | 植草一秀氏

警察のでっちあげ

植草氏逮捕というニュースが流されたのをきっかけに、色々なマスコミ報道がありましたよね。
植草氏が供述したとして、いくつかの言葉が伝えられていました。
その中に  『警察のでっちあげだ』  という言葉も。

あたりまえですが、
植草氏こんなことは言っていないということがわかりました。
植草氏はこのような発言は一言もしていないそうです。

植草氏が、逮捕されたのは『警察のでっちあげ』と自分で言っている。
こう伝えたのは一つの局とかではなく、TBS、テレビ朝日、スポニチ、色々
出ていました。

これは警察がそう発表したのだろうか。
発表ではなくても内部の誰かがリークとして勝手に作り話をしたのだろうか。
それとも記者が勝手に書いたのだろうか。

それぞれの局や新聞社の記者が、一社が書いているからと習って書いたのかもしれないし、
意図的に警察からこういう発表が出されたのかもしれない。
今私にその辺の真相はわかりません。

でもはっきりしていることは、植草氏はこんな事は言っていないという事です。

普通に考えてください。
いきなり 『警察のでっちあげ』 こんなこと言いますか?
今回警察は呼ばれて来ただけですよ。
それをいきなり植草氏の口から『警察のでっちあげだ!』はないでしょう。
言うわけない。

私はこのブログではこれは植草氏の発言としては扱わなかったけれど、
それは絶対植草さんの言葉じゃないと思っていたから。
そう思ってた人はもちろんたくさんいたと思います。
普通こんなこと言うだろうか?と思うでしょう。

植草氏が言ってもいない事を書いて(発表して)
逮捕されてこんな事言ってるんですよ。おかしいでしょ?どうかしてるでしょ?
という印象操作です。

もちろんこんな事ほとんどの人は気づいていると思う。
ほんとにこんな事植草さんが言ったの?と思っていた人も多いと思う。
普通の感覚ならそんな事いうかなぁと思うんですよね。
でも、
呆れたような言い回しで『警察のでっちあげだと言っているらしいですよ・・・』
とのワイドショーでの紹介。
どうかしてるよね・・という雰囲気を作る番組。
あんまりこういうのを聞かされると本当なのかも・・と思う人も居るでしょう。

でも真っ赤な嘘でした。

これはワイドショーとはいえマスメディアも本当に落ちたものです。
ネット上のニュースも同じ。
こんな嘘情報出した誰かの片棒を担ぐとは。
本当に見る価値がない。

この話を『でっちあげた』のは
マスコミだか警察だかわからないけれど、自分達のやっていることの恥を知ってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が『植草氏は警察のでっちあげだなんて発言はしていない』という事を書いても
そんなの本当かどうかわからないと書く人がきっといるでしょう。
お決まりの『誰にどうやって確認したんだ』とか。
今は言いません。
でも裁判になればこの話も出てくるのではないでしょうか。
公判(法廷)では出なくても何らかの形で出るかもしれません。
そのときまで私の書いた事を覚えていてもらって、
この話が本当だったか嘘だったかその時判断して欲しいと思います。
[PR]
by yuutama1 | 2006-11-03 00:44 | 植草一秀氏
特別抗告したとの事ですが、
この最終的な判断は月曜日ぐらいには出るのでしょうか。



『やめてください』
この一言で近くに居た男性二人が植草氏を取り囲み、京急蒲田駅で下ろされ、
現行犯として逮捕された。
との報道はどこも共通しているようです。
警察発表なのだろう。

被害者女性は何故止めてくださいと言っただけなのか。
なぜまず一般的に取りうるであろう場所を変わるとかそういう回避の行動をしなかったのか若干疑問に思う。
触っていた人の手を掴んでもいいと思う。
人違いの確率も格段に下がると思うんですけど。(それでも違う人の手である場合もありますが)
そこは疑問に思うので聞いてみたい。
前にも書いたけど、女性が嘘を言っているなんて言っていませんよ。
人違いだった可能性があるのではといっているのです。

この男性2人が居た場所、植草氏と女性との位置関係、
全て詳細な事は何もわかっていません。
男性二人が触っているところを見たと言っているのか、見たとは言っていないのか。
もし見たと証言している場合でも、見える場所に居たのか居なかったのか。
これもわかっていない。
そしてその2人の証言には矛盾はないのか。
見てないのに見たと誇張して話してしまう人(場合)だってあるのだ。

傘を左手首にかけて触っていたなどという証言がされているように伝えているメディアもある。
そのように女性が言っていると警察が発表しているのだろうが、本当かどうかはわからない。
何せ単なる警察発表だから。
体を90度反転させなければ見えないはずのその状況を
なかなか声すらだせなかったとされる女性がそこまで冷静に分析できるものだろうか。
そこまで冷静ならなぜ動かぬ証拠として手を掴まないのだろう。
女性を責めてなんかいないんです。絶対。被害者なんだから。
でも自分から離れるという回避の行動をしてもよかったし、間違いないように手を掴むとかする事もしてはよかったかなとも思う。

今までの警察発表をそのまま流していると思われる報道を聞いていても、
いくつもの疑問点が浮かび上がる。
それに一分間以上も触っていたなどと言うのなら、植草氏の手の繊維鑑定はしたのだろうか。

見た、見ない。  触られた、触ったのは自分じゃない。
というような水掛け論ではなく
上記繊維鑑定のような客観的・科学的証拠が必要なのです。

被害者女性は誰かの被害に遭ったのでしょうからそれはお気の毒だと思うし、
痴漢は許される行為ではないと思う。真犯人がいるならそれは処罰されなければならないと思います。

しかし、誰がしたのかという事は間違いがあってはならないことであり、
していない人を客観的証拠無しに犯人と断定してしまうような事があれば
それはもっと罪深いと思う。
[PR]
by yuutama1 | 2006-10-14 14:06 | 植草一秀氏

週刊現代の記事

個人的な事情で3日間お休みをいただいておりましたが、
ブログ再開します。

遅くなりましたが、週刊現代の記事読みました。

冒頭部分であたかも面会に行った同級生学生時代からの友人に話を聞いたかのように
書かれていますが、これも嘘ですね。
私が知った時点では(この週刊現代が出た後)
植草氏の面会に行った(面会に応じている?)知人は今のところ2人のみ。
この2人の中に植草氏の同級生学生時代からの友人という人はいません。

まったくの捏造記事。
この記事を書いた方も騙されたのかも知れませんけれど、
嘘であることに変わりはないです。
ひどい書き方ですよ。この長谷川さん。全部嘘のくせに。

どちらを信じるも自由かもしれません。
でも、私は嘘は書いていないんですよ。

よくここまで堂々と書けるもんだと思います。

本当のように堂々と書いてあるのを見てしまうと、嘘と思わない人も
いるのでしょうね。
話題の人を真偽はかまわず叩くのはそんなに面白いですか?
そんな記事読むのが楽しいでしょうか。
私は嫌です。

※コメント投稿・閲覧はログインユーザーに限らせていただきます。
 コメント投稿・閲覧ご希望の方は  こちら  から新規登録(無料)し、
 IDを取得してください。
[PR]
by yuutama1 | 2006-09-30 15:20 | 植草一秀氏
※コメントはログインユーザーのみに設定させていただきました。
  コメント閲覧もログインユーザーのみになってしまうようです。
そのうち復活させますので。しばらくお待ちください。
  復活させました。25日12:20

●どこかの誰かが私のフリをしてぐっちーさんのブログのコメント欄に書き込んでいるようですね。
私ではありませんので。

色々報道がされているようですが、
反論できないのをいいことに勝手に書かれているものばかりですね。
売れればそれで良い。視聴率が取れれば後で嘘とわかっても別に構わない。
という事でしょう。

全部本当だと思って聞いている人など少数だと信じたいですが、
TVや雑誌などの影響力ある媒体でのああいった報道の仕方は
人権蹂躙以外の何ものでもありません。


報道に関しては
神州の泉さんが書いておられた、
警察発表は一つしかないはずなのに、それぞれによって書いてある事が違う
というのは至極もっともな指摘だと思いました。

第一報でさえこれだけいい加減なのですから、まともに受け取るのはおかしいですよね。
書く人のさじ加減一つでどうにでもなるのです。

週刊誌でも、
話題になったことを強調して書けば面白がって見る人には支持されるでしょうが、
そこに価値はありません。
真実はどうなのか自分で調査し掘り下げて書いた記事の方に価値があるのです。

マスコミは権力の監視をする機関であるはずです。
それは警察権力であったり、政治権力であったりするわけだけれど、一部の記者は
権力側が流した情報をそのまま伝えるだけということに屈辱を感じないのだろうか。
今反論できない人を叩くような事をして恥はないのだろうか。



今日も神州の泉さんが新しく植草氏の事で投稿されていたのでリンクさせていただきます。

ところで、植草氏のHPに出ていましたが、
植草氏は会社のパソコンまで差し押さえられているという事。
私は詳しい事はわかりませんが、こういう場合個人のものでもない会社のPCまで
差し押さえられるものなのでしょうかね。
ちょっと調べてみたいと思います。

追記:昨日の投稿のぐっちーさんの件についてはきちんと嘘であったことを書くことが必要だと思います。  
    前回の裁判で証言に立ったと言う事も真偽が確認できたら必ずここに書きます。
    いい年した大人があの開き直りは見苦しい。
[PR]
by yuutama1 | 2006-09-24 22:52 | 植草一秀氏

情報に流されない判断を

今、警察発表しか情報がありません。
植草氏がこう言っているという言葉も、全て警察が出したものです。
もちろん被害者がこう言っているという言葉も全て警察が出したものです。

この警察発表は私は鵜呑みにしてはいけないことは前回学んでいます。
前にも書きましたが、前回、植草氏ははっきりと否認をした後の警察発表で
認めていると付け加えられ、発表されたのです。

これは日にちを追っていけば確認できる歴然たる事実です。
折角ここに来ているのだから、前回の事件の資料にも一度目を通してみてくださいね。
http://www.geocities.jp/yuutama_1/


ですから、繰り返しになってしまいますが
警察発表しかない今、『逮捕』という事実以外には何一つわかっていないのと同じなのです。
裁判は、検察側弁護側双方が意見を述べ合うところです。
それがTV報道・スポーツ紙・週刊誌となると傍聴している記者の書くものと言えば
まるで検察側しか意見を述べなかったかのような記事です。
そして結局それを見た人がブログなどに書き、その情報だけがたれ流される。

これは酷いでしょう。
だからTV等で伝えられない植草氏の主張はどんなだったのか、自分の知る範囲内でのそれをここに書いていきたいのです。
ちゃんと前回あったような法的手続きの問題もなかったのかどうか、わかる限りで書きたいと思う。
TVの報道を見て、その後、
植草氏はどう言っているのかなとこのサイトも見ていただければ嬉しいです。

今のTVの報道でもそうです。
植草氏が拘留されていて直接人の前に立って話すことができないまま
先に犯罪を犯したと決め付ける報道が視聴者に刷り込まれていくのです。
これは絶対に間違っている。一応知識人と言われる部類のコメンテーターも
その異常さを指摘するものもおらず、残念です。


今日の直言で、佐藤優氏が、
私は、私自身の経験からも、
洪水のように押し寄せるメディアの情報の中で理性的な判断はむつかしいものであるものの、注意深く事態の推移に対応する精神の強靱さは求められると思う。

と書いています。
[PR]
by yuutama1 | 2006-09-19 21:14 | 植草一秀氏